ブロックチェーン技術の普及と技術促進を目的としたコンソーシアムを発足

「ブロックチェーン推進協会」の発起人・副理事長として参画

カレンシーポート株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役・CEO 杉井靖典)は、「ブロックチェーン推進協会(BlockChain Collaborative Consortium(略:BCCC))」(以下、コンソーシアム)の発起人・副理事長として参画したことを、2016 年 4 月 25 日に発表いたします。

本コンソーシアムは、ブロックチェーン技術(※1)の未来を確信する国内有志メンバー(企業・個人)が、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーン技術の普及啓発を行い、自らブロックチェーン技術の適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与する場の提供を行うことを目的としています。

カレンシーポートは、本コンソーシアムの趣旨と志に賛同し、積極的にブロックチェーン技術の発展へ寄与すると共に、ブロックチェーン技術活用のリーディングカンパニーを目指し尽力いたします。

ブロックチェーン推進協会について:http://bccc.global/

■設立の経緯
近年、フィンテック(※2)の分野でも注目を集めるブロックチェーン技術は、情報システムの進化に大きな貢献をもたらそうとしています。また、この技術が金融を始めとする業界の国際競争力に大きく寄与しようとしています。しかしながら、現在国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域が未だほんの一部に留まっています。

本コンソーシアムはこれら課題点を明確にし、日本国内のブロックチェーン技術に関する有志メンバーの力を結集することにより、早期に本課題を解決、日本におけるブロックチェーン技術の国際競争力を大きく引き上げるべく発足するものです。

※1:ブロックチェーン技術とは ビットコインによって発明された、P2P 方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

※2:フィンテック(FinTech)とは金融(Financial)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、金融と IT を融合させた金融システムの革新的活用を意味します。従来は、このフィンテックが担う分野は金融機関向けにサービスを提供する大手 IT ベンダーが関与するものでした。しかし、ここ数年は技術革新とともに比較的小規模のベンチャー・スタートアップ企業の参入が多くなり注目を集めています。

【参考資料】
国内初のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン推進協会」を設立

【このニュースリリースに関するお問い合わせ】
杉井、伊藤 03-4540-2888
E-mail: sales@ccyport.com

Follow me!

Author Profile

YASUNORI SUGII
代表取締役・CEO 杉井 靖典
商用インターネット黎明期より、Web・IT分野の幅広い事業に関わり、
インターネットメディア事業、デジタルコンテンツ事業、EC・流通プラットフォーム事業等の企画開発を手掛ける。
その後、EC流通支援事業の会社、デジタルコンテンツ流通事業の会社など、複数の起業経験と失敗経験の両方をもち、 当社の前身となるポンク株式会社の発起人・創業代表者、そして、今回また、再起動を図る。