ブロックチェーン技術の証券分野における活用に向けた実証実験第二弾を開始

2016年4月7日
カレンシーポート株式会社

    カレンシーポート株式会社(東京都千代田区、代表取締役・CEO:杉井靖典、以下「カレンシーポート」)と、株式会社野村総合研究所(東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾)は、株式市場におけるブロックチェーン技術の活用に関する実証実験の第二弾を開始します。

本実証実験では、証券市場への適用を目的にその有用性と課題を評価し実施期間は、2016年4月から2016年6月末を予定しています。

カレンシーポートは、2015年10月より、株式会社野村総合研究所との共同実証実験(※1) において、技術協力を行って参りました。

この実証実験では、ブロックチェーン技術(※2) を用いて、国内の株式関連情報の管理機能の強化を目的とするプロトタイプを構築し、ブロックチェーンの特徴である高い耐改ざん性と情報分散性を生かして、株式関係の情報を、改ざんが困難な形で管理できるとともに、関係者間で照合業務を不要にできることを確認しました。

今回は、先の実証実験で得られた成果を活用して、カレンシーポートが引き続き、ブロックチェーン技術の開発、実装に関する技術協力を行います。

(※1) 共同実証実験:
2015年10月5日付け、株式会社野村総合研究所のプレスリリース「金融分野でオープンイノベーションの取り組みを開始」をご参照ください。

(※2) ブロックチェーン:
「信頼できる第三者」を介在させずに参加者相互による分散型の合意形成を実現し、すべての取引の監査証跡管理を可能にする技術。ブロックチェーンで用いられている数学的暗号技術は「改ざんが非常に困難」「実在証明が可能」「一意の価値移転が可能」といった特徴を備えている。これらの特徴から、ブロックチェーンは暗号通貨にとどまらず、さまざまな資産の取引の流通基盤としての活用が期待されている。さらに、より一般的な契約の記述・保管、および契約の自動執行での利用といった可能性も注目されている。

【参照リンク】
2016年4月7日付け
ブロックチェーン技術の証券分野における活用に向けた実証実験第二弾を開始 | 株式会社野村総合研究所

2015年10月5日付け
金融分野でオープンイノベーションの取り組みを開始 | 株式会社野村総合研究所

【このニュースリリースに関するお問い合わせ】
杉井、伊藤 03-4540-2888
E-mail: sales@ccyport.com

Follow me!