・非対面型金融サービス向けのオンライン申込フォーム
・犯罪収益移転防止法の要件で求められる入力項目を網羅
・写真付きIDと本人撮影者の一致度を判定
・生体認証による仕様デバイスの特定
・反社会的勢力、政府要人(PEPs)情報のデータベースチェックの自動化
・特定サービス事業者向けの申込み審査と継続的なスクリーニング支援
・郵送による本人確認の省力化とサービスアクティベーションの自動化
・郵送物の原本性を証明可能なセキュリティ印刷技術を採用
・郵便物の郵送ステータスを管理画面から確認可能
・受領者による正規発行者の検証、発行者による申込者本人による受領を相互に可能
・本人限定郵便を使わずとも本人性の確認が可能となる手段を提供
・スマートフォンを利用した生体認証を含む5要素の組み合わせによる本人識別
・FIDO対応のOpenIDプロバイダーとして機能
・OAuth2.0対応の認証/認可プラットフォーム⇒OpenID認証・認可 FIDO OAuth2.0

2件目以降の特定事業者(金融サービス)への登録時は、利用者本人の第三者提供同意により、
簡単に登録を完了できます。