日本円に対して為替が安定した仮想通貨を志向したデジタルトークン「Zen」の社会実験を開始

インフォテリア、カレンシーポート、テックビューロが運用を担当し100 社を超える BCCC 会員企業間で実ビジネスにおける利用・ 流通を社会実験

 一般社団法人ブロックチェーン推進協会(代表理事:平野洋一郎、インフォテリア(株) 代表取締役社長、以下 BCCC)は、日本円との為替が安定して運用されることで将来的に実ビジネスでの使用に耐えうる仮想通貨とすることを企図した、ブロックチェーンにより実装されたデジタルトークン「Zen」の社会実験を2017年5月15日(予定)から開始します。また、本社会実験に関する事前説明会を4月14日に開催し、参加する企業(BCCC加盟企業に限定)の第1次募集を4月17 日より受付を開始することを発表します。

背景

これまで、世界中で様々な仮想通貨が作られ流通してきました。しかしながら、最大の流通量を誇るビットコインですら、各国の法定通貨(米ドルや日本円など)に対する為替の変動が激しく、多くの企業において、実ビジネスの決済に使用するにはリスクが高く、企業活動における仮想通貨の普及を妨げる要因となっていました。
Zenは、対日本円為替レートが安定的に推移する仮想通貨を作り出すことができるかどうかにつき社会実験する日本初のプロジェクトです。

「Zen」の概要

「Yen」の一歩先を行く仮想通貨として名付けられた「Zen」(シンボル:JPYZ)は、従来の仮想通貨のようにインターネット上で取引を行うことができ、かつ、日本円と高い為替連動性を保持するものとして利用することができる仮想通貨となることを企図したデジタルトークンです。第1フェーズ(後述)において、「Zen」はプライベートブロックチェーン上のトークンとして、本社会実験に参加する特定のBCCC会員企業向けに実装されます

社会実験のスケジュール

  • 第1フェーズ
第1フェーズは2017 年4 月から9 月の半年間と設定し、この期間はZen を取り扱うことのできる企業はBCCC 会員企業のみ(2017 年4 月10 日現在138 社)に限定します。すなわち、第1フェーズにおいては、Zen の発行を受け、これを使うことができる企業は、BCCC の会員企業のみであり、BCCC の会員企業が提供する製品やサービス以外にZen を利用することはできません。また、クローズドな環境におけるZen の流通を促進するために、参加企業間の決済はできるだけZen を用います。例えば、「ブロックチェーン大学校」の授業料は、Zen のみで支払うことができることとします。
  • 第2フェーズ
第2フェーズでは、第1フェーズでの実験結果を踏まえて必要な改善を行い、より幅広い用途・領域、対象企業もBCCC 会員以外にも広げた社会実験を展開する構想です。
※ Zen は、パブリックブロックチェーンを含む複数種類のブロックチェーンおよび、分散型台帳のネットワークに適合するトークンとして発行されることを企図していますが、第1 フェーズでは、プライベートネットワーク上で稼働するブロックチェーンおよび分散型台帳に限定することで、流通範囲を制限いたします。

「Zen」の技術的概要図

  • 詳しくは、BCCCの公式プレスリリースをご参照ください。
日本円に対して為替が安定した仮想通貨を志向したデジタルトークン「Zen」の社会実験を開始」ブロックチェーン推進協会 プレスリリース
  • 関連リンク
Zen取扱仮想通貨取引所 – Money365

Follow me!