イラストレーターになるには何をすべき?おすすめツールや仕事の幅を紹介!

イラストレーターになるには何をすべき?おすすめツールや仕事の幅を紹介!

ホームページやチラシなど、あらゆる媒体で目にするイラストを描く職業「イラストレーター」について、どのように目指すべきか、仕事の取り方などを紹介します。イラストレーターに興味がある方は、参考にしてください。

目次

イラストレーターになるには何をすべき?

イラストレーターは文字通りイラストを描くのが仕事ですが、ただ自分の好きなように絵を描くだけで成り立つ職業ではありません。絵を見た人を楽しませるのはもちろん、商品のイメージなどを明確に伝えるための絵を描く必要があります。そんなイラストレーターになるにはスキルアップや仕事の取り方など、学ぶべきことが多々ありますが、まずは基本となる「イラストを描く」という作業がこれまで未経験の人、経験したことある人それぞれのすべきことを紹介します。

イラスト未経験者が目指す場合

未経験からイラストレーターを目指すことも、実際は可能です。未経験からイラストレーターとして働く場合、いきなり独立して活動するよりも企業に就職して実績を積むことが重要なため、まずは履歴書と職務経歴書の作成など就職活動に基本的な部分を進めましょう。これらに加えて、イラストレーターのようなクリエイティブな仕事の場合はポートフォリオがあるとより効果的です。ポートフォリオは自身がこれまでに携わってきた作品をまとめた、いわば作品集のようなものを指します。ポートフォリオがあれば、企業側もその人の実績や技術力が把握できます。イラスト未経験者がいきなりクオリティの高いポートフォリオを作ることは難しいため、まずはこのポートフォリオを充実させるためにスキルアップを図りましょう。イラストの描き方を覚えてひたすら手を動かしてみる、慣れてくれば特徴的な表現技法などを身につけつつ自分なりのスタイルを確立させてみるなど、未経験でもスキルを磨くためにできることは多々あります。スキルアップを第一に、イラストレーターの仕事内容などを調べつつ就職にも備えておきましょう。

イラスト経験者が目指す場合

趣味でも仕事でも、何らかの形でイラストを描いてきた経験がある方は、ポートフォリオの作成を進めていきましょう。趣味で描いたイラスト、仕事で携わったイラストなどを公開できる範囲でポートフォリオにまとめます。また、プロのイラストレーターとして活動していくためにツールの学習を進めるなど、イラスト未経験者よりもさらに上のステップとして実践的なスキルアップに努めましょう。

イラストレーターを目指すのは独学かスクールどちらがよい?

イラストレーターを目指すためには、イラストスキルを学ぶことが必要不可欠です。スキルアップのための学習は、主に独学か専門学校で進めることになりますが、この2つの方法はどちらがよいのでしょうか。それぞれの方法のメリットとデメリットを説明するため、自身の状況にも応じて柔軟に選択してください。

独学のメリット・デメリット

イラストレーターになるための学習を独学で進めるメリットは、まず低コストで始められる点です。スクールへの入校にはまとまった費用がかかりますが、独学で始める場合は作業に必要な機材を揃えるだけで事足ります。低コストといっても、パソコンや液タブを購入するとなるとある程度の費用はかかるため、スクール分を浮かせて学習ができるのは金銭的にも助かる部分です。また、自身のペースで学習を進められるのも独学だからこそのメリットです。社会人がイラストレーターを目指す場合などは、仕事と並行してスクールに通うのが困難なケースも多いです。そのため、マイペースにスキルアップを進められる独学であれば、忙しい日々に合わせて柔軟に学習に取り組めます。一方のデメリットは、何から始めるべきか学習の指針を立てづらい点です。これはイラスト経験が薄い人ほど感じるものですが、イラストの描き方はもちろんツールの使い方など、イラストレーターは覚えるべきことがたくさんあります。これらをどの順序で覚えていくのが効率的なのか、今進めているやり方で合っているのかが独学では判断しづらいのが難点です。そして、自身の作品に対する意見やアドバイスをもらえる機会が少ないのも独学のデメリットといえるでしょう。イラストなどのクリエイティブな作品は、自己評価だけでなく他者からの評価も重要です。自己評価のみでは自身の強みや改善点を明確に見つけ出せず、成長するのに時間がかかる場合もあります。

スクールのメリット・デメリット

イラストレーターになりたい人は、専門のスクールに通ってスキルアップを図るのも効果的な方法です。スクールのメリットとして一番大きいのは、自身の努力次第で成長できる環境が一式整っていることです。イラストを描くための充実した機材はもちろん、プロのイラストレーターが講師となって作品をレビューしてくれるなど、成長するために必要な要素がスクールには詰まっています。また、スクールで共に学ぶ仲間に出会えると、学習に対するモチベーションもより高められるでしょう。お互いの作品について意見やアドバイスを述べるなど、独学よりも遥かにアウトプットの機会は多くなります。一方のデメリットは、スクール代としてまとまった費用がかかる点です。受講料はもちろん、現実に通うタイプのスクールが遠方にある場合は交通費も高く付くため、ある程度の予算と十分なやる気がなければ通うことは大変です。そして、スクールの雰囲気が自身に合わないといった問題も出てくるかもしれません。周りの生徒たちや講師との相性が悪ければ学習にも支障が出るため、独学の方がよかったと後悔する結果になる場合もあります。無料体験期間などを設けているスクールであれば、まずは体験に申し込んでから無料で通ってみることをおすすめします。

イラストレーターはどこで仕事をとってくる?

イラストレーターを目指す場合、一体どのような形で仕事をとってくるのかも理解しておかなければなりません。せっかくスキルを磨いても、仕事をとれなければ努力も無駄になってしまいます。イラストレーターが仕事をとってくる代表的な方法を以下に紹介します。

イラストレーターとして就職する

まずは、イラストレーターとして企業に就職して仕事をする方法です。イラストレーターを目指す人の多くはデザイン系の企業への就職を目標とする方が多いです。企業にイラストレータとして雇われれば、イラスト制作の仕事に絶えず取り組めるようになるでしょう。イラスト制作の他にも、デザインのための打ち合わせなど、会社のビジネスに貢献する形であらゆる業務も経験できるのが特徴です。

副業として仕事を受注する

本業が別にあり、副業でイラストレータとなって仕事を受注する方法です。副業として仕事をとる場合、主に使われるのがクラウドソーシングです。クラウドワークスやランサーズなどのサービスを活用して、イラスト制作などを単発・継続で募集している案件に応募します。実際に案件を獲得するためにはスキルの証明や充実したポートフォリオも必要となってくるため大変ですが、本業とは別の収入源として気軽に始めたい人にもおすすめの方法です。

フリーランスとして活動する

フリーランスのイラストレーターとなって、個人や企業からイラスト制作の仕事をとってくる方法もあります。案件の獲得はもちろん、スケジュール管理などもすべて自分でこなさなければならない大変さはありますが、自分のスキルを活かした仕事のみを選んで行うことが可能なため、イラスト制作のみに集中したい人にはおすすめの働き方です。また、在宅型のフリーランスであればスケジュールが管理次第である程度自由に働くこともできるため、ワークライフバランスを充実させることもできます。

イラストレーターが扱えるべきツール

イラストレーターはさまざまなツールを駆使して作品を制作しますが、中でも以下のツールは現役のイラストレーターも数多く重宝しているツールです。実際の現場でも使われているツールのため、イラストレーターを目指す人はスキルアップの段階でこれらツールの使い方を覚えておくことをおすすめします。

Photoshop

Adobe社が提供するツールとしても代表的なPhotoshopは、画像素材の合成や加工といった編集が可能で、アニメーション・グラフィックデザインなどにも利用できます。ツール上でイラストを制作することもできるため、高品質なイラスト制作では欠かせないツールとなっています。後述するIllustratorと同様、Adobeのソフトはデザイン業界でも多くの企業に重宝されており、身につけておけば就職にも有利になるでしょう。

Illustrator

こちらもAdobe社の代表的なソフトとして重宝されるデザインツールです。イラストを描くのに十分な機能が備わっており、チラシやバナーなどの制作にも適しています。Webデザインや名刺作成にも向いているツールで、Photoshopと比べて画像の編集などは不向きとされていますが、Photoshopと合わせて使い方を覚えられるとイラストや画像まわりの仕事を数多く受けられるようになるでしょう。

CLIP STUDIO

CLIP STUDIOは、イラスト制作に幅広く活用できるツールです。PCだけでなくスマホ・タブレット用もあり、専用ソフトならではの快適な描き心地を実現しています。PhotoshopやIllustratorと比べてもより高品質なイラストを描けるため、プロのイラストレーターとして活動する人の多くが重宝するツールです。CLIP STUDIOで制作したイラストをPhotoshop等で編集するなど、複数のツールを組み合わせてより効率的なイラスト制作も可能なため、色々と使いこなせる人材を目指しましょう。

イラストレーターにおすすめの資格

イラストレーターを目指す場合におすすめの資格を紹介します。いずれも取得しておくことで就職や案件獲得で有利になるのはもちろん、学習の過程でイラストやデザインに関する必須知識も習得できるため、学んでおいて損はありません。自身のスキルアップのためにも、積極的に以下の資格に関する学習を進めてみましょう。

色彩検定

配色の基礎や技法など、色に関するスキルを図る検定試験です。初めて色を学ぶ方向けの3級からプロ向けの1級、公共・福祉分野に関わる方向けのUC級など範囲も広く、グラフィックやファッションなど、あらゆる分野で活躍できる証明となる資格です。イラストも掲載する媒体やジャンルによって、最適な配色で描き上げてこそ見る人の心を惹きつけられます。色彩検定を取得する過程で得た知識を使って、よりよいイラストを仕上げられるようになるでしょう。

CGクリエイター検定

アニメーションやゲーム・映画のCG映像制作に関して必要な知識を問われる検定試験です。CGとイラストは関係ないようにも思われますが、表現技術を学べる点ではどちらも共通しており、CG・3Dのイラスト制作に携わる人にとっては非常に大切な資格ともいえます。

アドビ認定プロフェッショナル

Adobe社提供のツールであるPhotoshopやIllustratorのスキルを証明する資格です。実際にツールを活用しての試験が行われて、操作スキルや基礎的な知識を問われます。取得していればツールを問題なく利用できる証明になるため、イラストレーターとして就職したい場合、Adobe製品を企業が利用していると働く際に優位となれるでしょう。

あらゆるスキルを身につけて一人前のイラストレーターを目指そう

イラストレーターは、サービスの宣伝やユーザーの興味関心を引きよせるなど、イラストを通してさまざまなビジネスに携わる仕事です。イラストを描いた経験がある方もない方も、イラストレーターになるために必要な知識を独学orスクールで身につけて、一人前のイラストレーターを目指してください。イラストレーターの仕事の取り方も複数あるため、就職して働くのはもちろん、副業やフリーランスなどの働き方にも挑戦してみるとよいでしょう。

目次