DOGE(ドージ)コインとは?意味・特徴を解説

DOGE(ドージ)コインとは?意味・特徴を解説

DOGE(ドージ)コインは、2013年にジャック・ドーシー氏、ビリー・マーカス氏、イーロン・マスク氏らが開発した、ビットコインに似た暗号通貨です。

ドージコイン(DOGE)

DOGEコインは、当時、インターネット上で流行していたミーム「Doge」をモチーフに作られました。Dogeは、柴犬の画像に「Doge」という文字を組み合わせた画像で、インターネット上で広く使われていました。

目次

DOGEコインの特徴

DOGEコインの特徴は、以下のとおりです。

発行量が多い

DOGEコインの発行量は、1,000億枚と、ビットコイン(2100万枚)と比べて非常に多くなっています。発行量が多いため、価格が安定しにくいという特徴があります。

採掘が容易

DOGEコインの採掘は、ビットコインと比べて容易です。そのため、個人でも採掘を行うことができ、多くのユーザーが採掘に参加しています。

コミュニティの活発さ

DOGEコインは、インターネット上で多くのユーザーによって支えられています。コミュニティイベントや寄付活動などが行われており、コミュニティの活発さが特徴です。

DOGEコインの将来性

DOGEコインの将来性は、不透明です。DOGEコインは、価格が安定しにくいという特徴があり、投資対象としてはリスクが高いと言えます。しかし、コミュニティの活発さや、インターネット上での広がりから、今後も注目される暗号通貨の一つと言えるでしょう。

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
DOGE(ドージ)コインとは?意味・特徴を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次