エルフの森は稼げるのか?ゲームの攻略法と稼ぎ方について解説!

エルフの森とは?ゲームの楽しみ方と稼ぎ方について
出典:THE LAND エルフの森

エルフの森は、2024年2月にリリースしたブロックチェーンゲームです。ゲームをプレイすることで収益を挙げることも可能なゲームで、さまざまな方法で稼ぐことができます。その基本的な内容や稼ぎ方について取り上げていきます。

目次

エルフの森とはどんなゲーム?

「THE LAND(エルフの森)」は、ブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)の一種です。架空のゲーム世界を舞台に、プレイヤーがさまざまな活動を行いながら収益を挙げていくことができるのが大きな特徴です。

そこで、このゲームの稼ぎ方を知るためには、どんなゲームなのか、どんなプレイを通して稼ぐことができるのかを知っておく必要があるわけです。あくまでゲームですから、ゲームを楽しみながら収益を挙げていくことが大前提です。そうなると、どうやってゲームを楽しむのか、自分なりの楽しみ方を知ることも重要になってきます。

このゲームの特徴は、「森」という言葉がついているように、自然を舞台にしている点であり、メタバース内の世界で農作物を作成することができます。この部分と都市の開拓を通して、プレイヤーはさまざまなプレイを行っていく中で、収益を挙げていく形をとっています。

マルチプレイとは?

「エルフの森」のゲームとしての特色として、まず挙げられるのがマルチプレイの要素です。ゲーム内においてさまざまなイベントが不定期に開催され、他のプレイヤーとの交流の機会を持つことができます。普通のネットゲームのように、他のプレイヤーといっしょに楽しみつつ、その交流の過程でアイテムの売買や交換をすることで、収益を挙げていくことができます。いわば、マルチプレイを通して「人付き合い」をうまく行っていくことが、このゲームの稼ぎ方の重要なポイントともなっているのです。

ブロックチェーンゲームならではの特徴

ブロックチェーンゲームならではの特徴として、ゲーム内の世界をどんどん拡大しながらプレイしていくことができる点が挙げられます。これはメタバース型のプロックチェーンゲームの大きな特徴であり、ゲームの開発元があらかじめ用意した空間の範囲内でプレイするだけでなく、プレイヤー自身が土地の開発などを通して世界を拡大し、発展させていくことができるのです。

ゲーム内では「エルフトークン」「エルフゴールド」「エルフシルバー」という3種類の通貨が使用されており、これらを自分で購入したり、稼いだりすることによって、さまざまな経済活動を行うことになります。安全性が高いブロックチェーンの長所を活用しつつ、ゲームならではの楽しみを味わいながら、収益を目指していくことができます。

エルフの森ではどうやって稼ぐ?

では、実際にエルフの森でどうやったら収益を挙げることができるのでしょうか。稼ぎ方はいろいろとあり、プレイヤーがひとりひとり、自分に合った方法を選んで収益を目指していくことができるのも、このゲームの大きな魅力となっています。もちろん、ひとつの方法に絞るのではなく、複数の方法を併用しても問題ありません。

ゲーム内の作物を入手して売買する

エルフの森の稼ぎ方の基本となるのがゲーム内の作物、とくに「星の作物」と呼ばれる作物を入手したうえで、エルフトークンと交換する方法です。事実上の売買で収益を得ていくわけです。

このゲーム内の作物には「金の作物」「銀の作物」「銅の作物」といったランクがあり、それぞれ交換レートが異なります。例えば「金の作物」の場合、8000エルフトークンと交換することができますが、2024年3月現在のレートで12.5円程度です。つまり、10万円程度の価値を持っていることになります。「銀の作物」でも800エルフトークン、つまり1万円くらいの価値がありますから、うまく作物を入手できれば、どんどん収益を挙げていくことができることになります。

ただし、この星の作物は1週間に入手できる量が決まっており、プレイヤーの間で争奪戦が繰り広げられる面も持っています。できるだけ効率よく入手していくことができるかが非常に重要なポイントとなってくるわけです。

そして、星の作物を入手できるかどうかにはさまざまな要素が絡んでいます。入手には「星の粉」と「星の種」が必要なのですが、加えてステーキングの実施など、ゲームに積極的に参加しているかどうかでも確率が変化してきます。つまり、たまにしかプレイしていない人よりも、頻繁にプレイしている人のほうが入手しやすいことになります。これもゲームらしい特色と言えるでしょう。

アイテムを売買して稼ぐ

もうひとつ、エルフの森の稼ぎ方の重要な柱となるのが、ゲーム内でゲットできるアイテムを売買する形でエルフトークンを得る方法です。ゲーム内にはさまざまなアイテムがあり、その中には非常に価値の高いものもあります。それをうまく入手し、エルフトークンに交換することができれば、大きな利益を挙げることもできるのです。

このアイテムに関しては、他にも重要なポイントがあります。エルフの森では、クリエイティブ機能として、自分の衣装などをデザインすることができるのです。また、作物を売買する際に使用する「箱」をデザインすることも可能で、この箱の売買もできます。ですから、魅力的なデザインの箱を作成することができれば売上もアップし、単に作物を売るだけに比べて格段に稼ぎやすくなります。

こうした自分で魅力的なアイテムを作成して販売する稼ぎ方はさまざまなブロックチェーンゲームで見られ、このエルフの森でも重要なポイントとなっています。センスが問われる部分ではありますが、多くのプレイヤーたちから魅力的だと思ってもらえるようなアイテムを作ることができれば、一気に大きな収益を挙げるチャンスが得られるわけです。

その他の稼ぎ方について

他にも、いくつかの稼ぎ方があります。簡単にできる方法としては、同盟ランキングへの参加が挙げられます。ゲームで同盟に加盟したうえで、毎週実施されている「同盟ランキング」において上位入賞を果たすことができれば、エルフトークンを報酬として受け取ることができます。

ゲーム内には「同盟の倉庫」があり、ここに対象となっている加工品を預けることで、ポイントをゲットすることができます。このポイント数をもとに毎週ランキングを行っており、上位にランクインすることで、収益を受け取ることができるのです。

この加工品はプレイヤーが作成でき、毎回実施されるランキングによって、対象となるものが異なります。例えば、ホタテシチューやバニラアイス、すき焼き、醤油などが過去のランキングで対象物となっており、同盟同士でこれらの加工品を倉庫に納品することで、ポイントを競い合うわけです。プレイヤーひとりではなく、他のプレイヤーと一緒に稼ぐ方法として重要です。

エルフの森で稼ぐためのポイント

エルフの森で実際にうまく稼ぐためにはどうすればいいのでしようか?いくつかのポイントがあります。

作物の原材料をうまく集める

先述したように、作物の交換はエルフの森の稼ぎ方の基本となります。この作物を入手するためには、自分で栽培する方法もありますが、そのためには「星の粉」や「星の種」といった原材料が必要になります。ですから、こうした作物の原材料をいかに効率よくゲットできるかも非常に重要なポイントとなってくるのです。

簡単に入手できる方法として、広告の視聴があります。ゲーム画面の上部にあるお店のアイコンをタップすることで、広告を視聴することができます。これを視聴することで、星の種を1つ、星の粉が3つ入手できます。あまりおもしろい方法とは言えませんが、ひたすら広告を見続けることで、どんどん作物の原材料をゲットすることもできるわけです。

「それじゃゲームをプレイしているとは言えない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。「星の種」は作物を収穫する際に、ときどき「おまけ」としてゲットできることがあります。あまり確率は高くありませんが、どんどん作物の収穫を繰り返していくことで、増やしていくことができます。

星の粉に関しては、ゲームをプレイしている途中で見つけることができる宝箱から入手できる他、ゲームにログインしたときのボーナスとして、さらには各種キャンペーンでも入手することが可能です。

星の粉に関しては、とにかくひたすらゲーム内で宝箱を探すのが一番効率的な方法とも言われています。この点からも、ゲームそのものを楽しむことができるかが重要なポイントとなってくるでしょう。

作物の交換による収益に関しては、マスターNFTの存在も重要です。作物や加工品の生産を自動で行ってくれるもので、このマスターNFTを活用することで、プレイヤーがプレイしなくてもどんどん作物を収穫し、収益を挙げていくこともできます。ただし、このマスターは無制限に利用できるわけではないので要注意です。

アイテムの売買方法を工夫する

ゲーム内のアイテムの売買に関しては、2つの方法があります。ひとつは、アイテムをNFT化したうえで、PLT Place(エルフの森の開発元であるHashPaletteが運営するNFTマーケットプレイス)で売買する方法です。この方法だと、売買によってエルフトークンを入手することが可能です。

もうひとつの方法は、ゲーム内のマーケットプレイスで直接売買する方法です。こちらは、売買によってエルフゴールドを入手することができます。つまり、ゲームの内部と外側両方で取引をする選択肢があるわけです。

ゲームを通して収益を挙げたい場合には、NFTマーケットプレイスを利用してエルフトークンを入手する方が近道でしょう。一方、アイテムを売却した資金でさらにゲーム内で新たなアイテムを入手するなど、プレイの幅を広げたい場合にはゲーム内のマーケットプレイスのほうが使いやすい面があります。ゲーム内のマーケットプレイスでは、自分のアイテムを売るだけでなく、加工品やゲームのプレイに役立つアイテムを購入することもできますから、収益性ばかりを考えてエルフトークンの獲得を目指すのではなく、マーケットプレイスをうまく活用することも、効率よく稼いでいくうえでの重要なポイントとなりそうです。

ゲームを楽しみながら報酬を得ていく

やはり重要なのは、「いかにゲームを楽しめるか」です。ゲームをプレイすればすぐに稼げるわけではありません。それなりの時間と労力が必要ですから、ゲームを楽しめなければ途中で挫折してしまい、「コスパ/タイパが悪い」と判断してしまいかねません。

エルフの森ではさまざまやイベントやクエストが用意されています。例えば、ゲーム内の領主から依頼される仕事(クエスト)をクリアすることで、報酬を受取ることも可能です。この「領主のお仕事」には、毎日実施・更新される「デイリーチャレンジ」の他、毎週実施・更新される「ウィークリーチャレンジ」、プレイヤーのゲームの進行状況に応じて用意される「累計チャレンジ」の3種類が用意されています。楽しめる内容かどうかを見極めながらチャレンジするもよし、報酬の高さを基準に選んでチャレンジするもよし、ゲームならではの楽しみを味わいながら収益を目指してみましょう。

キャンペーンでは、「スタージャンボ」がまず挙げられます。デイリーミッションとして1日1回、星の種を植えることで挑戦する権利が得られる宝くじのようなもので、毎週1名、10万エルフトークンが当たります。まさに一攫千金、簡単に参加できるので、日頃からチェックして参加してみるとよいかもしれません。

さまざまな稼ぎ方が用意されている「THE LAND(エルフの森)」は、作物やアイテムの売買といったビジネスとしての面と、クエストのクリアによる報酬といったゲームを楽しめる面があります。バランスをうまくとりながら、エルフトークンを獲得する環境を得ることができるか、それがこのゲームの評価を決める最大のポイントとなるのではないでしょうか。エルフトークンを扱っている暗号資産取引所が少ないなどの不安点もありますが、これからの発展に期待したブロックチェーンゲームのひとつなのは間違いないでしょう。

目次