イーサリアムクラシックの特徴や将来性とは?今後の予想や購入できる取引所を徹底解説

イーサリアムクラシックの特徴や将来性とは?今後の予想や購入できる取引所を徹底解説

本記事へアクセスしたあなたは、

  • イーサリアムクラシックの特徴を知りたい
  • イーサリアムクラシックの将来性を知りたい
  • イーサリアムクラシックを購入できる取引所を知りたい

上記のように考えているのではないでしょうか。

本記事では、イーサリアムクラシックの特徴や将来性、購入できる取引所について解説していきます。

目次

イーサリアムクラシックの特徴

イーサリアムクラシック(ETC)とは、イーサリアムから分裂した仮想通貨の一種です。イーサリアムと同様に、スマートコントラクト機能を備えています。

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴は、以下のとおりです。

イーサリアムから分裂した仮想通貨

ETC(イーサリアムクラシック)は、2016年に発生した「The DAO事件」を巡り、イーサリアムから分裂して誕生しました。The DAO事件とは、イーサリアムのスマートコントラクトを用いて運営されていた投資ファンド「The DAO」がハッキングされ、約50億円相当の資金が盗まれた事件です。

この事件を受けて、イーサリアムコミュニティは、The DAOの資金を盗んだ者を罰するために、ブロックチェーンをロールバック(過去のデータに書き戻す)するかどうかを巡って意見が対立しました。最終的に、ブロックチェーンをロールバックしない方針が採択され、The DAOの資金を盗んだ者を罰することはできませんでした。

しかし、ブロックチェーンをロールバックしない方針に反対した一部の開発者やユーザーは、イーサリアムから分裂してETCを立ち上げました。

発行上限が定められている

ETC(イーサリアムクラシック)は、発行上限が2億100万枚に定められています。これにより、インフレリスクが抑えられています。

スマートコントラクト機能を備えている

ETC(イーサリアムクラシック)は、イーサリアムと同様に、スマートコントラクト機能を備えています。スマートコントラクトとは、契約の条件をプログラムに組み込み、契約を自動的に実行する仕組みです。

ETCのスマートコントラクト機能は、分散型アプリケーション(DApps)の開発に利用されています。

イーサリアムクラシックの将来性

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性については、以下の点が期待されています。

IoT(Internet of Things)への対応

ETCは、IoT(Internet of Things)への対応が進んでいます。IoTとは、モノのインターネットのことで、あらゆるモノがインターネットに接続される技術です。

ETCのスマートコントラクト機能は、IoTの分野で活用できると考えられています。

イーサリアムとの差別化

ETC(イーサリアムクラシック)は、イーサリアムといくつかの点で差別化を図っています。

例えば、ETCは発行上限が定められているため、インフレリスクが抑えられています。また、ETCはイーサリアムよりもマイニング難易度が高いため、ハッシュレートが安定しています。

これらの差別化要素が、ETCの将来性を高める可能性があると考えられています。

イーサリアムクラシック今後の予想

ETC(イーサリアムクラシック)の今後の予想については、以下の2つの意見があります。

IoTの普及に伴い、価格が上昇する可能性がある

ETC(イーサリアムクラシック)は、IoTへの対応が進んでおり、IoTの普及に伴い、価格が上昇する可能性があると考えられています。

イーサリアムのPoS移行に伴い、価格が下落する可能性がある

イーサリアムは、現在PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式でブロックチェーンを生成していますが、将来的にはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)方式に移行する予定です。PoS方式では、マイニングではなく、ステーキングによってブロックチェーンに貢献することになります。

ETCはPoW方式を採用しているため、イーサリアムのPoS移行に伴い、ETCの価値が下落する可能性があると考えられています。

イーサリアムクラシックを買える取引所

イーサリアムクラシック(ETC)を購入できる国内取引所は、以下のとおりです。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

これらの取引所では、日本円でETCを購入することができます。

Coincheck(コインチェック)

取り扱い通貨

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、LINK、MATIC、MKR、MONA、SAND、SHIB、XLM、LSK、XEM、QTUM、IOST、PLT、DOT、FNCT、DAI、IMX、WBTC(29種類)

クリックすると公式サイトへジャンプします

DMM Bitcoin(ディーエムエム)

取り扱い通貨

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、NIDT、ALGO、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、FCR、FLR、HBAR、LINK、MATIC、MKR、MONA、OAS、OMG、SAND、SHIB、TRX、XLM、ZPG、XEM、QTUM、IOST、DOT、XTZ、ATOM、XYM、ADA、DOGE、SOL、(38種類)

クリックすると公式サイトへジャンプします

GMOコイン(ジーエムオー)

クリックすると公式サイトに飛びます

まとめ:イーサリアムクラシックの将来性

ETC(イーサリアムクラシック)は、イーサリアムから分裂した仮想通貨ですが、スマートコントラクト機能やIoTへの対応など、独自の特徴を備えています。

今後は、IoTの普及やイーサリアムのPoS移行など、さまざまな要因がETCの価格に影響を与えると考えられます。

ETCの購入を検討している方は、これらの要因を踏まえて、慎重に判断するようにしましょう。

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
イーサリアムクラシックの特徴や将来性とは?今後の予想や購入できる取引所を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次