アイオーエスティー(IOST)の今後の将来性とは?

IOSTの今後の将来性とは?仮想通貨の特徴について徹底解説

この記事で解決できるお悩み

  • 仮想通貨IOSTの特徴や将来性を知りたい
  • 仮想通貨IOSTを購入できる国内取引所について知りたい

こんな悩みを解決できます!

「株式・暗号資産」投資歴12年の僕が解説します。

それでは、特徴から順を追って紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

仮想通貨IOSTとは?

仮想通貨名IOST
ティッカーシンボルIOST
発行時期2018年1月
時価総額289億円
時価総額ランキング263位
価格1.33円
取り扱いのある主な暗号資産取引所
BitTrade
OKCoin Japan
引用:CoinMarketCap(2024年2月16日時点)

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

アイオーエスティーの特徴は3つ

仮想通貨IOSTの特徴は、次3つです。

IOSTの主な特徴
  • コンセンサスアルゴリズムにPoBを採用
  • JavaScriptのプログラミング言語を使用
  • 日本のプロジェクトとの関りがある

コンセンサスアルゴリズムにPoBを採用

IOSTチェーンでは、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)が採用されています。

PoBでは、ユーザーのネットワークに対する貢献度と保有したIOSTの量によって、ブロックの承認者(バリデーター)が選出される仕組みとなっています。

こうした複数の条件を組み合わせることによって、バリデーターの寡占化を防ぎ、複数のユーザーに処理を分散させられるため処理速度も高い。

なお、IOSTの保有者は、ステーキング(仮想通貨の保有)でIOSTチェーンに貢献することによって、見返りの報酬を受け取ることができる。

JavaScriptのプログラミング言語を使用

IOSTチェーンでは、DAppsなどを開発するためのプログラミング言語として「JavaScript」を採用しています。

JavaScriptは、主要なWebプロダクトで採用されている、プログラミング言語のひとつとして広く知られていますよね。

専門的な言語を新たに習得する必要がないため、IOSTチェーンは、多くのエンジニアが開発に新規参入しやすいプラットフォームなのです。

日本のプロジェクトとの関りがある

IOSTは多くの日本のプロジェクトと関わりがあります。

最近では、2021年9月に株式会社HashpaletteとIOST財団が、双方のエコシステムの成長を目的として戦略的パートナーシップ契約を結んでいます。

ちなみに株式会社Hashpaletteは、日本初のブロックチェーン「パレット」を開発する企業として有名ですよね。

参考:https://hashpalette.com/

他にも、2022年1月には総合格闘技団体であるRIZINが、IOSTを基盤としたスポーツコンテンツのNFTを発行しています。

仮想通貨IOSTの今後の将来性とは?

仮想通貨IOSTの今後の見通し・将来性については、以下のようなポイントが考えられます。

  • スケーラビリティの向上

IOSTは、スケーラビリティに優れたブロックチェーンとして設計されています。IOSTは、ノード間の通信を効率化する「BENEFIT」や、トランザクションを分割して処理する「SHARD」などの技術を採用しています。

これらの技術により、IOSTは、ビットコインやイーサリアムなどの既存のブロックチェーンと比べて、高いスケーラビリティを実現しています。

スケーラビリティの向上により、IOSTの利用が拡大し、価値が高まる可能性があります。

  • エコシステムの拡大

IOSTは、DApps(分散型アプリケーション)の開発を支援するエコシステムを拡大しています。IOSTは、開発者向けのツールや教育プログラムを提供しており、DApps開発を促進しています。

エコシステムの拡大により、IOSTの利用が拡大し、価値が高まる可能性があります。

  • 認知度の向上

IOSTは、まだまだ認知度が低い仮想通貨です。しかし、今後、IOSTの特徴やメリットが広く知られるようになれば、価値が高まる可能性があります。

以上を踏まえると、IOSTの将来性は明るいと言えます。しかし、スケーラビリティの向上やエコシステムの拡大など、課題を克服していく必要があるでしょう。

アイオーエスティーを購入できる国内取引所

仮想通貨IOSTを購入できる主な国内取引所は、以下の3つです。

中でもCoincheck(コインチェック)は初心者にも使いやすいアプリが特徴で、口座開設もかんたん!

また、マネックスグループの子会社という点も、コインチェックの信頼度を高めているポイントです。

IOSTの取引をしてみたい方は、取り敢えずコインチェックの口座を開設し、値動きを確認してみるのもいいですね♪

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

アイオーエスティーの今後の将来性とは?まとめ

今回は、仮想通貨IOSTの今後の将来性や特徴、購入できる国内取引所についてご紹介してきました。

IOSTは、IoTやモバイルアプリケーションなどの分野で利用が拡大していることから、今後もさらなる発展が期待されています。また、IOSTは、DeFiやNFTなどの分野でも活用が進んでいることから、今後も注目を集める仮想通貨の一つと言えるでしょう。

IOSTを購入する際には、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
IOSTの今後の将来性とは?仮想通貨の特徴について徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次