SBI VCトレードは初めての方でも安心の仮想通貨取引所!その特徴とレビューをチェック!

SBI VCトレードの公式サイト

これから仮想通貨取引を始めたいと思っているものの、どの仮想通貨取引所を使えば良いか分からない…と悩んでいませんか?少なくとも初めての暗号資産投資であれば、安心感があって使いやすい取引所で口座を持つのがおすすめです。そこで、初心者にも人気の高いSBI VCトレードを紹介します。この仮想通貨取引所の特徴やメリット、そして利用者からのレビューを取り上げていきます。

SBI VCトレードの公式サイト
出典:SBI VCトレード

「SBIグループの安心感を得たい」という方は、SBI VCトレードの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

SBI VCトレードについて

SBI VCトレードは、2017年に設立されたサービスです。SBI VCトレード株式会社が運用している仮想通貨取引所で、販売所または取引所としての現物取引の他に、手持ち資金よりも高額の売買注文を出せるレバレッジ取引にも対応しています。さらに、積み立てや貸コイン、ステーキングといった投資手法も取り扱っているため、幅広い投資家の要望に応えられるのが特徴です。また、独自のウォレットを出すと共に、NFT取引との連携も行うなど、暗号資産を使った各種投資ができるのも魅力と言えます。

SBIグループが提供する仮想通貨取引所

SBI VCトレードの大きな特徴は、やはりSBIグループの100パーセント出資会社が運営しているということでしょう。IT・金融関連事業では超大手のSBIグループですので、安心感が違います。仮想通貨取引所ではまれに不正アクセスや資金不足による倒産などが起こり、利用者に大きなダメージを与えることがあります。その点、金融分野での豊富なノウハウがありますので、安全を確保する対策を二重三重に取っていて安心です。

また、初めて暗号資産投資をするという方であれば、どんな取引所が健全なのか、判断しづらいところもあるはずです。大手のSBIグループであれば知名度も高いですし、実績があり、安心感という点では迷うことはないでしょう。

初心者向けのサービス

SBIグループでは、複数の仮想通貨取引所を設けています。その中でも、SBI VCトレードは手続きや機能面で、シンプルかつ簡単な構成にしているのが特徴です。したがって、初心者でもすぐに仮想通貨取引を始められ、少しずつ投資に慣れていくのに適した取引所なのです。

機能を増やすことなく、本当に必要な機能に絞り込むことで、迷うことなく投資判断ができるようにしています。また、売買注文を出す時にも、分かりやすい画面構成となっているため、すぐに処理を始められます。入金や出金などの処理も分かりやすいので、初めての方でもスムーズに作業できるでしょう。

利用者が増えている注目の仮想通貨取引所

暗号資産取引は全体的に注目度が高くなってきており、参入する人が増えています。その背景としては、政府を挙げて投資を促進する動きが強まっていることに加えて、さまざまなサービスでポイントを使った暗号資産投資ができるようになっていることが関係しています。今までよりもずっと垣根が下がり、気軽に仮想通貨を売買する人が増えているのです。

それに伴い、最初はクレジットカードなどのポイントで暗号資産を購入したものの、それでは物足りなく感じ、本格的な投資をしてみたいと思っている方も多くなりました。そこで、初めての仮想通貨取引所として、初心者に優しいSBI VCトレードを選ぶケースが増えているわけです。

SBI VCトレードのメリット

注目度が上がっているSBI VCトレードには、さまざまなメリットがあります。具体的にどんな使いやすい面があるのかをチェックすれば、仮想通貨取引所選びの参考にすることができるでしょう。

スマホで取引ができる

SBI VCトレードでは、Web上でのチャート分析や売買注文の予約ができる他、専用アプリを用意しています。アプリでは、取り扱い銘柄の価格変動をチャートでチェックできるようになっています。値動きを期間を変えて分析したり、指標を入れてチェックしたりもできますので、スマホでも本格的な分析を可能です。もちろん、スマホアプリから直接、売買注文を出せます。画面が見やすく、注文ボタンは大きく作られていますので、タイミングを逃すことなく、すぐにタップして注文を出せるのもうれしいところです。

さらに、売買以外の投資手法の申し込みや入出金もスマホで行えます。ほとんどの作業をスマホだけでこなせますので、パソコンを持っていない方でも気軽に仮想通貨取引をできるのが魅力です。スキマ時間に外出先でマーケットを見て、すぐに注文することもできます。気軽に投資できるため、効率よく利益を出せるでしょう。

少額での投資も可能

SBI VCトレードでは、少額投資がしやすい環境を整えています。最小単位での売買ができるのはもちろん、少額でも銘柄の購入量を見やすく表示してくれるのが便利です。また、レバレッジ取引にも対応していますので、手持ちの資金がそれほどないとしても、最大効率での利益獲得ができる投資が可能となります。ちなみに、レバレッジは最大2倍の設定となっていますので、資金の突っ込み過ぎを抑えられる倍率であることにも注目です。

SBI VCトレードでは、販売所と取引所のどちらの機能もあります。いずれも手数料が安いのが特徴で、販売所ではメジャーコインのすべてで取引手数料を無料としています。取引所では、メイカーだとマイナス0.01パーセント、テイカーで0.05パーセントを基本料率としています。さらに、日本円での入金手数料が無料、出金手数料は最安で50円となっています。こうした手数料の安さは、他の仮想通貨取引所と比べても有利な条件で、少額投資をしやすい環境です。手数料が安いと、それだけ実質的な利益率が上がることになりますから、そのメリットは大きいでしょう。

販売所が提示する価格で暗号資産を売買する場合、手数料がかからない代わりに、売買の金額に一定の差額が設けられているのが一般的です。これを「スプレッド」と言います。このスプレッド幅が実質的な手数料となり、仮想通貨取引所側の収益となるわけです。つまり、スプレッドの幅が狭いほど、お得に売買ができます。SBI VCトレードは、他の仮想通貨取引所と比べてもスプレッド幅が狭く設定されています。そのため、少額投資でもよりお得に取引ができ、利益を得やすくなるのです。

レンディングができる

コインの売買だけでなく、レンディングつまり貸コインのサービスも扱っています。保有している暗号資産をSBI VCトレード側に貸し出すことによって、利子を得られるというイメージのサービスです。とりあえず売却する予定がないのであれば、単に保有しているだけでなく、レンディングすることで不労所得を得ることができるわけです。

SBI VCトレードでは、まとまった量の暗号資産がなくても、少額からでもレンディングが可能です。しかも、最大で20パーセントという利率で利子還元がなされますので、非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

SBI VCトレードの注意点

メリットの多いSBI VCトレードですが、いくつかのデメリットもしくは注意点もあります。こうしたポイントもしっかりと押さえて、仮想通貨取引所選びの参考にし、利用時の注意点とする必要があります。

銘柄の種類

SBI VCトレードでは、23種類の銘柄を取り扱っています。ビットコインやイーサリアム、リップルなどのメジャーコインに加えて、ソラナ、カルダノなどのマイナーコインも取り扱っています。

この23銘柄というのは、暗号資産投資の上級者であれば、種類が少ないと感じるかもしれません。暗号資産は数えきれないほどのコインが存在していて、新規銘柄もどんどん出ています。そのため、もっと投資先を増やしたいと考える方には物足りなさがあります。

しかし、少なくとも初心者であれば、それほど多くの銘柄に投資するのは不可能ですし、あまりに分散すると失敗の元となります。こうしたことから、これから投資を始める方には十分な銘柄と言えるでしょう。

取引ができないタイミングがある

SBI VCトレードでは、メンテナンスなどの事情で、毎週水曜日の午前12時から午後1時までは取引が停止されます。暗号資産取引は24時間いつでもマーケットが開いていますので、取引停止の時間があることに不便に感じる方もいるでしょう。しかし、1週間のうちたった1時間だけの停止です。このタイミングでよほどの変動が起きない限りは、大きな問題とはならないでしょう。あらかじめこのタイミングを避けておけば、計画的な投資ができるはずです。

複雑な機能を使って分析をすることはできない

SBI VCトレードの管理画面、チャート画面は無駄なくまとめられていて、とても見やすくなっています。ただし、シンプルに見られるように、使える機能が他の仮想通貨取引所のチャート分析機能よりも少なくなっています。

チャート分析では、さまざまな異なる指標を代入して異なる角度から分析するのが一般的です。その指標が少ないと、分析に自信を持てないかもしれませんし、自分にとって使いやすい指標がないこともあります。

とはいえ、一般的な分析に必要な機能は十分揃っていますので、複雑な機能を使いたいという方でなければ問題ないでしょう。逆に、機能があり過ぎてどれを使ったらいいか分からないという事態に陥ることなく、シンプルに分析と投資ができます。

SBI VCトレードのレビュー・口コミ

今まで見てきたように、SBI VCトレードにはさまざまなメリットと共に、注意したい点もあります。こうした両面を踏まえながら、ユーザーからのレビュー、口コミを見てみましょう。

安心感が高い

初めて仮想通貨取引所で口座を開設する方にとって、「SBI VCトレードは安心感がある」というレビューが多く見られます。たとえば、次のような口コミがあります。

「今まで株式やFXは多少やってきたので、今度は暗号資産をしたいと思いました。過去に不正アクセスなどの問題があったので、とにかく安心できる仮想通貨取引所がいいと思ってここにしました。SBIグループという安心感は強いですね。資産の保全や強固なセキュリティー対策をしている点も気に入りました。」

また、使いやすさについて評価する声も多く聞かれます。たとえば、次のような口コミが寄せられています。

「スマホでチャート分析をして、そのまま注文できるのが便利でいいです。チャートもかなり見やすくて、いろいろなウォッチの仕方ができます。株式投資で使っているチャート画面と似ているのも、個人的には選ぶきっかけになりました。」

投資しやすい環境

少額投資についての感想も、レビューで見ることができます。

「仮想通貨取引をしてみたいと思っていましたが、手持ち資金がそれほどなかったので、ずっと迷っていました。でも、SBI VCトレードでは少額からの投資がしやすいというのを聞いて、始めることにしました。確かに、手数料が安いので細かく注文を出していくことができ、少額でもしっかりと利益を出せる感じがします。また、入金手数料がかからないのもかなりうれしいところです。」

また、クレジット投資ができることについて評価するレビューもあります。次の口コミでは、クレジットカード入金ならではのメリットが強調されています。

「SBI VCトレードでは、クレジットカードからの入金ができるということでここにしました。手持ちの現金以外にも与信枠を使えるので、短期投資にも向いているなと思います。また、クレジットカードのポイントが付くということも考えると、実質的に利益率を上げることもできます。入金手続きが楽ですぐにできるのも気に入っています。」

SBI VCトレードのメリットを生かした暗号資産投資を始めよう

SBIグループが運営する仮想通貨取引所ということで、SBI VCトレードは他にはない安心感があります。また、初心者に優しい機能や画面構成、手数料に設定されていますので、初めての方におすすめです。さまざまなレビューをチェックして、自分に向いている仮想通貨取引所かを確認した上で、暗号資産投資を始めてみましょう。

SBI VCトレードの公式サイト
出典:SBI VCトレード

「SBIグループの安心感を得たい」という方は、SBI VCトレードの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次