本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性は?今後の価格予想や買い方など徹底解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性は?今後の価格予想や買い方など徹底解説

この記事で解決できるお悩み

  • 仮想通貨・エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性はある?
  • どの仮想通貨を購入しようか迷ってます…

本記事では、仮想通貨・エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性、今後の価格予想や買い方について、独自分析を交えて徹底解説していきます!

目次

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?

エイプコイン(APE)公式サイト
名称エイプコイン
ティッカーシンボルAPE
開発者Bored Ape Yacht Club(BAYC)
発行時期2022年3月
発行上限数10億枚
承認方法PoS(Proof of Stakes)
現在の価格298.2円
時価総額ランキング84位
詳細公式サイト
出典:2024年3月19日、CoinMarketCap調べ

2022年3月に発表された仮想通貨(暗号資産)エイプコイン(ApeCoin/APE)は、米国のYuga Labs社によるプロジェクトでApe(類人猿)をモチーフにした世界的に大人気のNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」や「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」に関連する暗号資産です。

BAYCやMAYCは、人気アーティストなど世界の有名人やセレブが多数購入しているNFTの一つで、高いものは一つのNFTが数千万円で取引されることもありました。

エイプコインは、そんな人気のBAYCやMAYCなどNFTを保有する人々にエアドロップ(無料配布)されたことでも話題になっています。

Coincheckがおすすめの理由5選!

\最短5分で申込完了!/

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

仮想通貨・エイプコインの特徴を徹底解説

仮想通貨・エイプコインの特徴を徹底解説

BAYCやMAYCなどNFTコレクションと連動

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、「Web3.0の中心となる分散型コミュニティをサポートするため、文化やゲーム、コマースで利用されるトークン」として、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンで発行されたERC-20規格の仮想通貨(暗号資産)です。

類人猿をモチーフにした人気のNFTプロジェクトBAYCを制作する米国Yuga Labs社が、2022年3月17日にX(旧Twitter)上でBAYCに関連するトークンのエイプコインを発行することを発表し話題になりました。

そしてリリース時、APE FoundationによってBAYCおよびMAYCを保有するユーザーに対してエイプコインがエアドロップ(無料配布)されました。

その際、BAYCホルダーのほうがMAYCホルダーより多くのエイプコインが配布され、さらに、BAYCまたはMAYCと同時に犬をモチーフにしたBored Ape Kennel Club(BAKC)を保有しているユーザーには、さらに多くのエイプコインが配布されています。

エイプコインは、すぐにBAYCのメタバースプロジェクト「Otherside」の仮想空間上の土地である「Otherdeed」の販売でも決済手段として採用されたほか、Yuga Labsが各プロジェクトの主要トークンとしてエイプコインを利用していく方針を発表しています。

仮想通貨(暗号資産)エイプコインの主たる目的は、ApeCoin DAOのガバナンス投票やエイプコインのエコシステム内での決済・ゲーム・イベント・サービスなどへのアクセス権として使用されることです。

エイプコインの総供給枚数は10億枚で、総数を増やしたり、バーン(焼却)したりすることはできません。総供給枚数のうち、NFTホルダーに配布された枚数は総供給枚数の15%が割り当てられています。

ApeCoin/APEを運営する組織

エイプコインの運営を支える組織には、ApeCoin DAO、APE Foundationが存在し、さらにAPE Foundationには「Board(ボード)」という役員会があります。

分散型自律組織のApeCoin DAOは、エイプコインのガバナンスを担当します。エイプコインの保有者は、誰でもApeCoin DAOのメンバーになることが可能です。

ApeCoin DAOメンバーは、エコシステムファンドの資金の配分方法、ガバナンスルール、プロジェクト内容、パートナーシップなどのプロジェクトに関する様々な意思決定プロセスに参加、投票ができます。

APE Foundationは、ApeCoin DAOの意思決定管理、日常の運営、経理、プロジェクト管理、コミュニティのアイデアを実現するためのサポートなどのタスクを担当します。

具体的には、ApeCoin DAOのガバナンス提案で可決された指示に従い、マルチシグウォレット(送金などで複数人の署名が必要なウォレット)で管理されるエコシステムのための資金を利用して経費を支払ったり、ガバナンスプロセスを通じてエイプコイン保有者のためのインフラを提供したりします。

なお、APE Foundationは監督者ではなく、ApeCoin DAOの「基盤」として位置付けられています。APE Foundationは、公正かつ包括的な方法でエイプコインのエコシステムの成長と発展を管理することが目的です。

Boardは、ApeCoin DAOメンバーの意向に沿いAPE Foundationを管理・監督する役割を担うAPE Foundationに存在する役員会です。

Boardの目的は、ApeCoin DAOの提案を管理して、コミュニティのビジョンに奉仕することであり、役員会はApeCoin DAOのルールに基づく管理審査を必要とする提案について会合を行います。

Boardの最初の役員会メンバーは6ヶ月間の任期を務め、その後はApeCoin DAOの投票によって毎年メンバーが決定されることになっています。

決済手段として利用できる

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、イーサリアムのブロックチェーンを基盤としている暗号資産(仮想通貨)であることから、保有者はイーサリアム対応ウォレットで保管したり、送受金したりすることが可能です。

そのため、エイプコインに対応したサービスにおいては決済手段としても利用することができます。エイプコイン決済に対応した一部店舗では、買い物の支払いにも利用できます。

ApeCoin/APEによるステーキング

ApeCoin DAOによって創設されたエイプコインの公式ステーキングプロトコルApeStake.ioではエイプコインをはじめ、BAYC、MAYC、BAKCといったApeCoinエコシステムで利用される暗号資産(仮想通貨)やNFTをステーキングすることで報酬を獲得することができます。

エイプコインのチャート・価格動向

エイプコインのチャート・価格動向
出典:CoinMarketCap

これまでの価格推移をチャートで見てみると、ローンチ時期の2022年3月から4月下旬の最高値3,094を付けるまで上昇している。最高値を付けた後は、2023年12月現在まで下落傾向が続いています。(CoinMarketCap調べ)

現状、下落傾向が続いているものの、APEはNFTコレクションという新しい分野において、革新的なプロジェクトとして注目されている。今後NFTの普及が進むにつれて、APEエコシステムを支えるAPEに対する注目度が増すことも考えられます。

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、次世代のインターネットとして注目されているWeb3における文化、芸術、娯楽、イベントなどの発展を支援するためのトークンとして、将来的にWeb3の発展に大きく貢献する可能性がある。

そのため、APEは単なるミームコインではなく、Web3コミュニティの価値向上に重要な役割を果たす可能性を秘めている。

さて、APEをきっかけに「NFTをこれから本格的に取引してみたい」という方もおられるだろう。取扱銘柄が多い取引所として知られるコインチェックなら、29種類(2024年2月時点)の仮想通貨の中から自由に取引できる。

まだ仮想通貨取引所の口座をお持ちでないなら、この機会にをチェックしてみましょう

エイプコインの今後と将来性は?

エイプコインの今後と将来性は?

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、世界中の暗号資産交換業者に上場が進む中で徐々に決済手段の導入などが見られていますが、今後に関する明確な計画は2023年9月の現時点では公表されていません。

エイプコインの今後・将来性に影響する事柄

今後の将来性①:BAYCやMAYCの発展

しかしながらエイプコインの関連であるBAYCやMAYCなどのエイプブランドの人気は世界中で注目を集めており、NFTに関連するさまざまなイベントやサービスが各国で開催されて続けています。そうした機会で、エイプコインが利用される可能性が期待できるでしょう。また、ApeCoin DAOによって提案されるこれからの提案についても同様です。

BAYCは非常に人気の高いNFTプロジェクトであることから、他のプロジェクトとも多くのコラボレーションが実現しており、イベント等も実施されています。

コラボレーションしているプロジェクトの中で、最も注目されているのがBAYCを手掛けるYuga Labsによるメタバースプロジェクト「Otherside」です。

すでにOthersideの仮想空間上の土地である「Otherdeeds」の販売でもエイプコインは決済手段として採用されています。Othersideはどのようなメタバースに発展するのか、その詳細はまだ明らかにはされていませんが、期待を集めている案件です。

BAYCやMAYCは非常に人気のあるNFTプロジェクトです。世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaの取引高ランキングでは、BAYCとMAYCが上位にいることがその人気を裏付けています。

その反面、注意しなければならないのは、BAYCやMAYCの人気がなくなると、必然的にエイプコインの価値も下落する可能性が高くなることです。

今後の将来性②:他ブランドとの協業

そのほかのコラボレーションでは、イタリアの高級ファッションブランドのグッチがBAYCと提携したことが話題になりました。グッチはエイプコインでの決済を受け入れている最大手ブランドです。

また、ApeCoin DAOのガバナンス動向や、米国での訴訟問題などもエイプコインの価格に影響を及ぼす要素の一因となります。

今後の将来性③:決済手段としての発展

エイプコインが将来的にどのように決済手段として発展していくのか、その可能性について見ていきましょう。エイプコインは、その特性上、デジタル決済に有利な要素を持っています。ブロックチェーン技術を活用しているため、取引の透明性とセキュリティが高く、急速な決済が可能であり、これは特にオンラインでの取引において重要です。また、エイプコインはグローバルな通貨であり、国境を問わずに送金や支払いが可能なため、国際的な取引においてもその力を発揮します。

さらに、エイプコインを決済手段として利用することで、従来の金融システムでは困難だった「マイクロペイメント」が可能になります。これにより、より細かい商品やサービスに対する支払いが可能となり、新たなビジネスチャンスを生み出す可能性があります。

AIによるエイプコインの将来性予測(2024年~2025年)

AIによる予測によると、エイプコインの価格は2024年~2025年にかけて上昇する可能性が高いとされています。具体的には、以下の予測があります。

Wallet Investor:
  • 2024年末までに約47ドル(約6,700円)
  • 2025年末までに約77ドル(約11,000円)
DigitalCoinPrice:
  • 2024年末までに約45ドル(約6,400円)
  • 2025年末までに約73ドル(約10,400円)
Price Prediction:
  • 2024年末までに約39ドル(約5,500円)
  • 2025年末までに約63ドル(約9,000円)

リスクと注意点

AIによる予測はあくまでも参考情報であり、実際の価格は大きく異なる可能性があることに注意してください。エイプコインは価格変動が激しいリスク資産であり、投資には十分な注意が必要です。

ApeCoin/APEを購入できる取引所

エイプコイン(APE)の買い方

エイプコイン(ApeCoin/APE)を購入できる主な取引所は、以下のとおりです。

  1. Coincheck
  2. DMMビットコイン
  3. bitbank

これらの取引所では、日本円でAPEを

購入することができるので初心者でも安心です♪

上記の中でもアプリが使いやすくオススメなのが、Coincheck(コインチェック)です。

すでに他の交換業者を利用している人も、無料で解説できるのでCoincheckの口座を持っておいてそんはないでしょう。

Coincheck

アプリDL数5年連続1位の実績!

総合評価
口コミ平均評価
編集部評価
  • マネックス証券でお馴染みのマネックスグループで金融ノウハウが集積!
  • 暗号資産を始めたい初心者に最適
手数料(BTC)販売所:スプレッド
取引所:
Maker 0.000%・
Taker 0.000%
最低取引(BTC)販売所:500円相当
取引所:0.005BTC
レバレッジ取引
(最大倍率)
なし
つみたてあり
レンディングあり
ステーキングあり
NFTサービスあり
Coincheck:関東財務局長 第00014号
販売所方式での取扱通貨(29種類)

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、LINK、MATIC、MKR、MONA、SAND、SHIB、XLM、LSK、XEM、QTUM、IOST、PLT、DOT、FNCT、DAI、IMX、WBTC

取引所方式での取扱通貨(8種類)

BTC、ETC、MONA、PLT、LSK、FNCT、DAI、WBTC

まとめ

エイプコイン(ApeCoin/APE)は、BAYCやMAYCなどNFTコレクションと連動しています。これらのNFTの価格は、エイプコインの価値にも影響を与えています。NFT市場は流行や需要に左右されやすく、価格が急変する可能性も低くありません。

また、エイプコインはまだ新しい仮想通貨(暗号資産)であり、将来性や実用性については不確かな部分が多いプロジェクトです。エイプコインは、Web3.0やメタバースなどの分散型コミュニティをサポートすることを目指していますが、その実現には技術的な課題や競合他社の存在など課題も多くあります。

エイプコインを購入する場合は、以上のことを踏まえて取引所を選び、リスク管理をしっかり行った上で自己責任において慎重に取引を行うことが重要です。

Coincheckがおすすめの理由5選!

\最短5分で申込完了!/

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性は?今後の価格予想や買い方など徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次