ベーシックアテンショントークン(BAT)の将来性とは?今後の予測・購入できる取引所を解説!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の将来性とは?今後の予測・購入できる取引所を解説!

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、2017年に誕生した、仮想通貨のブラウザである「Brave」の広告報酬として利用される仮想通貨です。BATは、ブラウザ上での広告視聴や、クリエイターへの寄付など、さまざまな用途で利用されています。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

「どこで始めたらいいかわからない」という方は、コインチェックの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴

BATの特徴は、以下のとおりです。

  • 広告収入をユーザーに還元する

BATは、Braveブラウザで広告を視聴したユーザーに報酬として付与されます。ユーザーは、このBATを使って寄付やコンテンツの購入などに利用することができます。

  • プライバシー保護を重視する

BATは、ユーザーのプライバシー保護を重視しています。広告は、ユーザーの行動履歴や個人情報に基づいて配信されるのではなく、ランダムに配信されます。

  • オープンソースで開発されている

BATは、オープンソースで開発されています。誰でもコードを閲覧・編集することができ、透明性の高いプロジェクトとなっています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の今後

2つの視点からみた将来性

BATの将来性については、以下の点が期待されています。

  • Braveブラウザの普及

BATは、Braveブラウザの広告収入に利用されるため、Braveブラウザの普及がBATの普及につながります。Braveブラウザは、プライバシー保護に優れたブラウザとして注目されており、今後の普及が期待されています。

  • 広告市場の変化

従来の広告市場は、ユーザーの行動履歴や個人情報に基づいて広告を配信する、いわゆる「ターゲティング広告」が主流でした。しかし、プライバシー保護への意識の高まりから、ターゲティング広告の規制が強化される可能性があります。その場合、BATのようなプライバシー保護を重視した広告が普及する可能性があると考えられます。

BAT(ベーシックアテンショントークン)を購入できる国内取引所

BAT(ベーシックアテンショントークン)を購入できる主な国内取引所は、以下の通りです。

  • Coincheck
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • BITPOINT

これらの取引所では、日本円でBATを購入することができるので初心者でも安心です♪

上記の中でもアプリが使いやすくオススメなのが、Coincheck(コインチェック)です。

すでに他の交換業者を利用している人も、無料で解説できるのでCoincheckの口座を持っておいてそんはないでしょう。

まとめ

BATは、広告収入をユーザーに還元する、プライバシー保護を重視する、オープンソースで開発されているといった特徴を持つ仮想通貨です。Braveブラウザの普及や、広告市場の変化などから、BATの将来性が期待されています。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次