IOST(アイオーエスティー)の将来性は?今後の動向や買い方を徹底解説!

IOST(アイオーエスティー)の将来性は?今後の動向や買い方を徹底解説!

この記事で解決できるお悩み

  • 仮想通貨IOSTの特徴や今後の将来性を知りたい
  • 仮想通貨IOSTを購入できる国内取引所について知りたい

本記事では、仮想通貨IOST(アイオーエスティー)の特徴や、今後の将来性について、独自分析を交えて徹底解説していきます!

また、記事後半では買い方やオススメの取引所にも触れているので、最後まで読み進めていただくとお得情報をゲットできるかもしれません♪

目次

仮想通貨IOST(アイオーエスティー)とは?

IOST(アイオーエスティー)公式サイト
出展:IOST(アイオーエスティー)公式サイト
名称アイオーエスティー
ティッカーシンボルIOST
開発者Jimmy Zhong氏
発行時期2018年1月
発行上限数900億枚
承認方式PoB(Proof of Believability)
現在の価格1.92円
時価総額ランキング268位
詳細公式サイト
出典:2024年3月12日、CoinMarketCap調べ

IOST(アイオーエスティー)は、ブロックチェーン技術を活用した分散型ネットワークで、高速なトランザクション処理とスケーラビリティを実現することを目指しています。2017年に設立されたこのプロジェクトは、IOSTトークンをネットワーク内の価値移転手段として用い、ユーザー間での取引やサービスの利用料支払いに活用されています。また、IOSTは「インターネット・オブ・サービス」を意味し、この名の通り、ユーザーが各種サービスをより効率的に利用できる世界を目指しています。

このIOSTネットワークは、ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」を解決するために「PoB」(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。これにより、トランザクションの処理速度を大幅に向上させつつ、セキュリティも確保しています。また、データの不変性と透明性を保つことで、信頼性の高いサービス提供を可能にしています。

IOSTはさまざまな分野で応用が考えられており、特にフィンテック、広告、ゲーム業界などでの活用が期待されています。これらの業界での具体的な使用例としては、マイクロペイメント、不正防止、リアルタイムのデータ処理、デジタルアセットの取引などが挙げられます。

このように、IOSTはその革新的な技術と広範な応用性で、仮想通貨市場において注目を集めています。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

仮想通貨IOSTの特徴をわかりやすく紹介

仮想通貨IOSTの特徴は、以下の通りです。

IOST(アイオーエスティー)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コンセンサスアルゴリズムにPoBを採用
  • JavaScriptのプログラミング言語を使用
  • 日本のプロジェクトとの関りがある

コンセンサスアルゴリズムにPoBを採用

IOSTチェーンでは、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ビリーバビリティ(PoB)が採用されています。

PoBでは、ユーザーのネットワークに対する貢献度と保有したIOSTの量によって、ブロックの承認者(バリデーター)が選出される仕組みとなっています。

こうした複数の条件を組み合わせることによって、バリデーターの寡占化を防ぎ、複数のユーザーに処理を分散させられるため処理速度も高い。

なお、IOSTの保有者は、ステーキング(仮想通貨の保有)でIOSTチェーンに貢献することによって、見返りの報酬を受け取ることができる。

JavaScriptのプログラミング言語を使用

IOSTチェーンでは、DAppsなどを開発するためのプログラミング言語として「JavaScript」を採用しています。

JavaScriptは、主要なWebプロダクトで採用されている、プログラミング言語のひとつとして広く知られていますよね。

専門的な言語を新たに習得する必要がないため、IOSTチェーンは、多くのエンジニアが開発に新規参入しやすいプラットフォームなのです。

日本のプロジェクトとの関りがある

IOSTは多くの日本のプロジェクトと関わりがあります。

最近では、2021年9月に株式会社HashpaletteとIOST財団が、双方のエコシステムの成長を目的として戦略的パートナーシップ契約を結んでいます。

ちなみに株式会社Hashpaletteは、日本初のブロックチェーン「パレット」を開発する企業として有名ですよね。

参考:https://hashpalette.com/

他にも、2022年1月には総合格闘技団体であるRIZINが、IOSTを基盤としたスポーツコンテンツのNFTを発行しています。

仮想通貨IOSTの今後について独自分析

仮想通貨IOSTの今後の見通し・将来性について独自分析すると、以下のようになります。

今後の将来性①

仮想通貨IOSTの今後についての独自分析を始める前に、現在の市場状況とIOSTの立ち位置を把握することが重要です。IOSTは、高速かつスケーラブルなブロックチェーン技術を提供するために開発され、多くの企業や投資家から注目を浴びています。その技術力は高く評価され、今後の成長が期待されています。

しかし、仮想通貨市場は競争が激しく、技術力だけで成功を約束されるものではありません。IOSTの成功は、市場環境、規制、パートナーシップ、開発速度など、多くの要素に影響を受けます。特に、ブロックチェーン技術の普及と共に、IOSTの採用が進むかどうかが鍵となります。

また、IOSTが目指す分散型インターネットの構築は、インターネットの基礎を変える可能性があります。そのため、IOSTの未来は、ブロックチェーン技術が社会にどの程度浸透し、人々がこの新しい技術をどう受け入れるかにも左右されます。

この記事では、これらの要素を踏まえて、IOSTの今後の可能性を分析していきます。その上で、IOSTの投資価値とリスクについても考察します。この分析を通じて、あなたがIOSTへの投資を検討する際の参考になれば幸いです。

今後の将来性②

仮想通貨IOSTの将来性をさらに詳しく掘り下げていきましょう。まず、IOSTが目指しているのは「インターネットサービスの分散化」です。現在、GoogleやAmazonなどの大手企業が中心となってインターネットサービスを提供していますが、IOSTはこれを分散化し、個々のユーザーや開発者がサービスを提供できる世界を目指しています。これにより、サービス提供者の多様化と共にサービスの質や選択肢が増える可能性があります。

また、IOSTの技術的な特徴として「分散型プロトコル」があります。これは、ネットワーク全体で情報を共有し、データの安全性を保つためのものです。これにより、IOSTは高いセキュリティを保ちつつ、高速なトランザクションを実現することが可能です。

さらに、IOSTは「Proof of Believability」(PoB)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。これは、ネットワーク参加者の行動を評価し、信頼性の高い参加者に投票権を与えるというもので、これにより不正行為を防ぎ、公正な取引を保証します。

これらを考慮すると、IOSTは分散化と高いセキュリティ、公正な取引を可能とする技術を持っており、これらが将来性の高さを示しています。

今後の将来性③

このセクションでは、仮想通貨IOSTの将来性について、市場環境や技術的な進歩、パートナーシップの結成などを踏まえて独自に分析します。まず、IOSTの市場価値はその独自の技術と、ブロックチェーン業界でのその位置付けによって大きく左右されます。IOSTの最大の特徴である高速なトランザクション処理能力は、ブロックチェーン技術が日常的に使われる未来において非常に重要な要素となります。

一方で、IOSTが取り組む分散型アプリケーション(dApps)市場は、まだその可能性が十分に理解されていない段階です。しかし、デジタル化が進む現代社会において、dAppsの普及は時間の問題とも言えます。また、IOSTがこれまでに結んだパートナーシップも将来性を示す一つの指標となります。特に、多くの企業や団体と協力関係を築くことで、IOSTのエコシステムは大きく発展する可能性があります。

これらの要素を鑑みると、IOSTは成長の余地が大いにあると言えますが、その一方で市場の変動性や競争などのリスクも無視することはできません。次のセクションでは、具体的なIOSTの購入方法について解説します。

IOSTの買い方・購入方法を解説

仮想通貨IOST(アイオーエスティー)の買い方は以下の通りです。

  1. 暗号資産取引所に口座を開設
  2. ウォレットに入金(*1)
  3. 取引画面で、購入したい数量と価格を入力します
  4. 注文が成立すると、IOSTが口座に反映されます

暗号資産取引所にもよりますが、入金方法には銀行振込、クレジットカード、コンビニ入金などがあります。

購入できる取引所

IOST(アイオーエスティー)を購入できる主な取引所は、以下の通りです。

  • Coincheck
  • DMMビットコイン
  • BITPOINT

これらの取引所では、日本円でIOSTを購入することができます。

どの交換業者を選ぶかは、暗号資産(仮想通貨)取引で何を求めるかによります。

サービスの拡張性を考えるなら、NFTマーケットプレイスの運営もしているコインチェックかGMOコインがおすすめ

初心者ならコインチェック、レバレッジ取引もしたい中・上級者ならGMOコインを選ぶと良いでしょう!

IOSTの今後の将来性とは?まとめ

今回は、仮想通貨IOST(アイオーエスティー)の特徴や、今後の将来性について、独自分析を交えて徹底解説してきました。

IOSTは、IoTやモバイルアプリケーションなどの分野で利用が拡大していることから、今後もさらなる発展が期待されています。また、IOSTは、DeFiやNFTなどの分野でも活用が進んでいることから、今後も注目を集める仮想通貨の一つと言えるでしょう。

IOSTを購入する際には、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次