スマホで遊べるNFTゲームとは?おすすめのゲームを一挙紹介!

スマホで遊べるnftゲームとは?おすすめのゲームを紹介!

NFTゲームというと、難しい設定が必要だとか日本語で遊べるものが少ないというイメージを持っていませんか?最近は、NFTゲームがかなり身近なものとなってきて、誰でも気軽にプレーできるようになっています。特に、スマホで遊べる作品が増えていますので、いつでも楽しめるのがうれしいところです。そこで、スマホNFTゲームの近況と、どんなゲームがあるのかを解説していきます。自分に合ったゲームを見つけて早速プレーしてみましょう。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

「どこで始めたらいいかわからない」という方は、コインチェックの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

スマホで遊べるNFTゲームについて

パソコンでプレーするゲームもいいのですが、やはり外出先やちょっとソファーなどでくつろぎながら遊べるスマホゲームは魅力的です。NFTゲームの中にも、スマホアプリになっているものが増えていますので、最新の事情を紹介していきます。

稼げるNFTゲーム

NFTゲームの魅力は、単に遊んで楽しいというだけではありません。NFT化されているゲーム内アイテムやトレカなどを売買して稼げるというのも、一つのメリットなのです。レアなカードや独自のアイテムなどは、プレミアが付いて高額で取引されることもあります。さらに、ゲームの中にはイベントが開催されて、参加したり対戦で勝ったりすると報酬をもらえるものもあります。気軽にスマホでゲームをしながら稼ぐことができれば、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

日本でもスマホNFTゲームが増えている

ブロックチェーンのサービスが普及していく段階で、NFTゲームも作られていきました。しかし、最初はパソコンでしかプレーできないものがほとんどでした。やはり、重いプログラムや映像を動かすためには、処理能力の高いパソコンでないと厳しかったからです。また、大容量の通信をするため、モバイル通信では難しかったという事情もありました。しかし、最近ではスマホ自体も通信環境も進歩していますので、ブラウザ版だけでなくスマホアプリを開発するところが増えています。しかも、日本発のゲームや日本語対応している作品も増えていますので、言語パッチを入れることなくすぐに遊べるようになっています。

無課金でプレーできるものも多い

多くのタイトルが出てきていますので、価格の面でも気軽になっています。登録やプレー自体が完全無料のものが多いですし、アイテム購入などのための課金をしなくても十分楽しめるタイトルもあります。もちろん、ほとんどのゲームで何らかの課金制度があって、より高度なプレーをしたり効率よく稼いだりするためには、課金をした方が良いのは事実です。しかし、とりあえずNFTゲームがどんなものか試してみたい、コストをかけずに気軽にやってみたいという人でも無課金でプレーできるのはありがたいことです。

日本で人気のスマホNFTゲーム

NFTゲームは、すでにかなりたくさんのタイトルが出ていて、中には日本で開発されたものもあります。やはり日本発のゲームは、日本人の感覚に合いますし、なによりも完全に日本語のみで遊べるのでメリットが大きいです。いくつかの日本発のタイトルで知名度の高いものを紹介していきます。

マイクリプトヒーローズ

マイクリプトヒーローズ公式アプリ

nftゲームの中でも世界的な人気を誇る作品で、発表されてからしばらくの間、世界トップのプレーヤー実績を記録した人気作です。歴史ヒーローRPGといったところで、日本や世界の歴史上の有名人がキャラクターとして登場します。ヒーローはNFT化されていて、自分のパーティーの中に組み込むことができます。パーティーでクエストをこなしていったり、対戦相手とのバトルをしていったりします。無課金でもある程度遊ぶことができますので、気軽に参加可能です。NFT売買はキャラクターが対象で、人気キャラは高額取引の実績があります。

クリプトスペルズ

クリプトスペルズ公式アプリ

トレカ系のnftゲームです。それぞれのカードによって、攻撃力や発動できる能力などの違いがあって、映像もかなりきれいに作り込まれているのが特徴です。カードの組み合わせや相手との相性によって通常よりも強い効果が出るなど、戦略を問われるカードゲームとなっています。カード発行権を獲得すると、自分のオリジナルのカードを作れるというのも魅力です。こうして獲得したカードはNFT化された状態で売買できるので、より強いパーティーを求めて必要なカードを購入したり、利益を求めて売ったりするユーザーも多いです。

キャプテン翼ライバルズ

キャプテン翼-RIVALS公式アプリ

言わずと知れたサッカーアニメの「キャプテン翼」を題材にしたNFTゲームです。マンガの登場人物をNFTにカードして遊ぶカードゲームで、自分だけのチームを作って相手と対戦していきます。もちろん、公式のものですので登場人物は本物ですし、有名なサッカー選手がアンバサダーになっているので知名度も高いです。NFTサッカー選手カードは売買できる仕組みが採られていますので、プレーだけでなく稼ぐのにももってこいです。日本から世界に向けて展開していくことになっていますので、今後さらにプレーヤーのすそ野が広がってプレーの楽しさや、NFTカードの取引マーケットが広がっていくことを期待できます。

ゲーム内では、暗号資産のツバサガバナンストークン(TSUBASA Governance Token/TSUGT)が使用されます。全世界で圧倒的な人気を誇るゲームの暗号資産として、ツバサガバナンストークンの今度にも期待できそうですね。

世界的に人気の高いNFTゲーム

日本発のゲームだけでなく、世界的に人気のnftゲームもスマホアプリとなっています。いろいろなタイプのゲームがありますので、本格的にゲームに没頭したい人も、スキマ時間に気軽にしてみたいという人にも自分に合ったものが見つかるはずです。たくさんあるタイトルの中でも、人気の高いものを紹介していきます。

Benji Bananas

Benji Bananas公式アプリ

横スクロール系のシンプルなゲームで、暇つぶしに遊べるのが特徴です。サルが森の中のツルにぶら下がっているところから、バナナを集めていくというアクション系の内容となっています。やり方自体はかなり簡単ですので、サクサクと遊べるのが人気を集め、世界中にファンがいます。2013年にスタートした作品で、ブロックチェーンゲームとしてはかなり歴史が長いです。ゲーム独自の暗号資産APEというものがあって、メンバーシップパスを持つことで、トークンを獲得していくことができます。シンプルなゲームをしながら暗号資産を増やしていけるのが魅力で、本格的なゲームは苦手という人にもおすすめです。飽きることのない中毒性のあるゲームを楽しんでみましょう。

Reta Wars

Reta Wars公式アプリ

バトル系の作品で、戦略シミュレーションゲームです。自分の領地を持ち、相手の陣地を投票やディベートなどによってバトルして勝ち取っていくという形で進みます。単に力があれば勝てるというわけではなく、かなり頭を使うのが多くの人を惹きつける理由となっています。自分の土地でいろいろな開発事業をして、そこで生み出した資源を売れるという仕組みも設けられています。こうした資源や土地などを売買できるので、バトルや育成で稼ぎたいという人に向いています。世界中にプレーヤーがいますので売買取引も活発で、中にはかなり高額での取引がなされた実績もあります。

Walk to EarnのNFTゲーム

Sweatcoin

Sweatcoin公式アプリ

運動系のアプリで、スマホの歩数計測機能と連動させることによって使います。毎日の歩数に応じてトークンが貯まっていく仕組みで、完全無料ですぐに始められます。イベント参加やアンケート回答などでもトークンは貯まっていき、トークンはオンラインギフト券などに交換できます。また、2022年には暗号資産としてトークン化されていますので、取引所で取引できるのも特徴です。nftゲームでは誰でも気軽にできると人気の高い「動いて稼ぐ」系のアプリで、憶を超えるプレーヤーが世界中にいます。

STEPN(ステップン)

STEPN(ステップン)の公式サイト

STEPNは、ランニングやウォーキングをすることによって仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ仕組みで、いわゆる「Move to Earn」と呼ばれるブロックチェーンを利用したNFTゲームのジャンルです。

スマホNFTゲームの始め方

こうしたNFTゲームはたくさん開発されていますが、基本的にどれも始め方は一緒です。具体的にどのような流れでゲームを始められるのかをチェックしてみましょう。実際にやってみると難しいものではありませんので、初めての方もチェレンジしてみましょう。

暗号資産を使えるようにする

NFTゲームのほとんどは、暗号資産を活用する仕組みになっています。そのため、自分としても暗号資産を使える状態にしなければなりません。そのために、暗号資産取引所で口座を開きます。マイナンバーカードなどの書類と個人情報などを登録するだけで、すぐに開設できるはずです。そして、課金することを考えているのであれば、必要なコインを購入しておきます。たいていの作品はイーサリアムを使用していますので、まずは小額でも準備しておくと良いでしょう。

NFTゲームを選ぶ

たくさんのゲームが存在しますので、ジャンルや内容、コメントなどをチェックして、やりたいと思うタイトルを見つけます。有名なものでもブラウザ版にしか対応していないものもあります。また、スマホ対応でも、iOSもしくはAndroidのどちらかでしかダウンロードできないものも存在します。自分のプレー環境に合ったものを選びましょう。気に入ったものを見つけたらインストールしましょう。NFTゲームはアカウントを作る必要がありますので、ニックネームなどを入れて自分のアカウントを作成します。

スマホ版に対応したウォレットの設定

NFTゲームは、原則として暗号資産をゲーム内で使えるように設定するのが条件となります。そのためには、暗号資産の管理や入出金を行うプログラムである「ウォレット」というものを持つ必要があります。ゲームによって対応できるウォレットに違いがありますので、やりたいゲームで使えるウォレットを探して、それをインストールします。そして、保有している暗号資産をそのウォレットに入れて管理できるようにします。その後、ウォレットとゲームアプリを連携させます。

ゲームの初期設定

ウォレットの連携とアカウントの紐づけができたら、ゲームを始められます。その際には、それぞれのゲームで必要な初期設定をすることになります。たとえば、初めに使うキャラクターやエリアの設定、通知設定などです。また、通信の設定も確認しておきましょう。常時モバイル通信の設定にしていると、かなりの容量を消費することもありますので、通信プランに合った設定にしておくと安心です。後は、ゲームの進め方を確認してプレーします。

NFTゲームで稼ぐ

NFTゲームは、プレーして楽しむと同時に、アイテムなどを売買して稼げるのも魅力の点です。稼ぎ方について覚えておきたい、いくつかのポイントをチェックしてみましょう。

課金せずに稼ぐことも可能

たいていのゲームは、無課金でも十分遊べますし、アイテムをゲットしたり育てたりして売ることもできます。そのため、全く自己資金を持ち出さずに稼げるわけです。しかし、ほとんどの場合、無課金の状態では効率よくゲームを進められない、もしくは価値の高いNFTアイテムを作れないため、大きな稼ぎを得るのは難しいでしょう。最初は無課金でも良いかもしれませんが、しっかりと稼ぎたいというのであれば課金を検討する必要が出てきます。

稼ぎ方のパターンを増やす

NFTゲームの稼ぎ方はいくつもの方法があります。まず、ゲーム内のイベントや大会に出て好成績を上げることで賞金を得るという方法です。また、装備やキャラクター、土地などのNFTアイテムを売って稼ぐこともできます。タイトルによっては、持っているアイテムやキャラクターなどを他のプレーヤーにレンタルできるものもあります。期間とアイテムによってレンタル料を設定して稼げます。さらに、ゲームで得たトークンやコインにステーキングシステムがあれば、保有しているだけで利益を得られます。こうしたいくつもの稼ぎ方のパターンを併用して、効率よく稼ぎたいものです。

トークンを交換する

ゲームで得たコインなどは、特典と交換できたり日本円に換金できたりします。どの交換対象が一番割に合っているかを比較することや、コインの価格変動を見極めて、より利益が高くなるタイミングで換金することが重要です。

気軽に遊べるスマホNFTゲームを始めてみよう

NFTゲームはスマホで遊べるものが増えてきて、かなり身近な存在となっています。たくさんのタイトルがありますので、好みのジャンルや稼ぎやすいと思われるゲームを見つけて、さっそく始めてみましょう。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次