仮想通貨 パレットトークンの特徴・オワコンではない理由を解説!

仮想通貨 パレットトークンの特徴・オワコンではない理由を解説!

この記事で解決できるお悩み

  • パレットトークン(PLT)はもうオワコンなの?
  • パレットトークン(PLT)の将来性はある?
  • どの仮想通貨を購入しようか迷ってます…

本記事では、暗号資産「パレットトークン(PLT)」はもうオワコンなのか、独自分析を交えて徹底解説していきます!

また、特徴や、今後の将来性についても解説しているので、オワコンかそうでないかの判断材料にしてくださいね。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

パレットトークン(PLT)はオワコン?

パレットトークン(PLT)はオワコン?

まず初めに、パレットトークン(PLT)がなぜオワコンと言われているのか、その理由から考察していきます。

パレットトークンがオワコンと言われる理由

  • NFT市場の縮小
  • 運営会社の赤字
  • コンテンツの縮小

オワコンと言われる理由1「NFT市場の不振」

一つ目の理由は、NFT市場が縮小したことです。NFT市場は一時期のブームが去り、取引高の低迷が続いています。有名NFTアーティストの作品価格が下落していることからみても需要が失われつつあり、NFTと関わりの深いパレットトークン(PLT)もオワコンとささやかれています。

オワコンと言われる理由2「運営会社の赤字」

二つ目の理由は、パレットトークンを発行している株式会社HashPaletteの赤字経営です。パレットトークン(PLT)を発行した2021年当初は黒字を維持していたものの、2024年3月期 Q3決算開示では当期純利益が416百万円の赤字に陥っています。この業績もパレットトークン(PLT)がオワコンと言われる理由でしょう。

オワコンと言われる理由3「コンテンツの縮小」

パレットトークンは、NFTプラットフォーム「Palette(パレット)」上で使用されるトークン。プラットフォーム上で利用できるコンテンツが少ないという声も聞かれます。また、Paletteを利用して展開していた「CryptoNinjaParty」のサービス終了など既存コンテンツの縮小も、オワコンといわれる理由でしょう。

パレットトークン(PLT)はオワコンではない!

パレットトークンはオワコン?上がる?

結論、パレットトークン(PLT)はオワコンではない!と言えます。

オワコンでない理由1「話題性」

パレットトークン(Palette Token)は、2021年に国内で初めてIEOによって発行された仮想通貨(暗号資産)であるという話題性も市場で注目されるポイントとなるでしょう。

オワコンでない理由2「将来性」

今後、独自プラットフォーム「パレット(Palette)」の技術発展や、NFTゲームの利用者が増加することによって、価格の上昇が大いに期待できます。

オワコンでない理由3「市場の活性」

今では時価総額11位まで上り詰めた 柴犬コイン も、かつては市場で見向きもされない時期がありました。しかし、同系のドージコインが急騰したことに影響を受けてSHIBも急騰したのです。

以上のことから、パレットトークン(PLT)がオワコンと判断するのは時期尚早といえるでしょう。

そもそもパレットトークン(Palette Token)とは?

パレットトークン(PLT)公式サイト
名称パレットトークン
通貨単位PLT
開発者株式会社HashPalette
発行日2021年7月
発行上限数10億枚
承認方式PoA(Proof of Authority)
現在の価格5.49円
時価総額2,788,890,528円
時価総額ランキング5573位
詳細公式サイト
出典:2024年6月14日、CoinMarketCap調べ

パレットトークン(PLT、Palette Token)は、日本のブロックチェーン企業Hash Paletteが開発したブロックチェーン「Palette(パレット)」のネイティブトークンです。

ネイティブトークンとは、そのブロックチェーンで使われることを目的として作られた暗号資産(仮想通貨)を指します。例えば、ビットコインのネイティブトークンはBTC、イーサリアムのブロックチェーンはETHです。

PaletteはNFTに特化したブロックチェーンプラットフォーム。パレットトークンは、PaletteでのNFTの決済やステーキングなどに用いられています。

円のリアルタイムチャート|CoinMarketCapでチェック

仮想通貨 パレットトークンの特徴を解説

パレットトークン(PLT)
総合評価
( 4 )
メリット
  • NFTに特化したブロックチェーン
  • コンソーシアム型のプライベートチェーン
  • ステーキングサービスを利用できる
  • クロスチェーンに対応
  • 国内初のIEO対象銘柄

NFTに特化したブロックチェーン

ブロックチェーンには例えばイーサリアムのように、DeFi(分散型金融)やゲーム、NFTマーケットプレイスなどのアプリケーションを自由に設計できる、汎用性の高いプラットフォームがありますよね。一方でPaletteは、ゲームを中心としたエンタメ、NFTマーケットプレイスの分野に特化したプラットフォーム。Paletteを基盤とするNFTゲームでは、「エルフマスターズ」「CryptoNinja Party!」などが有名です。

エルフマスターズ公式サイト
出典:エルフマスターズ公式サイト
CryptoNinja Party!公式サイト
出典:CryptoNinja Party!公式サイト

コンソーシアム型のプライベートチェーン

Paletteは、一定の条件を満たした複数の企業から成る「パレットコンソーシアム」によって運営され、参加企業はPaletteのノード運営やブロック生成などに携わっています。またPaletteは、パレットコンソーシアムに認められた企業がDAppsを開発する「プライベートチェーン」。イーサリアムのような誰でもDApps開発ができるパブリックブロックチェーンとは一線を画しているのが特徴です。

ステーキングサービスを利用できる

パレットトークン(PLT)の特徴の一つに、ステーキングサービスを受けることができるという点があります。ステーキングサービスとは、仮想通貨を一定期間保有しブロックチェーンの安定の維持に貢献すると、見返りとして報酬をもらえる仕組みです。

ただしステーキングには、保有枚数が少ないと利益を得られない、ステーキングサービス利用中は仮想通貨を自由に動かせないなどデメリットもあることを覚えておきましょう。

クロスチェーンに対応

Paletteは、イーサリアムなど多くのブロックチェーンにクロスチェーン対応しています。クロスチェーンとは、ブロックチェーン同士を相互運用させる技術を指します。クロスチェーン技術により例えば、他のブロックチェーン上に存在するNFTをPletteチェーンに移動させることも可能です。

パレットトークンは国内初のIEO対象銘柄

仮想通貨PLTは国内初のIEO銘柄としても有名です。IEO(Initial Exchange Offering)とは、仮想通貨を使った資金調達手段を指します。パレットトークンのIEOは2021年7月1日に、Coincheck(コインチェック)で実施され多くの注目を集めました。

パレットトークン(PLT) は上がる?価格推移をチェック

パレットトークン(PLT)はこのさき上がるのかを考察するために、2021年、2022年、現在に分けて価格推移について解説していきます。

パレットトークンが発行されてから現在に至るまでの推移を見ることができるので、「上がるかどうか」の判断にぜひお役立てください。

「2021年」の価格推移

パレットトークン(PLT)は2021年7月にCoincheckで国内初のIEOによって発行され、4.05円で取引がスタートしました。

話題性から人気が高まり、同年8月には80円~90円の間で推移します。

しかし、10月からは市場の下落に連動して値を下げ、12月には50円を下回りました。

「2022年」の価格推移

2022年に入るとパレットトークン(PLT)は大幅な下落を始めます。

年初には40円台でしたが、売りが続き12月には8円を下回っています。

4月にはNFTマーケットプレイス「PLT Place」がローンチされました。しかし価格が大きく上がることはなく「オワコン」というワードが目立つようになりました。

「2023年~リアルタイム」の価格推移

パレットトークンの2023年の価格推移は、以下の通りです。

パレットトークン(PLT)のチャート推移|2023
出典:Coincheck

パレットトークンの現在(2024年6月)の価格推移は、以下の通りです。

パレットトークン(PLT)のチャート推移|2024
出典:Coincheck

2023年当初は6円台まで値を下げていましたが徐々に回復し、直近の最高値17円台まで上昇しました。しかし長続きはせず、現在は5円台を推移しています。

現在のリアルタイム価格推移は「CoinMarketCap」で確認できます。

パレットトークン(PLT)の2025年のAI価格予想

パレットトークン(PLT)の2025年のAI価格予想

仮想通貨「パレットトークン」の2025年のAI価格予想について検索しましたが、具体的な記載はありませんでした。パレットトークンの時価総額は2024年6月13日時点で5573位。

現時点では時価総額1位の「ビットコイン(Bitcoin)」や、2位の「イーサリアム(Ethereum)」などと比べて市場での人気にも大きな差があるので無理はないでしょう。

試しに、Googleの提供するAIツール「Gemini」に『パレットトークンの2025年末の価格予測を教えて』と聞くと、強気弱気の両方の予想が返ってきました。

強気な予想では、2025年末までに31.0円から43.4円まで上昇。弱気な予想では、2025年末までに18.6円から27.9円まで上昇すると予測されています。

1ドル=155円で計算

DigitalCoinPrice23.25~38.75
CoinPriceForecast18.6~31.0
WalletInvestor27.9~43.4

ただし、AIによる予測であって信憑性を保証するものではないため、あくまで参考値として捉えておくと良いでしょう。

パレットトークン(PLT)の今後・将来性

パレットトークンは、国内初のIEO対象銘柄として、一時はその価値が高騰するなど注目を集めました。

第一に、パレットトークン(PLT)はNFTゲームの分野で、一定の支持を保っています。今後、NFTプラットフォーム「Palette」でコンテンツが充実してくると価格も上昇してくるでしょう。

また、仮想通貨の世界は日々変化しており、新たな動きが生まれる可能性も十分にあります。さらに、パレットトークン(PLT)は国内での認知度が高く、これからのブロックチェーン技術の普及に一役買う可能性もあります。

これらの要素を考慮に入れ、パレットトークン(PLT)の今後・将来性を見極めることが重要と言えるでしょう。以下では、パレットトークン(PLT)の買い方、そしてまとめへと進めていきます。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

暗号資産 パレットトークン(PLT)の買い方

パレットトークン(PLT)の買い方

ここからはパレットトークン(PLT)の買い方について、4つの手順に分けて解説していきます。シンプルに分かりやすく説明しているので、初心者の方も安心してください♪

パレットトークンの購入方法
  1. 買い方1「暗号資産取引所で口座開設」
  2. 買い方2「ウォレットに投資金額を入金」
  3. 買い方3「チャートで値動きを見て分析」
  4. 買い方4「注文方法と数量を決めて購入」

それでは見ていきましょう。

買い方1「暗号資産取引所で口座開設」

パレットトークン(PLT)の買い方の初めの手順は、暗号資産取引所での口座開設です。今回は多くの仮想通貨に対応しているCoincheck(コインチェック)を利用した購入方法を解説していきます。

Coincheck(コインチェック)は、無料で口座開設できるため、初心者がはじめて開設するのに最適な 取引所です。

コインチェックの公式サイトはこちら

買い方2「ウォレットに投資金額を入金」

Coincheck(コインチェック)での口座開設が完了したら、そのウォレットにパレットトークン(PLT)を購入するための資金を入金しましょう。

入金は、銀行振り込み・クイック入金・コンビニ入金から選ぶことができるので、入金しやすい方法を選んでください。入金方法によって手数料が異なるので、事前にCoincheck(コインチェック)の公式サイトで確認しておくと安心です。

買い方3「チャートで値動きを見て分析」

ウォレットに入金が確認できると、パレットトークン(PLT)の購入が可能になります。しかし仮想通貨を衝動買いすると大金を失う可能性もあるため、事前にチャートの値動きを見て分析し、購入すると良いでしょう。

Coincheck(コインチェック)に搭載されているチャートは非常に高性能であるため、さまざまな機能を使った分析が可能です。仮想通貨初心者には難しいかもしれませんが、少しづつツールの使い方やチャートの見方に慣れていきましょう。

買い方4「注文方法と数量を決めて購入」

チャート分析でよいタイミングが来たら、数量を決めて購入します。しかしCoincheck(コインチェック)では、パレットトークン(PLT)の販売は行っていないため、ユーザー同士で取引する「取引所」を利用しましょう。

取引画面で希望の購入レートや数量を入力して注文し、他のユーザーとの取引が成功すると、ウォレットにPLTが追加されるという仕組みです。

Coincheck(コインチェック)は、「取引所」での取引に手数料がかからないため、初心者でも利用しやすいでしょう。

パレットトークン(PLT)を購入できる仮想通貨取引所

パレットトークン(PLT)を購入できる主な「仮想通貨取引所」は、以下の通りです。

  1. Coincheck
  2. bitFlyer
  3. BitTrade
  4. OKcoin Japan
  5. CoinTrade

これらの取引所では、日本円でPLTを購入することができるので初心者でも安心です♪

上記の中でもアプリが使いやすくオススメなのが、Coincheck(コインチェック)です。

すでに他の交換業者を利用している人も、無料で解説できるのでCoincheckの口座を持っておいてそんはないでしょう。

Coincheckがおすすめな理由1「取扱数」

Coincheckは2024年6月現在、「販売所」形式で29種類、「取引所」形式で8種類の仮想通貨を取り扱っています。

パレットトークン(PLT)だけでなく、他にも色々な仮想通貨を取引してみたい方にオススメ!

ただしCoincheckでパレットトークン(PLT)を購入できるのは「取引所」形式のみ。また、「取引所」形式はブラウザのみに対応している点には注意が必要です。

Coincheckがおすすめな理由2「手数料」

おすすめな理由2つめは取引手数料。Coincheckでは「取引所」形式の手数料が無料となっています。

Coincheck

アプリDL数5年連続1位の実績!

総合評価
口コミ平均評価
編集部評価
  • マネックス証券でお馴染みのマネックスグループで金融ノウハウが集積!
  • 暗号資産を始めたい初心者に最適
手数料(BTC)販売所:スプレッド
取引所:
Maker 0.000%・
Taker 0.000%
最低取引(BTC)販売所:500円相当
取引所:0.005BTC
レバレッジ取引
(最大倍率)
なし
つみたてあり
レンディングあり
ステーキングあり
NFTサービスあり
Coincheck:関東財務局長 第00014号
販売所方式での取扱通貨(29種類)

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、LINK、MATIC、MKR、MONA、SAND、SHIB、XLM、LSK、XEM、QTUM、IOST、PLT、DOT、FNCT、DAI、IMX、WBTC

取引所方式での取扱通貨(8種類)

BTC、ETC、MONA、PLT、LSK、FNCT、DAI、WBTC

パレットトークン(PLT)のよくある質問Q&A

パレットトークン(PLT)のよくある質問

パレットトークン(PLT)のよくある質問と回答は以下の通りです。

パレットトークン(PLT)はオワコンですか?

話題性、将来性、市場の活性、という観点から現時点でパレットトークン(PLT)がオワコンと判断するのは時期尚早でしょう。

パレットトークンは日本円でいくらですか?

1PLT=5.85円あたりで推移しています。(2024年6月2日現在、CoinMarketCap調べ)

パレットトークンとはどんな暗号資産ですか?

日本のブロックチェーン企業Hash Paletteが開発したブロックチェーン「Palette(パレット)」のネイティブトークンです。

パレットトークン(PLT)とは何ですか?

PaletteはNFTに特化したブロックチェーンプラットフォーム。 パレットトークンは、 PaletteでのNFTの決済やステーキングなどに用いられています。

パレットトークンは何位ですか?

時価総額ランキングで5573位です。(2024年6月12日現在、CoinMarketCap調べ)

まとめ:パレットトークン(PLT)はオワコンではない!

この記事では、 「仮想通貨 パレットトークンの特徴・オワコンではない理由を解説!」について解説してきました。

パレットトークン(PLT)は2021年7月に国内初のIEOで発行されたプラットフォーム「パレット(Palette)」で利用できる仮想通貨です。

現時点の価格・時価総額をみると「パレットトークン=オワコン」という意見もありますが、今後の仮想通貨・NFT市場の拡大とともに上昇していくことが期待できます。

この機会に、パレットトークン(PLT)ならびに仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次