本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

パレットトークン(PLT)はオワコン?今後の将来性について徹底分析!

パレットトークン(PLT)はオワコン?今後の将来性について徹底分析!

この記事で解決できるお悩み

  • 仮想通貨パレットトークン(PLT)はもうオワコンなの?
  • 仮想通貨パレットトークン(PLT)の将来性はある?
  • どの仮想通貨を購入しようか迷ってます…

こんな悩みを解決できます!

「株式・暗号資産」投資歴12年の僕が解説します。

本記事では、仮想通貨パレットトークン(PLT)はもうオワコンなのか、独自分析を交えて徹底解説していきます!

また、特徴や、今後の将来性についても解説しているので、オワコンかそうでないかの判断材料にしてくださいね。

Coincheckがおすすめの理由5選!

\最短5分で申込完了!/

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

パレットトークンはオワコン?上がる?

パレットトークンはオワコン?上がる?

パレットトークン(PLT)は一体オワコンなのでしょうか?その疑問を解消するため、今回はパレットトークン(PLT)の現状と将来性について深堀りしてみましょう。

今後の動向・将来性

パレットトークン(PLT)は、国内初のIEO対象銘柄として、一時はその価値が高騰するなど注目を集めました。しかし、その後の価格の下落や取引量の減少などから、「パレットトークン(PLT)はオワコンではないか?」という声が上がっています。しかし、一概にオワコンと判断するのは早計かもしれません。

第一に、パレットトークン(PLT)はNFTゲームの分野で、一定の支持を保っています。また、仮想通貨の世界は日々変化しており、新たな動きが生まれる可能性も十分にあります。さらに、パレットトークン(PLT)は国内での認知度が高く、これからのブロックチェーン技術の普及に一役買う可能性もあります。

これらの要素を考慮に入れ、パレットトークン(PLT)の将来性を見極めることが重要と言えるでしょう。以下では、パレットトークン(PLT)の特徴から買い方、そしてまとめへと進めていきます。

パレットトークンとは?オワコンでない理由

パレットトークン(PLT)公式サイト
名称パレットトークン
ティッカーシンボルPLT
開発者株式会社HashPalette
発行日2021年7月
発行上限数10億枚
承認方式PoA(Proof of Authority)
現在の価格8.21円
時価総額ランキング4436位
詳細公式サイト
出典:2024年3月15日、CoinMarketCap調べ

パレットトークン(PLT、Palette Token)は、日本のブロックチェーン企業Hash Paletteが開発したブロックチェーン「Palette(パレット)」のネイティブトークンです。

ネイティブトークンとは?

ネイティブトークンとは、そのブロックチェーンで使われることを目的として作られた暗号資産(仮想通貨)を指します。例えば、ビットコインのネイティブトークンはBTC、イーサリアムのブロックチェーンはETHです。

PaletteはNFTに特化したブロックチェーンプラットフォーム。
パレットトークンは、PaletteでのNFTの決済やステーキングなどに用いられています。

パレットトークン(PLT)の特徴を徹底解説

パレットトークン(PLT)
メリット
  • NFTに特化したブロックチェーン
  • コンソーシアム型のプライベートチェーン
  • ネットワーク手数料(ガス代)が不要
  • クロスチェーンに対応
  • 国内初のIEO対象銘柄
NFTに特化したブロックチェーン

ブロックチェーンには例えばイーサリアムのように、DeFi(分散型金融)やゲーム、NFTマーケットプレイスなどのアプリケーションを自由に設計できる、汎用性の高いプラットフォームがありますよね。

一方でPaletteは、ゲームを中心としたエンタメ、NFTマーケットプレイスの分野に特化したプラットフォーム。Paletteを基盤とするNFTゲームでは、「エルフマスターズ」「CryptoNinja Party!」などが有名です。

エルフマスターズ公式サイト
出典:エルフマスターズ公式サイト
CryptoNinja Party!公式サイト
出典:CryptoNinja Party!公式サイト
コンソーシアム型のプライベートチェーン

Paletteは、一定の条件を満たした複数の企業から成る「パレットコンソーシアム」によって運営され、参加企業はPaletteのノード運営やブロック生成などに携わっています。

またPaletteは、パレットコンソーシアムに認められた企業がDAppsを開発する「プライベートチェーン」。イーサリアムのような誰でもDApps開発ができるパブリックブロックチェーンとは一線を画しているのが特徴です。

ネットワーク手数料(ガス代)が不要

取引の内容をブロックチェーンへ記録する際には、手数料(ガス代)が発生することが一般的ですよね。でもPaletteでは、ガス代の支払いを請求されることはありません。

太っ腹ですよね。
これは例えば、NFTゲームに挑戦したい初心者でも、参入しやすくなっていることを意味します。

クロスチェーンに対応

Paletteは、イーサリアムなど多くのブロックチェーンにクロスチェーン対応しています。

クロスチェーンとは?

ブロックチェーン同士を相互運用させる技術を指します。

クロスチェーン技術により例えば、他のブロックチェーン上に存在するNFTをPletteチェーンに移動させることも可能です。

国内初のIEO対象銘柄

仮想通貨PLTは国内初のIEO銘柄としても有名です。

IEO(Initial Exchange Offering)とは?

仮想通貨を使った資金調達手段を指します。

IEOは2021年7月1日に、Coincheck(コインチェック)で実施され多くの注目を集めました。

PLTの買い方・購入方法を解説

パレットトークン(PLT)の買い方

仮想通貨パレットトークン(PLT)の将来性に期待が持てると感じた方は、実際に購入してみたくなってきたことでしょう。PLTの買い方は以下の通りです。

  1. 暗号資産取引所に口座を開設
  2. ウォレットに入金(*1)
  3. 取引画面で、購入したい数量と価格を入力します
  4. 注文が成立すると、PLTが口座に反映されます

暗号資産取引所にもよりますが、入金方法には銀行振込、クレジットカード、コンビニ入金などがあります。

購入できる取引所

パレットトークン(PLT)を購入できる主な取引所は、以下の通りです。

  1. Coincheck
  2. bitFlyer
  3. BitTrade
  4. OKcoin Japan
  5. CoinTrade

これらの取引所では、日本円でPLTを購入することができるので初心者でも安心です♪

上記の中でもアプリが使いやすくオススメなのが、Coincheck(コインチェック)です。

すでに他の交換業者を利用している人も、無料で解説できるのでCoincheckの口座を持っておいてそんはないでしょう。

Coincheck

アプリDL数5年連続1位の実績!

総合評価
口コミ平均評価
編集部評価
  • マネックス証券でお馴染みのマネックスグループで金融ノウハウが集積!
  • 暗号資産を始めたい初心者に最適
手数料(BTC)販売所:スプレッド
取引所:
Maker 0.000%・
Taker 0.000%
最低取引(BTC)販売所:500円相当
取引所:0.005BTC
レバレッジ取引
(最大倍率)
なし
つみたてあり
レンディングあり
ステーキングあり
NFTサービスあり
Coincheck:関東財務局長 第00014号
販売所方式での取扱通貨(29種類)

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、LINK、MATIC、MKR、MONA、SAND、SHIB、XLM、LSK、XEM、QTUM、IOST、PLT、DOT、FNCT、DAI、IMX、WBTC

取引所方式での取扱通貨(8種類)

BTC、ETC、MONA、PLT、LSK、FNCT、DAI、WBTC

PLTはオワコン?今後の動向・将来性まとめ

今回は、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴や、今後の将来性について、独自分析を交えて徹底解説してきました。

PLTを購入する際には、これらの情報を元にリスクを十分理解した上、正しい判断をしてくださいね。

もちろん、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶこともお忘れなく!

Coincheckがおすすめの理由5選!

\最短5分で申込完了!/

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
パレットトークン(PLT)はオワコン?今後の将来性について徹底分析!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次