柴犬コイン(SHIB)のNFTとは?THE SHIBOSHISについて徹底解説

柴犬(SHIB)トークンのNFTが話題沸騰!SHIBOSHISを今すぐゲットして人気を共有しよう

今、柴犬(SHIB)トークンの世界が熱い!最新のNFT、SHIBOSHISが注目を浴びています。このデジタルアートは、一瞬で売り切れたという人気ぶり。その魅力は何と言っても、ユニークなキャラクターとその所有権を手に入れられること。さらに、柴犬(SHIB)トークンを持つことで、コミュニティ内での地位も向上します。あなたも今すぐSHIBOSHIS NFTをゲットして、この波に乗りませんか?柴犬のキャラクター、かぼすちゃんのNFTが4.7億円で落札された事例もあり、その人気は侮れません。

目次

柴犬コイン(SHIB)とは何か?

柴犬トークンの幻想的イメージ

まず初めに、柴犬(SHIB)トークンの基本を確認しておきましょう。

柴犬コイン(SHIB)=DOGEコインキラーの名前を持つ

柴犬コイン(SHIB)は、デジタル通貨の世界で急速に人気を博している仮想通貨の一つ。

その名前は、人気のある日本の犬種「柴犬」から取られていて、ユニークなブランディングと共に、価値と影響力を高めています。

柴犬コイン(SHIB)は、匿名の開発者「Ryoshi」によって2020年に作られ、その価値は驚異的なスピードで増加し続けているんです。

開発者は、柴犬コイン(SHIB)を「ドージコイン(DOGE)キラー」と呼んでいました。

それには、ドージコイン(DOGE)と同じような、しかしより高度な機能を持つ仮想通貨を作り出すという思いがあったようです。

特定のユーザーが何億円もの富を得たリアル・ストーリー

柴犬コイン(SHIB)とは、イーサリアムブロックチェーン上に存在する仮想通貨の一つで、柴犬をマスコットに持つことで知られています。

しかしながら、柴犬(SHIB)トークンの特徴はその愛らしいマスコットだけではありません。

SHIBは、そのユニークなエコシステムとコミュニティの力を組み合わせて、通常の仮想通貨とは一線を画する存在となっています。

そして、その価値は一部のユーザーにとっては何億円にも上る富をもたらす可能性があります。

その実例として注目されているのが、特定のユーザーがSHIBを早期に取得し、その価格が急騰したことによって得た莫大な富のストーリーです。

関連:柴犬コインが1円に達して億り人になる可能性とは?今後の将来性を徹底解説【最新】

柴犬コイン(SHIB)のNFTが話題の理由

ここからは、柴犬コイン(SHIB)のNFTが話題の理由について徹底解説します。

SHIBOSHIS NFTの特徴とその魅力

Open seaで販売されているTHE SHIBOSHIS

引用:OpenSea

THE SHIBOSHISは、キュートな柴犬をモチーフにしたNFTコレクション。

2021年10月にリリースされた際には、わずか数分で全てのNFTが完売したことで注目度も急上昇しましたよね。

全10,000種のキャラクターはそれぞれ異なる容姿で、すべてが唯一無二の存在というところも所有感を高めてくれるのでしょう。

公式サイトの説明では、将来的にTHE SHIBOSHISのホルダーが自分のNFTを、ブロックチェーンゲーム内で使用できるようになるとのこと。

今後の将来性に大きな期待が持てそうですよね!

なお、2024年2月14日現在、NFTマーケットプレイスのOpenSeaで販売されているTHE SHIBOSHISの最低価格は、0.198ETHとなっています。

THE SHIBOSHISがもつ一点物の価値

THE SHIBOSHISのホルダーが体験できる特別な価値について見ていきます。

まず、SHIBOSHISは全てが一点なので、「自分だけ」という所有感を感じることができますよね!

また将来的には、ゲーム内で使用できるキャラクターとしてオリジナリティも出せるでしょう。

さらに、これらのNFTを売買することで収益を得ることも可能なので、資産としてのメリットもありますよね。

これらの要素が組み合わさることで、SHIBOSHISのホルダーが体験できる独特な価値が生まれ、その魅力が高まっているのでしょう。

柴犬コイン(SHIB)のNFTをゲットする方法

①:Metamaskでウォレットを作る

暗号資産(仮想通貨)のウォレットは、NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲームを利用する際に必要なのはご存知でしょうか。

その数あるウォレットの中でも人気で多くのユーザーが利用しているのがMetaMask(メタマスク)です。

②:暗号資産取引所の口座を開設する

MetaMaskを利用する際は、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨を購入できる暗号資産取引所の口座も、準備しておくと良いでしょう。

ちなみに、NFTマーケットでの取引では一般的に、イーサリアムが多く利用されています。

③:OpenSeaで購入する

最後に、THE SHIBOSHISを販売しているNFTマーケットプレイス「OpenSea」で購入します。

柴犬コイン(SHIB)のNFTの人気を共有しよう

SHIBOSHIS所有者のコミュニティとその活動

柴犬(SHIB)トークンのNFT、SHIBOSHISを所有している人々は、単なるトークン保有者ではなく、一体感と共有の喜びを持つコミュニティの一員となっています。このコミュニティでは、SHIBOSHISの持つ独特の特性や稀少性を活かした様々な活動が行われています。例えば、NFTの所有者間で行われる売買、SHIBOSHISの特性を活かしたゲームの開発、SHIBOSHISの価値を高めるためのプロジェクトなど、持ち主の創造性が発揮されています。また、このコミュニティはSNSを通じて世界中に広がり、多くの情報交換やディスカッションが行われています。所有者自身がSHIBOSHISの価値を高め、コミュニティを盛り上げるための努力が見られるのが特徴です。さらに、このコミュニティの活動はSHIBOSHISの人気を高めており、新たな所有者を増やし、市場価値を上昇させています。これからもSHIBOSHIS所有者コミュニティは、NFTの可能性を追求し続けるでしょう。

SHIBOSHISを通じて世界と繋がる方法

柴犬(SHIB)トークンのNFT、SHIBOSHISを通じて、世界とのつながりを深める方法について詳しく説明します。まず、SHIBOSHISは、柴犬(SHIB)トークンのエコシステム内で使用できるNFT(非代替性トークン)の一種です。これは、デジタルアート作品やゲーム内アイテムなど、ユニークなデジタル資産を表現するためのトークンで、それぞれが一意の価値を持つことを保証します。

SHIBOSHISを所有することで、世界中の他の所有者との交流が可能となり、それぞれのSHIBOSHISが持つユニークな特性や価値について議論したり、取引したりすることができます。また、SHIBOSHISを使用してゲームをプレイしたり、アート作品として展示したりすることで、自己表現の一環として、または投資として活用することもできます。

さらに、SHIBOSHISはブロックチェーン技術を活用しているため、所有権の証明や取引記録は透明で確認可能であり、世界中で公平に取引することが保証されています。これにより、地理的な制約なく、全世界のユーザーと繋がることが可能となります。

以上のように、SHIBOSHISを通じて、デジタル資産の交換、ゲームプレイ、アートの鑑賞などを通じて、世界中のユーザーと繋がり、新たな価値を創造していくことが可能です。

かぼすちゃんの写真NFTが4.7億円で落札された事例

柴犬コインの開発チームによって運営されているNFT「THE SHIBOSHIS」とは違った形で人気のでた事例をご紹介します。

それは、「DOGE(ドージ)」の名で親しまれる柴犬「かぼすちゃん」です。

「かぼすちゃん」は元々、飼い主でブロガーのかぼすママさんが、自身のブログ「かぼすちゃんとおさんぽ。」で公開した写真から人気が高まりました。

「かぼすちゃん」の写真データがNFTのオークションに出品され、なんと4.7億円で落札されたという事例がありました。

ブロックチェーン技術を利用し、デジタルアートに「一点もの」という付加価値をつけたことで、入札価格が高騰しています。

「かぼすちゃん」の写真NFTが高値で取引された背景には、そのレア度や固有の価値。

そして何よりもその「かぼすちゃん」自体が持つ人気と愛され度が影響していると言えます。

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
柴犬(SHIB)トークンのNFTが話題沸騰!SHIBOSHISを今すぐゲットして人気を共有しよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次