リップル(XRP)が100万円になる可能性とは?価格予想と将来性を解説【最新】

ずるいお金の稼ぎ方|意外な10選を紹介!副業する際のヒントとコツ

リップル(XRP)の特徴を知りたい方、100万円になる可能性を探求したい方へ。

本記事では、リップルの特性から100万円になる将来性、また、購入方法まで詳しく解説します。さらにXRPに関するよくある質問もまとめています。

ぜひ最後までご覧ください。

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]


\今すぐ仮想通貨取引を始めたい方/

当サイトで人気の仮想通貨取引所はこちら

スクロールできます
仮想通貨取引所名特徴公式サイト
Coincheckアプリダウンロード数No.1!初心者向き
DMMビットコインレバレッジ取引銘柄 国内No.1!中級者向き
GMOコインNFTサービスも充実!初心者〜中級者向き

目次

リップル(XRP)とは?4つの特徴を徹底解説

リップル(XRP)は、デジタルペイメントプロトコルを開発するアメリカのテクノロジー企業、リップル社が提供するデジタル資産です。このセクションでは、リップル(XRP)の4つの主要な特徴を深掘りします。

リップル(XRP)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 主要な仮想通貨のひとつ
  • 手数料が安い
  • 送金速度が速い
  • 世界中の銀行で利用できる
名称リップル
通貨単価(ティッカーシンボル)XRP
ローンチ時期2012年
発行上限1000億枚
価格96.00円
時価総額ランキング6位

リップルは主要な仮想通貨のひとつ

リップル(XRP)は、中央集権型の仮想通貨。リップルのトークンXRPは、リップル社が発行・管理しており、そのため他のディセントライズ型の仮想通貨とは異なる特性を持っています。ビットコインやイーサリアムと並び主要な仮想通貨で、多くの取引所でも購入することができます。

リップルは、リアルタイムのグローバル決済ネットワークである特徴から、多くの投資家や金融機関の注目を集めているデジタル資産です。

手数料が安い

リップル(XRP)の最大の特徴の一つは、その低い取引手数料です。仮想通貨の取引には通常、手数料が発生しますが、リップルの場合はその手数料が非常に安いことが特徴です。

そのため、リップルはビジネスの現場でも活用されており、特に国際間の大量送金を行う金融機関などにとって、リップルは非常に有効な手段となっています。

送金速度が速い

リップルの特徴とも言える高速送金機能は、国際送金を主な目的として設計された仮想通貨であるため、他の主要な仮想通貨と比較して大幅に短い時間での送金が可能です。具体的には、送金処理が平均で約3〜5秒と、ビットコインなどの他の仮想通貨と比べても圧倒的に短い時間で完了します。

また、リップルが送金速度を重視する理由は、それがリップルの主要なビジネスモデル、つまり銀行や金融機関とのパートナーシップを通じた国際送金の効率化に直結しているからです。高速で安全な送金が可能であればあるほど、リップルのネットワークは銀行や金融機関にとって魅力的なものとなり、その結果としてリップルの価値は高まります。

世界中の銀行で利用できる

リップル(XRP)は、金融市場を変革するために設計されたデジタル通貨で、その機能性と効率性から世界中の銀行で広く利用されています。これらの特徴が、リップルが世界中の銀行で利用される理由となっています。

しかし、リップルの価値はこれだけにとどまりません。次の見出しでは、リップルが100万円になる可能性について解説します。

リップル(XRP)が100万円になる今後の将来性

リップル(XRP)の今後の将来性

ここからは、リップルが100万円になる将来性について解説します。

100万円になる条件①:運営会社が上場

リップル(XRP)が100万円になる将来性を探るためには、まず、その背後にある運営会社Ripple Labsの動向を見ることが重要です。Ripple Labsは現在、自社の公開上場を視野に入れているという情報が流れており、これが実現すれば、リップルの価値はさらに高まる可能性があります。その理由は、上場によってRipple Labsの透明性が高まり、投資家からの信頼が増すからです。また、上場により得られる資金はリップルの更なる開発やマーケティングに活用され、その結果、リップルのユーザー基盤や取引量が増加することが期待されます。さらに、Ripple Labsが上場すれば、リップル自体の認知度も相当に上がるでしょう。これらの要素が組み合わされば、リップルの価格は大きく動く可能性があります。しかし、上場は必ずしも成功するとは限らず、また上場がリップルの価格にどの程度影響を及ぼすかは不確定要素も多いので注意が必要です。今後のリップルの価格動向については、Ripple Labsの上場の動きに注目しながら見守ることが求められます。

100万円になる条件②:希少価値の認識

リップル(XRP)が100万円になる可能性を探るにあたり、まずはその希少価値の認識から考えてみましょう。XRPはリップルネットワークのネイティブデジタルアセットであり、その全供給量は最大で1000億XRPに固定されています。これはビットコインの2100万枚と比べてもはるかに多い数量ですが、全世界で取引されている通貨の量を考えれば、それぞれのXRPの価値は非常に高まる可能性があります。また、XRPの燃焼(消費)が行われるたびに、その供給量は減少し、希少性は増すという特性も持っています。リップル社の技術が広く採用され、XRPの需要が高まれば、供給量の限界と希少性が相まって価格上昇の要因となり得ます。ただし、そのためにはリップルのビジネスモデルが成功し、幅広い金融機関がリップルネットワークを利用するようになる必要があります。今後のリップル(XRP)の価値は、その技術的な優位性と市場での位置付け、そして希少価値がどの程度認識されるかによって左右されるでしょう。

100万円になる条件③:決済方法の一般化

リップル(XRP)が100万円になる可能性について考える際、その将来性を探る必要があります。まず、リップル(XRP)は、国際送金の手間と時間を大幅に削減するために作られたデジタル通貨です。この特性は、リップル(XRP)が金融機関や企業間の決済方法として一般化する可能性を示しています。現在、多くの主要な金融機関がリップルの技術を試験的に導入しており、それが成功すれば、リップル(XRP)の価値は飛躍的に上昇する可能性があります。

また、リップル(XRP)の価格を押し上げる可能性がある要素の一つは、その供給量です。リップル(XRP)の総供給量は1000億XRPで、現在市場に出回っている量はこの約半分です。この供給量の制限は、需要が増えれば価格を押し上げる可能性があります。さらに、リップル社は毎月一定量のXRPを公開市場に放出していますが、これが市場価格に影響を及ぼす可能性もあります。

さらに、リップル(XRP)の価格上昇を牽引する要素として、リップル社自体のビジョンと戦略があります。リップル社は、XRPを「インターネット・オブ・バリュー」の基盤と位置づけ、世界中の金融取引をより速く、安全にすることを目指しています。このビジョンが現実となれば、リップル(XRP)の価格は大きく上昇する可能性があります。

以上のような要素を考慮に入れると、リップル(XRP)が100万円になる可能性はあると言えるでしょう。それは、リップル(XRP)が金融システムに革命をもたらし、その価値が広く認識される未来を描くことができます。しかし、その実現は多くの要因に左右され、確実性はありません。したがって、投資を行う際には十分なリスク管理と情報収集が必要です。

100万円になる条件④:SECとの裁判でリップルが勝ったら…

リップル(XRP)が100万円になる可能性は、多くの投資家や観察家が熱心に注目しているテーマです。しかし、その背景には、リップル社がアメリカ証券取引委員会(SEC)との法的争いの一部を解決したことが大きく影響しています。

裁判のいきさつは2020年12月

アメリカの証券取引委員会(SEC)は、中央集権的な通貨として扱われるリップルは有価証券であり、有価証券登録をせずにリップルを販売していることは違法だとして、リップル社や創業者らを提訴しました。

リップル社としては、SECがXRPの販売は投資契約であるという点を証明できないとして、裁判では自分たちに有利な判決がされることをきたいしているが、すでに裁判は約3年が経過しても全面解決には至っていません。

2023年7月には裁判の一部でリップルが勝訴

上記の通り、リップルとSECは2020年から長らく裁判を続けていましたが、2023年7月13日にアメリカ地方裁判所が「XRP token itself is not a security」という部分的な判決を下し、注目を集めました。

裁判所の発表を受け、一時は前日比で+80%以上に急騰するなどし、今後の価格動向を注視しておく必要がありそうです。

以上の要素を踏まえ、リップル(XRP)が100万円になる可能性は一定の根拠を持っています。しかし、投資は自己責任で行うべきものであり、価格予想は必ずしも正確ではないことを理解しておく必要があります。

リップル(XRP)の買い方・購入方法を紹介

仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨リップル(XRP)を購入するためには、まずは仮想通貨取引所のアカウントを開設することが必要です。取引所は多数存在しますが、その中でも信頼性、取引量、使いやすさから選ぶと良いでしょう。ここでは、主要な取引所の特徴と、口座開設の手順を詳しく紹介します。

まず、取引所の選択ですが、国内の大手取引所ではビットフライヤー、コインチェックなどがあり、これらは日本円で直接リップルを購入することが可能です。また、海外の取引所ではBinance、Bitfinexなどがあり、こちらは英語対応となりますが、多種多様な仮想通貨を取り扱っています。

次に、口座開設の手順についてですが、基本的には以下の流れとなります。1. 取引所の公式サイトにアクセスし、アカウント作成ページへ移動する。2. 必要な情報(メールアドレス、パスワードなど)を入力し、アカウントを作成する。3. メールアドレスに送られてくる認証メールを確認し、アカウントを有効化する。4. 必要に応じて本人確認書類を提出し、口座開設を完了する。

購入資金を入金する

リップル(XRP)の購入にはまず、取引所に購入資金を入金する必要があります。取引所によりますが、通常、銀行振込やクレジットカード、デビットカードから直接入金する方法が提供されています。まずは登録した取引所の入金ページを開き、自分が利用できる入金方法を選択しましょう。次に入金したい金額を入力します。取引所によっては、一度に入金できる最低金額や最高金額の制限があるので、その点も確認しておきましょう。金額を入力したら、「入金する」または「送金する」ボタンをクリックします。その後、指示に従って操作を進めていくと、購入資金が取引所の口座に反映されます。この入金が完了したら、いよいよリップル(XRP)を購入する準備が整いました。注意点として、取引所によっては入金に手数料が発生する場合もありますし、反映に時間がかかることもあるので、それらを確認し、余裕をもって操作を行いましょう。また、初めての操作で不安な方は、取引所のサポートに相談すると安心です。

リップルの値動きをチャートで学ぶ

リップル(XRP)の価格変動を理解するためには、チャート分析が欠かせません。このセクションでは、リップルの値動きをチャートで詳しく学び、価格予測の手助けとする方法を解説します。まず基本的なチャートの見方から始め、リップル特有の動きやパターンを探るテクニックを紹介します。さらに、チャート分析に役立つ主要な指標やツール、それらをどのように使用するかも詳しく説明します。

さらに、過去のリップルの価格データを活用し、どのような要因が価格変動に影響を与えたのか、どのような状況で大きな値動きが起こったのかを考察します。これにより、未来の価格変動を予想する際に役立つ知識と経験を身に着けることができます。

また、リップルのチャート分析だけでなく、他の主要な暗号通貨との相関関係についても触れます。これは、リップルの価格動向が他の暗号通貨の動きと連動している場合、より広範な市場の動きを理解するのに役立つからです。

チャート分析はリップル投資の一部となりますが、投資する際は必ず自己責任で行い、適切なリスク管理を行うことが重要です。本記事が、あなたのリップル投資の成功に役立つ一助となれば幸いです。

実際にXRPを購入してみる

リップル(XRP)の買い方・購入方法を詳しく紹介します。まず初めに、XRPを購入するには、仮想通貨取引所を利用する方法が一般的です。その中でも、信頼性や取扱い通貨数、使いやすさを考慮して選ばれる取引所がおすすめです。取引所に登録したら、次に自分の口座に資金を振り込むことで、リップル(XRP)を購入するための準備が整います。

その後、取引所のプラットフォーム内でリップル(XRP)を検索し、購入画面に移ります。購入画面では、購入する数量や価格を指定することができます。数量は自分が購入したいXRPの数、価格は1XRPあたりの購入価格を指定します。設定が完了したら、「購入」ボタンを押すことで、取引が成立し、XRPがあなたのウォレットに入ります。

また、リップル(XRP)を購入する際の注意点として、価格の変動性について理解しておくことが重要です。仮想通貨は価格変動が激しいため、購入するタイミングによっては大きな損失を被る可能性もあります。そのため、リスク管理をしっかりと行いながら、自分自身の投資目標に基づいて購入することが求められます。

以上がリップル(XRP)の買い方・購入方法の基本的な流れです。初めて購入する方でも、この流れを理解しておけばスムーズに購入が可能です。リップル(XRP)の将来性に期待して、賢く投資を行いましょう。

リップルが100万円になる可能性に関するFAQ

リップル(XRP)に関するFAQ

最後に、XRPに関するよくある質問と回答をご紹介します。

1万円・10万円・50万円になる可能性は?

「100万円になる!?」というのは流石にハードルが高そうなので、リップル(XRP)が1万円・10万円・50万円になる可能性について見ていくと、やはり投資家の間でも様々な意見が出ています。

前述したようにXRPは、送金手数料の削減や送金スピードの向上といった、具体的なビジネス課題を解決することを目的に開発されました。その価値はXRPの技術がどれだけ社会に受け入れられ、普及するかが鍵となります。

XRPが100万円になる可能性とは?まとめ

今回は、XRPが100万円になる将来性について徹底解説してきました。

2030年までの中期的なスパンで見ても、XRPの持つポテンシャルから将来性はあると言えるでしょう。

XRPを購入する際には、これらの情報を元にリスクを十分理解した上、正しい判断をしてくださいね。

もちろん、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶこともお忘れなく!

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
ずるいお金の稼ぎ方|意外な10選を紹介!副業する際のヒントとコツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次