LSKコインを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

LSKコインを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

LSK(リスク)は、2016年に誕生したスマートコントラクトプラットフォームを基盤とした仮想通貨です。LSKは、スケーラビリティとセキュリティに優れたプラットフォームを目指して開発されており、分散型アプリケーション(DApps)の開発や運用に利用されています。

目次

LSK(リスク)コインの特徴

LSKの特徴は、以下のとおりです。

  • スケーラビリティ

LSKは、プラズマと呼ばれる技術を採用することで、スケーラビリティを向上させています。プラズマは、LSKのメインチェーンから分岐したサイドチェーンで、取引処理を分散させることで、処理速度や容量を向上させることができます。

  • セキュリティ

LSKは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。PoSは、ノードが保有するLSKの量に応じて、取引の承認を行う権利を与えることで、セキュリティを向上させることができます。

  • DAppsの開発や運用に適している

LSKは、スケーラビリティとセキュリティに優れているため、DAppsの開発や運用に適しています。LSKは、すでに多くのDAppsの開発や運用に利用されており、今後もDAppsの普及とともに、LSKの需要が高まると考えられます。

LSK(リスク)コインの買い方

LSKを購入するには、まず国内取引所に口座を開設する必要があります。口座開設手続きが完了したら、入金を行います。入金方法は、銀行振込、クレジットカード、コンビニ入金などがあります。

入金が完了したら、LSKの取引画面に移動します。取引画面で、購入したい数量と価格を入力して、購入注文をします。注文が成立すると、LSKが口座に反映されます。

LSKを購入できる国内取引所

  • Coincheck
  • GMOコイン

これらの取引所では、日本円でLSKを購入することができます。

Coincheck(コインチェック)

取り扱い通貨

BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、APE、AVAX、AXS、BAT、CHZ、ENJ、ETC、LINK、MATIC、MKR、MONA、SAND、SHIB、XLM、LSK、XEM、QTUM、IOST、PLT、DOT、FNCT、DAI、IMX、WBTC(29種類)

クリックすると公式サイトへジャンプします

まとめ

LSKは、スケーラビリティとセキュリティに優れた仮想通貨です。国内では、Coincheck、GMOコインの2社で購入することができます。

LSKを購入する際には、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
LSKコインを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次