メタバース世界で展開される「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の魅力と始め方

メタバース世界で展開される「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」の魅力と始め方

「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」は、メタバース(仮想空間)でゲームやイベント、アイテムの売買を楽しむことができるNFTゲームです。続々と大手企業が参入・提携し、注目を集めているこのゲームの魅力や将来の展望を取り上げます。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

「どこで始めたらいいかわからない」という方は、コインチェックの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

サンドボックスはブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)の一種

Facebook社の「Meta」への社名変更とともに、一気に注目のキーワードとなったのがメタバースです。仮想空間上で自分の分身(アバター)を利用してさまざまな活動を行うことができるメリットを活かし、さまざまなサービスやエンターテイメントが登場しています。

そんなメタバースの有効利用の代表とも言えるのがブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)です。これは、もともと暗号資産(仮想通貨)を取引するための基盤として使われている、ブロックチェーンを活用したうえで提供されているネット上のゲームです。

サンドボックスはそんなブロックチェーンゲームの一種であり、今後のメタバース市場の発展を牽引するサービスとして注目されています。このサンドボックス内で使用される通貨「SAND(サンド)」が仮想通貨の一種として注目を集める機会も増えています。

ですから、サンドボックスを始めようと思ったら、まずこのブロックチェーンゲームの特色を知っておく必要があります。単にゲームを楽しむのもよいですが、同じサンドボックス内にいる人たちとの交流の手段として、あるいは収益を得る手段として活用することも可能だからです。

サンドボックスのブロックチェーンゲームとしての特徴・魅力とは?

最大のポイントは、その名称の通り、ブロックチェーン技術が採用されていることでしょう。そもそも、この技術は仮想通貨の取引において、改ざんや不正を防ぐために導入されています。それをゲームに使用することで、仮想空間内での不正・改ざんを防ぐことができるのです。

誰かに勝手にデータを書き換えられるといった不正が行われる可能性は非常に低いため、安心してゲームを楽しむことができるだけでなく、サンドボックス内でアイテムの売買なども行うことができます。単なるゲームの枠を超え、交流やビジネスの場としての魅力が期待されているのも、このブロックチェーンの技術があってのことなのです。

サンドボックスを収益の手段としても利用できる!

さらに、ゲーム内でさまざまなアイテムを入手・購入する機会もあります。これは自分の資産として扱うことができ、売却することで利益を得ることも可能です。魅力的なアイテムをゲットすることで、高額で売却できるチャンスもあるかもしれません。

もうひとつ、ゲーム内で「稼ぐ」手段が得られるのもポイントです。詳しくは後述しますが、サンドボックス内で自分のゲームを作ったり、購入したLANDを貸し出したりといった方法で、コンスタントに収益を得る機会もあります。

楽しむだけでなく利益も得られる、しかも不正などの心配もなく安心して利用できる…これが、ブロックチェーン技術を採用したサンドボックスの大きな特徴・魅力となっているのです。

サンドボックスの口コミや評判

サンドボックスを始めるにはどうすればいい?

そんな魅力的なメタバースの世界に入るためには、ゲームのアカウントを作成する必要があります。原則無料でプレイできますが、アイテムの売買やゲーム内でのさまざまなイベントやゲームを楽しむためには、やはりある程度の資金は必要です。

サンドボックスのアカウントを作成する前に

サンドボックスを利用する前に注意したいのは、Webウォレットが必要になることです。まず、仮想通貨ウォレット「MetaMask」を作成するところから始めましょう。これを作成しておかないと、財布をもたずに旅に出るような形になってしまいます。

もうひとつ重要な過程となるのが、サンドボックス内の仮想通貨SANDの購入です。サンドボックス内ではこの仮想通貨で取引が行われるため、有料のサービスを利用する場合には必ずこの通貨が必要になります。

基本的には、国内でこの仮想通貨SANDを扱っているCoincheck(コインチェック)を利用することになるでしょう。この仮想通貨取引所で口座を作成し、SANDを購入することになります。なお、このCoincheckは金融庁の公認も受けている取引所です。他の取引所を利用する場合でも、信頼できる取引所かどうかをよく見極めたうえで選択しましょう。

気になるのはSANDの価格です。2021年後半に価格が高騰して800円台にまで達したこともありましたが、その後急下落し、ここ2年ほどは70円程度で推移しています。ご自身の懐事情を考慮したうえで相応しい分を購入しましょう。

そして、サンドボックスの公式サイトでアカウントを作成すれば準備は完了です。

サンドボックスをプレイするまでの手順

仮想通貨SANDを使える環境を用意し、サンドボックスのアカウントを作成することで、このメタバース空間への入口に立つことができたと言えるでしょう。しかし、まだこの段階では、すぐにメタバース空間で楽しめるわけではありません。メタバースの空間を十分に楽しむために、もう少し手順が必要になります。

肝心のサンドボックスをパソコンにインストールしましょう。これを行って、初めてゲームをプレイできるようになります。なお、この段階で先立って作成していたWebウォレット「Metamask」をサンドボックスと連動させます。この作業はログインの過程で簡単にできるので、難しいことは何もありません。

そして、いよいよメタバース空間で活動するための環境づくりに入ります。プロフィールの編集とアバターの作成です。この2つで設定した内容が、サンドボックスのメタバース空間での「あなた自身」となるわけです。プロフィールに関しては、他のユーザーとの交流の際に、あなたがどんな人物なのかを知ってもらう重要な情報源となるだけに、しっかりとしたものを作ることが重要です。

このプロフィールでは「何を伝えたいか」が非常に重要になってきます。同じ趣味を持っている人とスムーズに交流するために必要な情報、自分がサンドボックスで何かをしたいのかを知ってもらえる情報をできるだけ盛り込んでおきましょう。

アバターの作成・選択は、自分の容姿を忠実に再現したものでもよいですし、「仮想空間ではこうありたい」という姿にするのもアリです。自分の好みを反映したアバターにすることで、プロフィールを補足する形であなた自身のアピールに役立てることができるでしょう。顔や髪型だけでなく、ファッションも選択できますから、日常生活ではなかなかできないファッションで固めたアバターにするのもよいかもしれません。

注意したいのは、基本的にこの段階で作成ししたプロフィール&アバターが、サンドボックス内における「あなた自身」になるということです。いわば第一印象を決定づける部分ともなるわけですから、よく考えたうえで「メタバース上での自分自身に相応しい」自己イメージを作成していきましょう。

そもそもメタバース上のサンドボックスで何をするの?

メタバース上を舞台としたゲームですから、サンドボックスは「もうひとつの現実世界」としての面を持っています。例えば、近年になって有名企業がサンドボックスと提携し、LANDを購入する例が増えています。こうした有名企業はサンドボックス内に自社のサービスを提供する空間を作成する計画を立てており、オープンすればその空間において、ファンがアイテムの購入やイベントに参加できるようになります。

エイベックスやワーナーミュージックといった大手音楽会社もすでにサンドボックスと提携しており、メタバース空間内でアーティストのライブやイベントを開催する空間を作ることが発表されています。ゲームをプレイするのではなく、イベントに参加する楽しみ方もある、ということになります。

サンドボックスをプレイするうえで知っておきたい2つの概念

サンドボックスをプレイするうえで基本中の基本の概念となるのが、すでに登場したゲーム内の通貨「SAND(サンド)」とゲーム内の土地「LAND」です。仮想空間ですが、現実の世界と同じように土地が存在し、それが売買されているのです。

上記の有名企業の提携においても、ゲーム内のLANDを購入したうえで、その空間(土地)に企業のスペースを作成する形が取られています。もちろん、このLANDは有名企業でなくても購入することが可能です。

LANDを購入すれば、メタバース内に自分だけの空間を作ることができるだけでなく、これを賃貸に出すことも可能です。つまり、メタバース内で不動産投資を行うことができるのです。

この賃貸は仮想通貨SANDを介して行われますから、単なる「不動産投資ゲーム」ではなく、実際に仮想通貨の形で利益を上げることもできるのです。当然、購入にもお金がかかりますから、賃貸に出していかに購入費用をカバーすることができるかといった収支の計算も重要になってきます。ゲーム感覚で実際の不動産投資を行うことができるわけです。

このSANDとLANDの概念を知っておくことで、サンドボックスをより幅広く楽しむことができるようになるでしょう。

サンドボックスをより楽しむ方法

いろいろな楽しみ方があるだけに、単に始め方の手順を知っただけでは不十分です。自分がどんな形でサンドボックスを楽しむのか、どんな目的でサンドボックスを利用するのかをしっかり確認しておくことも、始め方における重要なポイントです。

大きく分けると、ゲームやイベント、アイテムの購入などもっぱら消費する楽しみ方と、サンドボックスの世界を利用して利益を得る楽しみ方があります。どちらをメインとするかによって、事前の準備や始める前の心構えなどにも違いが出てくるのです。

サンドボックスでは、ユーザーが自分でアイテムやゲームを作ることも可能です。大手企業がやろうとしていることは個人でも可能なのです。例えば、無料で利用できるVoxEdit(ボックスエディット)というツールを使用することで、キャラクターやアイテムなどを自由にデザイン・制作することが可能です。

自分のためのキャラクターを制作するだけでなく、制作したものを販売することもできます。これは、サンドボックス内にある「マーケットプレイス」と呼ばれる市場のような場所で行われます。多くの人から評価され、購入してもらえるようなアイテム・キャラクターを作ることができれば、多くの利益を上げることができるわけです。また、冒頭で挙げたように不正・改ざんがしにくいプロックチェーンの技術が使用されていますから、せっかく作ったアイテムを誰かに盗まれたり、勝手に改ざんされたり、といった心配もありません。

同じく、ゲームを作成し、多くの人にプレイしてもらうことで収益を得ることも可能です。ゲーム制作といってもプログラミングなどの専門的な知識は必要なく、サンドボックス内にある「Game Maker」というツールを使うことで、簡単に製作することができます。

サンドボックスのメタバース空間にはこうしたゲームが多数あり、サンドボックスというゲームの空間でさまざまなゲームを楽しむことができる、メタバースならではの環境が作り上げられています。ですから、ここで面白いゲームを制作してヒットすれば、多大な利益を得るチャンスが出てきます。

やり方次第で楽しみ方は無限大に!

このように、サンドボックスの楽しみ方は幅広く、ひとりひとり目的に合わせて違った楽しみ方ができるメタバース空間となっています。もちろん、始める時に決めた楽しみ方だけでなく、サンドボックスをしばらくプレイした後に違う方法を試してみるのもよいでしょう。例えば、サンドボックス内で見かけたアイテムやキャラクターを見て、「これなら自分でも作って売れるんじゃないか」という考えを持つかも知れませんし、稼いだSANDを使ってますますこの空間を楽しむことができるようになるかもしれません。

今後、有名企業が続々と提携・参入することで、楽しみ方もより多様化していくことが予想されます。これからサンドボックスを始めようと思っている方は、そんな今後の将来性や発展も視野に入れたうえで、自分なりの楽しみ方を検討してみるとよいかもしれません。

\コインチェックは500円~買えて安心♪/

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次