自身のNFT写真を販売したい!知っておきたい販売方法や高く売るコツとは?

自身のNFT写真を販売したい!知っておきたい販売方法や高く売るコツとは?

NFT写真は、写真撮影が好きな人におすすめです。仮想通貨取引所への口座開設やウォレットの作成、またNFTアートの販売マーケットプレイスへの登録など各種の手続きに加えて、売れるための宣伝などの努力も必要不可欠な作業と言えるでしょう。

BITPOINTの公式サイト
出典:BITPOINT(ビットポイント)

「出金手数料を0円にしたい」という方は、BITPOINTの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

自身が撮影した写真をNFT販売できるのか?

自身が撮影した写真をNFT販売できるのか?

NFTアートには、さまざまなものがあります。プログラミング技術を駆使して作成するものもあれば、自身が撮影した写真をNFT化してNFT写真としたものもあります。写真撮影が好きな人や、他人にぜひ見てもらいたい写真を撮ったことがある人なら、それらをNFT化した上で、デジタル空間で販売してはいかがでしょうか?

写真をNFT化するメリットとは?

NFT写真には、著作権が発生します。そのため、NFTアートを取り扱うマーケットで販売して利益を得られるだけでなく、購入した人が二次販売すれば、その取引において元の出品者へロイヤリティが入る仕組みとなっています。大好きな趣味を生かして利益を出せるのですから、クリエイターにとっては大きなモチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

ステップ1:NFT写真の作り方

ステップ1:NFT写真の作り方

NFT写真を販売するためには、まず最初に販売するための素材が必要です。過去に撮影した写真を採用することもできますが、デジタル写真のファイル形式には注意が必要です。

スマホ及びデジタルカメラで撮影すると、多くの場合にはファイル形式はJPGもしくはPNGとなるでしょう。この場合には、問題ありません。しかし特殊な高機能カメラの場合には、これ以外のファイル形式がデフォルト設定となっていることもあります。その場合には、販売したいNFTマーケットプレイスで受け付けているファイル形式であることを確認した上で、写真撮影をすることをおすすめします。

例えば日本でも人気なNFT写真マーケットプレイスであるOpenSeaでは、JPGやPNGに加えて、GIFとSVGも受け付けています。これ以外の場合には、ファイルを適合する形式に変換しなければNFT写真として販売できません。変換の際に写真の解像度や雰囲気が若干劣化する可能性があるため、この点には注意が必要です。

また、自身が撮影する写真でも、人物や建物を撮影する際には著作権や肖像権を侵害していないかも注意しなければいけません。後からトラブルにならないよう、細かい点も確認した上で撮影することをおすすめします。

ステップ2:仮想通貨取引所に口座を開設

ステップ2:仮想通貨取引所に口座を開設

NFT写真の販売を行うマーケットプレイスでは、決済方法として仮想通貨が使われます。そのため、写真を販売する側も、利益を受け取るために暗号資産(仮想通貨)の取引所に口座を開設する必要があります。仮想通貨取引所は国内外に複数あり、基本的には国内取引所ならどこで口座を開設しても問題ありません。しかし、NFT写真の販売には仮想通貨の中でも決済通貨として指定されていることが多いため、取引所を選ぶ際にはイーサリアムが取引通貨にあるかどうかを確認しましょう。

これからNFT写真の販売を始めたい人なら、販売利益を引き出す際に手数料がかからない取引所がおすすめです。例えばBitPoint(ビットポイント)は出金手数料がかからないだけでなく、キャンペーンを利用すると無料で通貨をもらえる特典もついているので、チェックしてはいかがでしょうか?

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

ステップ3:仮想通貨取引用のウォレットを作成

ステップ3:仮想通貨取引用のウォレットを作成

仮想通貨の取引所に口座を開設したら、NFTを取引するためのNFTウォレットも作成しましょう。ウォレットは銀行口座の通帳のような役割をしており、入出金をはじめとする取引内容が記録されています。NFT写真を販売した場合、購入者が支払った利益は、このウォレット内で保管することになります。

ウォレットは、仮想通貨取引所で斡旋していたりおすすめされているものを使っても良いですし、自身でウォレットのアプリを使って作成し、取引所とリンクすることもできます。初めて仮想通貨を取り扱ったりNFT写真の販売をしようと考えている人なら、無料で利用できるMetamaskというウォレットアプリが良いでしょう。Webに接続しているパソコンを使うと簡単に作成できます。

ウォレットを作成したら、仮想通貨取引所にリンクさせなければいけません。リンクする方法は難しくはなく、初めての人でも簡単です。たとえばMetamaskにウォレットを作成したなら、Metamaskのアドレスをコピーして、それを仮想通貨取引所の送金ページに貼り付けます。これで取引所と自身のウォレットを紐づけられるので、入出金や送金を始められます。

マーケットプレイスに支払う手数料は、このウォレットから仮想通貨で支払うことになります。どの仮想通貨が使えるかはマーケットプレイスごとに異なりますが、イーサリウムを使う市場が多いため、ウォレットに保管するなら取引所でイーサリウムを購入すると良いでしょう。ただし、最初から多額のイーサリウムをウォレットに入れる必要はありません。手数料などかかる費用をカバーできる金額を入れて置き、その後は必要に応じて買い足せばOKです。

詳しくは、『【最新】メタマスクとは?登録方法・使い方・ウォレットの特徴を徹底解説!』をご覧ください。

ステップ4:NFT写真を販売するマーケットプレイスへ登録

ステップ4:NFT写真を販売するマーケットプレイスへ登録

NFT写真を販売した利益を受け取る方法を設定したら、いよいよ販売プラットフォームへの登録作業を行います。NFT写真の取引ができるマーケットプレイスは複数ありますが、その中でも世界最大級の規模を持つOpenSeaは、多くのクリエイターたちが利用しているという点でおすすめです。ニッチな写真でも、規模の大きなマーケットプレイスで販売したほうが露出度は高まります。販売できるチャンスも大きくなるでしょう。

マーケットプレイスへ登録する際には、自身のウォレットを紐づける作業が必要です。多くのクリエイターが使用するMetamaskのようなウォレットなら、OpenSeaでも紐づけすることは難しくありません。OpenSeaのウォレットの中からMetamaskを選択して接続し、ウォレットのユーザー名やメールアドレスを入力して紐づけてください。

OpenSeaへの登録方法は、『OpenSea(オープンシー)とは?登録からNFT出品方法を解説』をご覧ください。

ステップ5:いよいよ販売

ステップ5:いよいよ販売

NFT写真を販売するための準備が完了したら、いよいよ写真を販売することができます。マーケットプレイスごとに販売方法は若干異なるため、ここではOpenSeaを例に出して販売方法を説明しましょう。

OpenSeaでNFT写真を販売する際には、写真を単体で販売する方法と、複数の写真をコレクションとして販売する方法とがあります。どちらの方法でも問題なく販売できますが、複数を販売しようと考えている人は、今後のことを考えてコレクションとして販売するのが良いでしょう。ペットの写真、風景画など、ジャンルやモチーフごとにコレクションを作るという方法もアリです。

コレクションとしてNFT写真を販売する場合には、まずコレクションという枠組みを作る作業から始めます。コレクション名を決めたうえで、コレクションのロゴ画像を設定することになるため、ロゴの画像も準備しておくと良いでしょう。ロゴ画像では、サイズや解像度の点で制限がかけられていることが多いため、そのあたりは注意が必要です。

コレクションとして販売する場合、もしくは単体で販売する場合、どちらの場合でも販売する写真をマーケットプレイスへアップロードします。この際には、タダ写真をアップロードするだけでなく、作品の名前も自身で決めることができます。コレクションとして販売するなら、素材をアップロードする際にどのコレクションに属する素材かも選択することになります。

またアップロードする際には、販売する数を指定したり、どのブロックチェーンで記録を管理するかという点も指定します。販売数が増えると利益も多く入るというメリットがありますが、販売数を減らすとプレミアがつき、オークションなどでは高額取引されるチャンスが高まります。有名なNFTアーティストの作品になると、1点もののアートなどもあります。

売るためのコツ1:最適な売り方とは?

売るためのコツ1:最適な売り方とは?

NFT写真をマーケットプレイスへ出品しても、必ず販売できるとは限りません。やはり多くのクリエイターが存在して多種多様な作品を出品しているため、多くのユーザーにとって魅力的な写真をアップロードすることが、売って利益を出すことにつながります。

マーケットプレイスでの売り方は、クリエイターが最初に設定した固定価格で販売する方法と、買う側が写真の価値に合わせて価格を決めるオークション形式とがあります。どちらの売り方もメリットとデメリットがありますが、腕試し的に販売するなら、リーズナブルな価格をクリエイター自身が設定して固定価格形式で販売するのが良いでしょう。オークション形式では、オークション期間を設けて出品することもできます。

売るためのコツ2:マーケティングは必要

売るためのコツ2:マーケティングは必要

マーケットプレイスにNFT写真を投稿しても、その存在を誰も知らないのでは売ることはできません。販売するためには、自身で宣伝活動をしながら集客しなければいけません。多くの人に効率的かつ効果的な宣伝をするなら、SNSを利用する方法がおすすめです。実際にNFT写真を販売するクリエイターの多くは、SNSを使ったマーケティングを行っており、NFTアートのコミュニティや独自のコミュニティを作っています。

こうしたSNSは、作品を出品するクリエイターだけでなく、購入しようと考えている人やコレクターなども多く利用しています。そうしたコミュニティの中で自身及び作品を露出することによって、売れる可能性は最大限に高まるでしょう。

SNSにはいろいろなものがありますが、その中でもX(旧Twitter)やInstagramなどはおすすめです。こうしたSNSでは、リアルな日常生活の中では全く接点がないユーザーともつながることができるため、マーケティングツールとして世界中で利用されています。

売るためのコツ3:決済通貨を設定した出品もおすすめ

売るためのコツ3:決済通貨を設定した出品もおすすめ

NFT写真を販売する際には、クリエイターの側で決済通貨を特定のものに設定することができます。基本的にはどんな決済通貨でもOKなのですが、NFT写真というジャンルに限ると、イーサリアムでの決済が多いため、決済通貨を設定するならイーサリアムにするのが良いでしょう。コレクターの中には、イーサリアムで決済できる通貨に限定して作品を探す人もたくさんいます。

また仮想通貨の投資家の中には、同じ仮想通貨で売買ができるNFTアートへ投資する人も数多くいます。プレミア感のあるNFT写真なら、投資先として選ばれるチャンスも期待できるでしょう。

売るためのコツ4:トレンドに乗る努力をする

売るためのコツ4:トレンドに乗る努力をする

どのような市場にもトレンドはあります。何かのきっかけで人気が急上昇することもあれば、時間の経過とともに流行が下火になることもあるでしょう。NFTマーケットプレイスも例外ではありません。

仮に、マーケットプレイスでフルーツの写真がトレンドになっているとしましょう。トレンドにちなんで自身もフルーツの写真をアップロードすれば、それを気に入って購入してくれる人が現れるチャンスは高まるでしょう。そうしたトレンドにうまく乗りながら露出を高め、少しずつ自身の個性豊かな写真へ集客するという方法でファンを増やしてはいかがでしょうか。

売るためのコツ5:ポイントは継続すること!

売るためのコツ5:ポイントは継続すること!

NFT写真を売るためには、同じモチーフでも様々なアングルやテイストで多くの写真を販売するのがおすすめです。コレクションとして継続的にアップロードするのも良いでしょう。多くの写真を販売することで、そのうち一つを気に入る購入者が現れるチャンスが期待できます。どこにどんなファンがいるか分かりませんから、多くのユーザーのセンスに訴えられる選択肢を提供することで、自身のNFT写真が売れる可能性が高まります。

NFT写真を売ることは難しくない

自身の写真をNFT化して販売することは、決して難易度が高いわけではありません。仮想通貨の取引所に登録したりウォレットを作成するといった作業は必要ですが、Webがあればどれも簡単に手続きができます。多くのユーザーやクリエイターが利用している仮想取引所やウォレットアプリを選べば、大きな安心感につながりますし、コストの面でも優良なものが多く、初めてNFT写真を販売したいクリエイターにとっても高い満足度が期待できます。

BITPOINTの公式サイト
出典:BITPOINT(ビットポイント)

「出金手数料を0円にしたい」という方は、BITPOINTの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次