おすすめのNFT売り方とは?知っておきたい注意点についても!

おすすめのNFT売り方とは?知っておきたい注意点についても!

理想的なNFT売り方は、中長期スパンでアートの価格が上昇するまで忍耐強く待つか、自身がクリエイターとなって手数料なしで販売するのがおすすめです。プラットフォームごとに対応コンテンツや決済方法が異なるため、比較検討しましょう。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

「どこで始めたらいいかわからない」という方は、コインチェックの公式サイトを確認してみてください。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

目次

NFTは売れる!

NFTは売れる!

NFTは、さまざまなデジタルマーケットプレイスで売買取引することができます。基本的にはデジタル化できるものなら何でも売ることはできますが、マーケットプレイスのプラットフォームごとに対応しているデータ形式が異なります。そのため、NFT売り方を考える際の最初の1歩としては、データ形式に対応しているプラットフォームを選ぶことがとても大切です。

NFTには様々なアイテムやコンテンツがありますが、その中でもニーズが高く売れやすいのはゲームのアイテムや音楽コンテンツ、また写真などが挙げられます。近年では、多くの企業がNFT取引に参入しており、週刊誌や漫画誌のNFT販売や、家具や雑貨をメタバース空間で販売する企業もあります。

NFTが売れる理由はいくつかあります。

投資目的の売買

1つ目の理由は、投資目的の売買取引です。NFTは価格変動があるため、安く買って高く売るという取引をすることによって利益を出すことができます。

所有欲を得るための売買

2つ目の理由は、所有欲や満足感を得るための売買取引があります。NFTはNonfungible Tokenと呼ばれている通り、非代替性という特徴があります。非代替性というのは他のモノと置き換えることができないオリジナリティやユニークさがあるという事で、それを持っていることによって所有欲を満たすことができます。この理由でNFTアイテムを欲しいというニーズが高いからこそ売れるのです。

NFTは1次流通だけでなく2次流通もOK

NFTは1次流通だけでなく2次流通もOK

NFT取引は、コンテンツを作成した作者から直接購入する1次流通できるだけでなく、自身が購入したコンテンツを別の人へ販売する2次流通をすることもできます。つまり、自身が購入したNFTアートを転売してもOKという事です。

ただし多くのプラットフォームでは、2次流通した場合には、コンテンツを作成した作者自身へもロイヤリティが入る仕組みとなっています。そのため、何次流通してもその作品を作ったクリエイターは損をしません。この点は、NFTの大きな魅力と言えるでしょう。

NFTの買い方と売り方

それでは、NFTの売り方はどこでどのようにすれば良いのでしょうか。

まず最初に行うことは、NFTを取り扱っているマーケットプレイスを見つけて登録するという作業です。マーケットプレイスは国内だけでなく海外のものもあり、取り扱うコンテンツが異なるだけでなく、そこで何ができるかも異なります。そのため、マーケットプレイスを選ぶ際には、自身がそこで何をしたいのかを考えながら、比較検討すると良いでしょう。一般的には、NFTを発行してもらったり、自身が作成したコンテンツを販売できる他、販売されているコンテンツを購入したり二次販売ができるなど、ユーザーのニーズに合わせたマーケットプレイスが人気です。

マーケットプレイスの中でもユーザー数が最も多いのは、OpenSeaと呼ばれるNFT専用のマーケットプレイスです。取り扱う分野やジャンルが幅広く、ゲームのアイテムをはじめ、アートやスポーツ、仮想空間上での土地販売などを行っています。 ここは海外企業が運営するマーケットプレイスのため、表記はすべて英語となっています。英語に問題のない人には、ぜひおすすめです。

日本語でNFT取引をしたい人には、GMOが運営しているAdam by GMOが良いでしょう。登録方法は、それほど難しくありません。

例えばAdam by GMOへの登録では、メールアドレスが必要です。登録をすると確認メールが送信されるので、そこに貼られているURLを踏んでユーザー登録を行います。この時に、国や地域を選択しますが、日本も選択肢に入っているので安心してください。そしてSMSを受け取れるスマホの電話番号を入力すると、本人確認の目的で暗証番号がSMSで送られてきます。その暗証番号を入力すると登録手続きが完了して、いよいよNFTの購入ができるようになります。

上記はAdam by GMOの登録方法ですが、他のマーケットプレイスでも登録方法は似たような感じの所が多く、登録の際に本人確認が行われます。

マーケットプレイスに登録できたら、いよいよ欲しいNFTを探して購入できます。購入の際には、暗号通貨が使われることが多いため、まずは暗号資産を管理しているウォレットをマーケットプレイスに紐づけしなければいけません。暗号通貨を保有していない人は、暗号通貨の取引所や販売所へ登録した上で、マーケットプレイスが受け付けている仮想通貨の銘柄を購入してください。迷ったなら、対応しているマーケットプレイスが多いイーサリアム(ETH)を選ぶのがおすすめです。取引所は日本国内にも複数ありますが、それぞれ取り扱っている仮想通貨の銘柄や手数料などが異なりますし、セキュリティの面でも特徴が異なります。失敗しないためには、金融庁に暗号資産交換業者として認可を受けている業者を選ぶことをおすすめします。

暗号通貨のウォレットをNFTのマーケットプレイスと紐づける際には、メールアドレスを間違えないように注意してください。メールアドレスを間違えると紐づけできません。

もしもNFT売買には興味があるけれど仮想通貨での決済には抵抗があるという人は、Adam by GMOを利用するのがおすすめです。Adam by GMOでは、仮想通貨でなく日本円で決済ができるため、初めてNFTの売買に挑戦する人にとっては使いやすくハードルが低く設定されているというメリットがあります。日本円で決済する場合には、仮想通貨のウォレットを作る必要もありませんし、メールアドレスを間違えて紐づけできないというリスクなどの心配がなくなります。

NFTを購入する基本的な方法は、ネットショップを利用する場合と大きな違いはありません。欲しいアイテムを見つけたら指定されている決済方法の中から選んで、決済をします。例えばAdam by GMOの場合には、仮想通貨払いに加えて、クレジットカードや銀行振り込みという決済方法もあります。

仮想通貨払いをする際には、ガス代とも呼ばれているネットワーク手数料がかかります。この点は、あらかじめ理解しておきましょう。クレジットカード払いや銀行振り込みではこの手数料は発生しないので、少しでも安く購入したい人なら、仮想通貨払い以外を選ぶという方法がおすすめです。

保有しているNFTを売る際には、自身で販売価格を決める売り方と、オークション形式で欲しいユーザーが販売価格を決める方法とがあります。多く販売したい人なら通常販売の形式で、クリエイター自身が価格を決めて売る方法が良いでしょう。しかし、1点ものでプレミアがつくアイテムなら、オークション形式で売ることで高額落札も期待できます。

NFTを2次販売する際には手数料がかかる

クリエイターから直接NFTを購入する1次販売では、上記の通りの価格を支払えば、NFTアイテムを自身で保有できます。しかし、自身が購入したアイテムを別のユーザーへ2次販売する場合には、二次販売手数料がかかることは、あらかじめ知っておきたいものです。

例えばAdam by GMOの場合には、2次販売手数料は、売上金額の5%と設定されています。この手数料は自動的に売り上げ金から手数料として天引きされて、NFTを作成した元のクリエイターへ支払われます。このシステムによって、NFTは何次販売をしてももともとのクリエイターへ利益が渡るプロセスが確立されており、アーティストのクリエイティブな活動をサポートしています。

ちなみに、何次販売されても元のクリエイターへ利益がきちんと届けられるのは、NFTアートにはブロックチェーン技術が採用されているためです。ブックチェーンでは記録が上書きされることなくずっと残るため、保有者が何回変わっても、その記録はすべて残ります。そのため、最初の作成者を見つけることも難しくはありません。

またNFTの2次販売は、1次流通後すぐに2次販売できるわけではありません。プラットフォームごとに1次流通から2次販売できるまでの期間が設定されており、これは二次販売禁止期間と呼ばれています。この期間中には、どんな条件でもNFTアートを手放すことはできないため、注意しましょう。

NFTを売買する際に知っておくべき注意点とは?

Nftは、市場に流通し始めてから歴史がそれほど長くありません。そのため、法整備がまだ追いついていない状態で、ルールを理解していないことによって大きなトラブルが発生したり、トラブルが起きた時には自己責任となってしまうリスクがあります。その点を理解した上で、慎重に売買をしなければいけません。

nftを売買する際には、いくつか知っておきたい注意点があります。

1つ目の注意点は、著作権違反に注意するという点です。nftのマーケットプレイスでは、それぞれ著作権に関する注意事項が記載されています。どのマーケットプレイスでも同じ内容というわけではないため、注意が必要です。マーケットプレイスごとに異なるルールが敷かれているだけでなく、取り扱われているアイテムごとにルールが異なることもあるため、nftを利用する際にはまず最初にこの注意事項を熟読して納得することが必要です。

例えば、nftアートの中には、公開してはいけないアイテムがあります。非公開であることが条件のアートの場合には、Cyberなどを利用したnft展示サービスでは利用することはできません。

2つ目の注意点は、nftは価格変動するという点です。すべての投資商品と同じように、同じアイテムでも価格が上昇することもあれば下降することもあります。もしかしたら、購入した後にどんどん価格が下がってしまい、2次販売したいけれど損をする状況になってしまうリスクもあります。この点を理解した上で、nftを利用する際には、過去の価格変動なども視野に入れたうえでアイテム選びをしたいものです。

3つ目の注意点は、2次流通では手数料がかかることを念頭に入れた販売をしなければいけないという点です。どのプラットフォームでも、ガス代は発生します。考えていたよりもコストがかかってしまうケースは少なくないため、注意したほうが良いでしょう。

NFTで大きな利益を出すコツとは?

nftで損をしない売り方をしたい人は、2次流通よりも自分自身でコンテンツやアートを作成して販売する方法を模索するのがおすすめです。自身で作成したオリジナルアートなら、自身が作成者となり、1次販売だけでなく2次販売以降でも自身のもとにロイヤリティが入ります。それに、自身が作成したnftアートなら、業者へ手数料を払うことなく販売できるというメリットもあります。

nftの売り方では、多くのユーザーの不満となっているのは割高感のある手数料です。これはロイヤリティを含めてかかる手数料なのですが、自身がクリエイターとなってオリジナルアートを販売するのなら、手数料はかかりません。その点でも、大きな利益を出すなら自身がクリエイターになることが理想的です。

自信がクリエイターになるなら、デジタルアートを作成して販売するのがおすすめです。以前では改ざんやコピーのリスクがあるために資産価値が認められづらかったデジタルアートですが、近年ではブロックチェーンの技術を活用したnftを利用することによって、そうしたリスクが払拭されてデジタルアートにも高い価値がつくようになっています。

2次流通で大きな利益を出す売り方としては、保有しているアートの価格変動を日常的にチェックしながら、できるだけ高値で販売するという方法があります。作品の将来性を見極めることは、決して簡単ではありません。しかし将来性があると期待されているクリエイターの作品や、プレミアがつく作品なら、オリジナル販売から右肩上りに価格が上昇することも珍しくありません。大きな利益を出すためには、できるだけ保有期間を長くして価格が上がるまで待つ忍耐力も必要となるものの、中長期スパンで利益を出す投資だと考えることで、販売できるベストのタイミングを待ってはいかがでしょうか。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次