LTCを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

LTCを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

ライトコイン(LTC)は、2011年に誕生した仮想通貨です。ビットコインと似ていますが、取引処理速度が速く、手数料が安いことが特徴です。また、発行上限枚数はビットコインの4倍の8400万枚です。

目次

LTCを購入できる国内取引所

2023年7月現在、ライトコインを購入できる国内取引所は、以下の4社です。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer
  • SBI VCトレード
  • BITPOINT
  • GMOコイン

これらの取引所では、日本円でライトコインを購入することができます。

LTC(ライトコイン)の特徴

ライトコインの特徴は、以下のとおりです。

  • 取引処理速度の速さ

ライトコインの取引処理速度は、ビットコインの4分の1です。そのため、ライトコインは、送金や決済に適しています。

  • 手数料の安さ

ライトコインの取引手数料は、ビットコインに比べて安くなっています。そのため、ライトコインは、少額の取引にも適しています。

  • 発行上限枚数の多さ

ライトコインの発行上限枚数は、ビットコインの4倍の8400万枚です。そのため、ライトコインは、ビットコインに比べて、流動性が高いと言えます。

LTC(ライトコイン)の買い方

ライトコインを購入するには、まず国内取引所に口座を開設する必要があります。口座開設手続きが完了したら、入金を行います。入金方法は、銀行振込、クレジットカード、コンビニ入金などがあります。

入金が完了したら、ライトコインの取引画面に移動します。取引画面で、購入したい数量と価格を入力して、購入注文をします。注文が成立すると、ライトコインが口座に反映されます。

まとめ

ライトコインは、取引処理速度の速さ、手数料の安さ、発行上限枚数の多さなど、さまざまな特徴を持つ仮想通貨です。国内では、Coincheck、GMOコイン、DMM Bitcoin、bitFlyerの4社で購入することができます。

ライトコインを購入する際には、取引所の特徴や手数料などを比較して、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
LTCを買える国内取引所とは?仮想通貨の特徴や買い方を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次