柴犬コイン(SHIB)38万円で購入できるおすすめ取引所とは?

柴犬コイン(SHIB)を取り扱う取引所まとめ!比較ポイントを徹底解説!

この記事で解決できるお悩み

  • 柴犬コイン38万円で購入できる取引所はどこ?

こんな悩みを解決できます!

「株式・暗号資産」投資歴12年の僕が解説します。

ご紹介する「柴犬コイン38万円で購入できるおすすめ取引所まとめ」を読めば、SHIBを取り扱う取引所や買い方、今後の将来性がわかりますよ!

早速、一覧をまとめているので、ぜひ読み進めてみてください!

目次

柴犬コイン38万円と億り人の関係

柴犬コインは、2020年7月にドージコイン(DOGE)を模倣して作られた暗号資産です。ドージコインは、2013年に誕生した、犬の顔が特徴的なミームを元にした暗号通貨として有名ですよね。

2021年にステラのCEOであるイーロン・マスク氏がドージコイン(DOGE)に言及したことで注目され、価格が急騰しました。

また、他の著名人もSNSなどを通して柴犬コインに触れる中、多くの投資家が参入し、短期間で価格の大幅な上昇が見られたのです。

柴犬コインと38万円の関係

当時、38万円分の柴犬コインを購入して億り人になった人もいたようです。「38万円で億り人か…」とても夢がありますよね。

38万円なら大学初任給の2〜3ヶ月分。値段だけ聞くと大金のように感じますが、結果論で見れば、当時の38万円は格安だったでしょう。

他にも、国内外の主要な暗号資産取引所での取り扱いがスタートしたことも、価格上昇に寄与しました。

DeFi(分散型金融)やNFTマーケットプレイスなどの開発が進められ、多くのファンを獲得しています。

【コインチェックがおすすめの理由!】

Coincheckがおすすめの理由5選

【コインチェックの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

アプリDL数「国内No.1」4年連続1位!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

柴犬コイン38万円を購入できる取引所

暗号資産取引所

中には、将来性に期待して「早速、柴犬コインを買いたい!」という人もいるでしょうが、仮想通貨を取り扱うすべての取引所で柴犬コイン(SHIB)を購入できる訳ではありません。

柴犬コインを購入できる国内取引所は、以下の通りです。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 約100円から取引できる
  • 取引ツール・アプリが優秀
  • DMMグループでセキュリティが高い

DMM Bitcoinは、DMMグループを親会社にもつ暗号資産取引所です。

DMMグループはネット証券のDMM FXを運営しているので、セキュリティ面のノウハウが充実しています。

DMM Bitcoinでは、2023年12月から柴犬コイン(SHIB)の取り扱いを開始し、販売所で現物取引・レバレッジ取引が可能です。

また、DMM Bitcoinには4分割チャートがあり、柴犬コイン(SHIB)の価格変動を一目で確認することができます。

設立2016年11月
上場非上場
取扱い暗号資産BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、NIDT、ADA*、ALGO、APE、ATOM*、AVAX、AXS、BAT、CHZ、DOGE*、DOT*、ENJ、ETC、FCR、FLR、HBAR、IOST*、LINK、MATIC、MKR、MONA、OAS、OMG、QTUM*、SAND、SHIB、SOL*、TRX、XEM*、XLM、XTZ*、XYM*、ZPG(全38種類)
*レバレッジ取引のみの取り扱い
レバレッジ2倍
日本円の即時入金24時間365日利用可能
DMM Bitcoin取引所の概要

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\最短5分で申込完了!/

国内最大級の仮想通貨取扱い数!最短5分で申込完了!

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

DMM Bitcoinとは?仮想通貨取引所の手数料や評判・口コミを解説

②:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは(ビットフライヤー)は、日本最大の仮想通貨取引所。業界最高のセキュリティを誇り、7年以上に渡ってハッキング被害0を記録しています。

bitFlyerでは、2023年3月から柴犬コイン(SHIB)の取り扱いが開始され、販売所で現物取引が可能です。

設立2014年1月
上場非上場
取扱い暗号資産BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、BAT、TRX、ADA、JMY、DOT、LNK、DEP、IOST、KLAY、SHIB、MATIC、FLR、GXE、ATOM、TON、TGUGT(全21種類)
日本円の即時入金24時間365日利用可能
bitFlyer取引所の概要
bitFlyer公式
出展:bitFlyer公式

クリックすると公式サイトに飛びます

③:SBI VCトレード

SBI VCトレードは、SBIグループの仮想通貨取引所で、2023年6月23日より柴犬コインの取扱いを開始しました。柴犬コインは、SBI VCトレードの販売所で現物取引が可能で、売買手数料は無料です。

SBI VCトレードでは、現物取引だけでなく、柴犬コイン(SHIB)の積立投資もできます。

設立2017年5月
上場非上場
取扱い暗号資産BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC、FLR、OAS、XDC、SHIB、DAI、ATOM(全20種類)
日本円の即時入金24時間365日利用可能
SBI VCトレード取引所の概要
SBI VCトレード
出典:SBI VCトレード

クリックすると公式サイトに飛びます

SBI VCトレードとは?評判や利用するメリット・デメリットについて解説

④:BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTは、東証プライム市場上場のSBIホールディングス株式会社のグループ会社。
2022年11月から柴犬コイン(SHIB)の取り扱いを開始しました。柴犬コインは、BITPOINTの販売所で現物取引が可能です。

またBITPOINTでは、暗号資産のつみたて投資サービスも提供しており、「パックつみたて」と「個別つみたて」の2つの積立方法で、毎月5,000円から投資できます。

設立2016年3月
上場非上場
取扱い暗号資産BTC、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK、XRP、BAT、XLM、XEM、XTZ、DOT、LINK、XYM、MATIC、MKR、ZPG、FLR、SHIB、PLT、SAND(全22種類)
日本円の即時入金24時間365日利用可能
BITPOINT取引所の概要
BITPOINT公式
出展:BITPOINT公式

クリックすると公式サイトに飛びます

BITPOINTとは?評判・口コミや利用するメリット・デメリットについて徹底解説

⑤:Binance Japan(バイナンス)

Binance Japan(バイナンスジャパン)は、世界最大級の暗号資産取引所であるバイナンスの日本法人です。日本支社ができたことで海外の取引所を経由せずに直接購入できるようになりました。

Bainance Japanでは、柴犬コイン(SHIB)を含む34種類の銘柄を取り扱っており、他では扱っていない珍しい通貨の取引ができることもメリットです。

設立2023年8月
上場非上場
取扱い暗号資産BTC、ETC、DOT、QTUM、ALGO、ETH、ADA、ENJ、SAND、ASTR、BCH、BNB、MATIC、XLM、ATOM、XRP、BAT、MKR、XTZ、AVAX、LTC、DAI、IOST、XEM、AXS、CHZ、DOGE、JASMY、LINK、SHIB、SOL、TRX、ONT、ZIL(全34種類)
日本円の即時入金24時間365日利用可能
Binance Japan取引所の概要
Binance Japan公式
出展:Binance Japan公式

クリックすると公式サイトに飛びます

⑥:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、4年連続スマホアプリダウンロード数No.1。その安全性と利便性から、国内外で高い評価を受け、雑誌等のランキングでも常に上位に入っています。

また、ビットコインを500円から購入できる取引所として知られています。2023年12月から柴犬コイン(SHIB)の取り扱いが開始され、販売所で現物取引が可能です。

設立2012年8月
上場非上場
取扱暗号資産BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、PLT、SAND、DOT、FNCT、CHZ、LINK、MKR、DAI、MATIC、IMX、APE、AXS、WBTC(全27種類)
日本円の即時入金24時間365日利用可能
日本円の入出金手数料407円
Coincheck取引所の概要
Coincheck公式
出展:コインチェック公式

クリックすると公式サイトに飛びます

関連:コインチェックの評判・口コミとは?

柴犬コイン38万円を購入できる海外取引所Bybit

ここで、柴犬コインを取り扱う海外取引所もひとつ紹介しておきますね。

Bybitは、2018年に設立されたシンガポールの暗号資産取引所です。日本語にも対応しており、初心者でも使いやすいインターフェースで知られています。

柴犬コイン38万円で購入できる取引所の選び方

柴犬コインを取り扱う取引所選び

取引所を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

取引所選びのポイント
  • 仮想通貨の取り扱い数
  • 取引所の手数料
  • セキュリティ対策
  • ユーザーサポート

まずは、取引所が提供するコインの種類に注目しましょう。特定の暗号通貨を購入したい場合、そのコインが取引所で取り扱われているか確認が必要です。

次に、取引所の手数料を見てみましょう。取引所によっては、取引手数料が高額になる場合もあるため、予め確認しておくことが大切です。

また、取引所のセキュリティ対策も確認するべきポイントの一つです。暗号通貨はハッキングの対象になりやすいので、取引所が十分なセキュリティ対策を施しているか確認しましょう。

最後に、取引所のユーザーサポートが充実しているかどうかも重要です。何か問題が発生した際に、迅速かつ適切な対応をしてくれる取引所を選ぶべきです。これらのポイントを踏まえて、自分に最適な取引所を選びましょう。

Shibaコインの買い方・将来性に関するFAQ

Shiba Inu/SHIBを取引所で購入する際のよくある質問と回答について見ていきましょう。

柴犬コインを購入する際に手数料はかかりますか?

手数料は、利用する暗号資産取引所や購入方法により異なります。そのため具体的な手数料率は、利用する取引所の公式サイトを確認しましょう。

柴犬コインは今後の将来性に期待できるコインですか?

柴犬コインは、2021年に急騰した事実から再度上昇するポテンシャルはありますが、価格変動が激しいため、将来性については不確定要素があります。

柴犬コインの開発チームは、メタバースプロジェクト「SHIB: The Metaverse」やブロックチェーンゲーム、THE SHIBOSHISの開発を進めています。

エコシステムが拡大することで将来性を期待できる可能性もありますが、投資をする際は余剰資金で行うように心がけましょう。

関連:柴犬コインが1円に達する可能性とは?今後の将来性を徹底解説

柴犬コイン38万円で購入できる取引所まとめ

溢れる暗号資産

今回は、柴犬コインを取り扱う国内外の取引所や買い方について紹介してきました。

個人間で取引することもできますが、セキュリティ面を考えると取引所を利用するべきですよね。

「どの取引所を選べばいいか迷っている」という方は、コインチェックがオススメ!

コインチェックはアプリの項目がシンプルで見やすいため、初心者でも扱いやすいんですよね。

また、国内最大級で38種類の仮想通貨を取り扱うだけでなく、NFTマーケットプレイスまで幅広く展開している点も魅力的です。

実際に僕もコインチェックのアプリを利用していますが、スキマ時間にサクッと取引できる点が気に入っています!

気になる方は下のボタンから公式サイトもチェックしてみてくださいね♪

クリックすると公式サイトに飛びます

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
柴犬コイン(SHIB)を取り扱う取引所まとめ!比較ポイントを徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次