コインチェック取引所のスプレッドの仕組みとは?初心者向けに解説

Coincheck取引所におけるスプレッドの仕組みとは?わかりやすく解説

「Coincheck」は人気の高い仮想通貨取引所の一つで、「スプレッド」は取引時の買値と売値の差を指す重要な要素です。仮想通貨(暗号資産)取引では、その仕組みを理解し効果的に活用することが重要です。

では、本記事では、仮想通貨を始めたい初心者に向けて、Coincheck(コインチェック)スプレッドの仕組みをわかりやすく解説します。また、取引を始める前にその仕組みを理解することが大切な理由もご紹介します。

目次

Coincheck(コインチェック)とは?

まず初めに、仮想通貨(暗号資産)取引所として人気の高い「Coincheck」について概要を確認していきます。

運営会社Coincheck株式会社
サービス開始2014年8月
取扱暗号資産BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
LTC(ライトコイン)
ETC(イーサリアムクラシック)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク)
XRP(リップル)
BAT(ベーシックアテンショントークン
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
DOT(ポルカドット)
LINK(チェーンリンク)
MATIC(ポリゴン)
MKR(メイカー)
PLT(パレットトークン)
SAND(サンドボックス)
SHIB(シバイヌ)
QTUM(クアンタム)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン
FNCT(フィナンシェトークン)
CHZ(チリーズ)
DAI(ダイ)
IMX(イミュータブル)
APE(エイプコイン
AXS(アクシーインフィニティ)
WBTC(ラップドビットコイン)
AVAX(アバランチ)
(全29種類)
取引形態現物取引
入出金・送金・受取日本円の入出金
(24時間365日利用可能)
暗号資産の送金・受取
提供サービスCoincheck つみたて
Coincheck NFT
Coincheck IEO
Coincheck ガス
Coincheck でんき
Coincheck アンケート
貸暗号資産サービス
仮想通貨FX
公式サイト
関連・参考記事Coincheckの評判・口コミ
Coincheck取引所の概要

Coincheckの基本的な機能

Coincheckは日本を中心に世界中で利用されている仮想通貨取引所の一つです。その基本的な機能としては、ビットコインをはじめとする様々な種類の仮想通貨の売買が可能です。取引方法は非常に簡単で、ユーザーは先に自身のウォレットに資金を送金し、その資金を使って仮想通貨を購入することができます。

また、Coincheckはセキュリティ面でも高い評価を得ており、二段階認証やコールドウォレットなどの機能を利用することで、ユーザーの資産を守ることが可能です。これらの機能により、ユーザーは安心して仮想通貨取引を行うことができます。

また、Coincheckは仮想通貨の送金機能も提供しています。ユーザーはCoincheckのウォレットから他のウォレットへ仮想通貨を送金することが可能です。これにより、ユーザーは自身のウォレットから友人や知人への送金、または他の取引所への送金を行うことができます。

これらの基本的な機能を理解することで、Coincheckをより効果的に利用することが可能となります。

Coincheckで取引できるコインの種類

Coincheckは、ビットコインをはじめとするさまざまな暗号通貨の取引が可能な日本を代表する仮想通貨取引所です。その取り扱いコインの種類は非常に多岐にわたっており、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要な仮想通貨から、リスクやモナコインなどのアルトコインまで取り扱っています。また、CoincheckではICO(Initial Coin Offering)や新規リストされたばかりのコインの取引も可能で、早期投資家にとっては魅力的な取引所と言えるでしょう。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引は、その価格変動の大きさから投資家にとって大きなリターンをもたらす可能性がありますが、その一方でリスクも大きいことを理解することが重要です。Coincheckでは、各コインの価格、取引量、最新の市場情報などをリアルタイムで確認することができ、それらの情報を元により賢明な投資判断を行うことが可能です。

また、Coincheckではスプレッド取引も可能です。スプレッドとは、売り値と買い値の差のことを指し、この差を利用して取引を行うことで利益を得ることができます。後半部分では、このスプレッドについて詳しく解説し、Coincheckでスプレッドを利用するためのポイントをご紹介します。

スプレッドとは?一般的な用語の解説

スプレッドの意味や計算方法、取引との関係性は以下の通りです。

スプレッドの計算方法

スプレッドとは、簡単に言えば、売り値と買い値の差を指す金融用語です。具体的には、投資家が資産を売却するときの価格(売値)と購入するときの価格(買値)との違いを指します。この差異は、ブローカーや取引所がそのサービスを提供するために取る手数料のようなもので、投資家が取引を行う際には必ずこのスプレッドというコストが発生します。仮想通貨取引においてもこのスプレッドは存在し、投資家が利益を出すためにはスプレッドを上手く活用する必要があります。

具体的な計算式

次に、スプレッドの計算方法について説明します。スプレッドは、売値と買値の差をそのまま算出するのが一般的です。例えば、ある仮想通貨の売値が1万円、買値が9500円だとします。この場合、スプレッドは1万円-9500円=500円となります。つまり、取引所は買い手から1万円を受け取り、売り手に9500円を渡すので、その差額の500円が取引所の収益となるわけです。このようにスプレッドは、取引所の運営コストをカバーするための重要な収益源となっています。

ただし、スプレッドが大きすぎると投資家にとっては取引コストが高くなり、逆に小さすぎると取引所の収益が減るため、適切なバランスが求められます。各取引所ではこのスプレッドを調整していますが、投資家はスプレッドの大小を見て取引所を選ぶこともあります。

スプレッドと取引の関係

スプレッドとは、買値と売値の差のことを指し、この差が大きいほど取引コストが高くなります。これは、取引を行う際に必ず発生するコストであり、投資家が利益を得るためには、このスプレッドを上回る利益を得る必要があります。

スプレッドは取引の利益を左右する重要な要素であり、投資家はスプレッドの大小を見極めて取引を行うべきです。特に、頻繁に取引を行うデイトレーダーなどにとっては、スプレッドの影響は大きいと言えます。スプレッドが広すぎると取引コストが高くなり、その分、儲からなくなります。逆に、スプレッドが小さいと取引コストが低くなり、利益が増える可能性があります。

また、スプレッドは市場の流動性にも影響を与えます。スプレッドが大きい場合、売買のボリュームが少ないことを示す可能性があり、その市場の流動性が低いとも言えます。これは、投資家にとっては不利な条件となる可能性があるため注意が必要です。

一方、スプレッドが小さい場合、売買のボリュームが多く、市場の流動性が高いことを示しています。これは、投資家にとっては有利な条件となる可能性があります。

以上のように、スプレッドは取引における費用、利益、市場の流動性に大きく影響を与え、投資家が取引を行う上で重要な要素となるのです。

Coincheck取引所のスプレッドを確認

Coincheckでの仕組み

Coincheckにおけるスプレッドの仕組みは、他の仮想通貨取引所と基本的には同様です。スプレッドとは、売値と買値の差を指す言葉で、この差が取引所の利益となります。具体的には、ある仮想通貨をCoincheckが自身で設定した価格で購入し、それをユーザーに対してはやや高めの価格で販売することでスプレッドが発生します。

流動性によって左右される

Coincheckのスプレッドは流動性や市場の状況により変動します。市場が不安定な時や、取引の流動性が低いときはスプレッドが広がることがあります。これは、Coincheckが市場リスクをカバーするための措置であり、ユーザーにとっては取引コストの一部となります。

逆に、市場が安定している時や取引の流動性が高いときは、スプレッドは狭まります。これは、Coincheckが市場リスクを抑えられるため、ユーザーにとっては取引コストが低下するというメリットがあります。

したがって、Coincheckでの取引を行う際は、スプレッドの状況を把握し、最適なタイミングで取引を行うことが重要となります。スプレッドを利用するためのポイントについては、次の見出しで詳しく解説します。

取引に与える影響

Coincheckのスプレッドは、取引を行う際の重要な要素です。スプレッドとは、売値と買値の間の差額のことで、この差が大きいほどトレーダーが利益を得るためには、相応の価格変動が必要となります。Coincheckでは、一部の仮想通貨についてはスプレッドが0に設定されているため、その通貨を取引する際にはスプレッドによる影響をあまり受けません。しかし、多くの通貨ではスプレッドが存在し、その差額が取引結果に直接影響を与えます。

スプレッドが狭いと、価格変動が少なくても利益を得られる可能性が高まりますが、逆にスプレッドが広いと価格変動が大きくなければ利益を得るのは難しくなります。また、スプレッドは取引量にも影響を与え、スプレッドが広い通貨は取引量が少なく、流動性が低くなる傾向があります。

また、スプレッドは市場のボラティリティにも影響を受けます。市場が不安定な時期にはスプレッドが広がり、安定している時期には狭まることが多いです。したがって、Coincheckで取引を行う際には、スプレッドだけでなく、市場の状況なども考慮する必要があります。

Coincheckのスプレッドは、取引戦略を立てる上で考慮すべき重要な要素です。適切なスプレッドを理解し、その影響を把握することで、より効果的な取引が可能になります。

仕組みを活用するためのポイント

活用するヒント

スプレッドを利用してCoincheckで効果的に取引を行うためにはいくつかのポイントがあります。まず、スプレッドの大きさを確認することが重要です。Coincheckのスプレッドは一定ではなく、市場の動きや取引量により変動します。そのため、取引を行う前に必ずスプレッドの大きさを把握する必要があります。また、スプレッドが大きい時は取引コストが高くなるため、スプレッドが小さい時に取引を行うことがおすすめです。

次に、Coincheckの取引時間を考慮することも重要です。Coincheckは24時間取引が可能なプラットフォームであるため、スプレッドが小さくなる時間帯を見つけて取引を行うことが有効です。特に、取引量が多くなると予想される時間帯はスプレッドが小さくなる傾向があります。

また、スプレッドを利用する際にはリスク管理も必要です。スプレッド取引は利益を生む反面、リスクも伴います。そのため、取引額や取引頻度を管理することでリスクを抑えることが可能です。リスク管理の一環として、一定の利益が出たら取引を終える「利益確定」や、損失が一定の額に達したら取引を終える「損切り」も有効な手段です。

最後に、スプレッド取引には経験と知識が必要です。未経験者がいきなり大きな取引を行うと、大きな損失を出す可能性があります。そのため、まずは少額から始めて、スプレッド取引の経験を積むことをおすすめします。また、Coincheckや他の取引所の情報を常にチェックし、最新の市場情報を得ることも重要です。これらのポイントを抑えて、スプレッドを上手に利用してみてください。

具体的な戦略

Coincheckでスプレッドを利用するためのポイントを理解することは、効率的な取引戦略を練る上で不可欠です。スプレッドは、買いと売りの価格の間の差を指し、この差が大きいほど取引コストが増えます。したがって、スプレッドが狭い時点で取引を行うことが基本的な戦略となります。また、Coincheckでは取引量が多いアルトコインのスプレッドが狭くなる傾向があるため、取引する通貨の選択も重要です。

さらに、スプレッドは市場の流動性やボラティリティにも関連しています。市場が活発で流動性が高いときや、価格変動が大きいときはスプレッドが広がりやすい傾向があります。これらの状況を見極め、スプレッドが狭まるタイミングを捉えることが求められます。また、スプレッドを考慮した取引を行うためには、市場の動向を把握するための情報収集が欠かせません。

Coincheckでは、取引画面でリアルタイムにスプレッドを確認できる機能が提供されています。これを活用することで、スプレッドの動きを直感的に理解し、取引のタイミングを見計らうことが可能となります。また、定期的にスプレッドの推移をチェックし、その動向を把握することも重要です。

これらのポイントを踏まえ、Coincheckでのスプレッドを利用した取引戦略は、スプレッドの状況を把握し、流動性やボラティリティを考慮に入れつつ、適切なタイミングで取引を行うことが基本となります。

仮想現実取引所のスプレッド一覧・比較

国内・仮想通貨取引所における売買価格の差は、以下の一覧の通り。ご覧にように、銘柄によっても数値が異なっているのが分かります。

取引所名BTCETH
コインチェック5.9%6.8%
ビットフライヤー5.8%6.8%
DMM Bitcoin3.9%3.9%
GMOコイン4.9%4.9%
SBI VCトレード4.3%4.4%
ビットポイント5.7%6.9%
2023年12月下旬に独自調査した一覧

スプレッドは刻々と変化していくので、あくまで参考値として確認してください。

まとめ:仮想通貨取引所を選ぼう

今回は、投資において重要な「売り値と買い値の差」を指す金融用語について解説してきました。

実際の取引の中でスプレッドを体感したい方は、無料で口座を開設できる仮想通貨取引所「コインチェック」を利用して、少額から取引してみると良いでしょう。

仮想通貨取引所を運営している会社の中でもコインチェックは、DL数No.1を記録したこともある「アプリ」の使い勝手がよく、初心者にもおすすめです。

また、比較サイト等のランキングでも常に上位にランクインしている取引所です。これから暗号資産取引を始めてみたい方はぜひ、チェックしてください。

Coincheck(コインチェック)の公式サイト
出展:

まだ取引所の口座を持っていない方は、この機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

クリックすると公式サイトに飛びます[広告]

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
目次