本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

NFT(非代替性トークン)とは何か?仕組みや始め方を徹底解説!

NFTとは何か?仕組みや注目される理由、始め方を徹底解説!

「NFTってよく聞くけど、いったい何?」
こう感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、NFTの魅力や仕組みを初心者向けに、わかりやすく解説します。また、始め方やおすすめの取引所についても、わかりやすく解説していきます。

目次

NFTって何?わかりやすく解説

NFTと浮かび上がった文字

ここでは、NFTの基礎情報や魅力をわかりやすく紹介します。

基本的な性質を解説

NFTとは、Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれます。

NFTは、ブロックチェーン技術を利用して作られたデジタルアセットの一種で、主にアート作品や音楽、ゲーム内アイテムなどに使用されます。

NFTの最大の特徴はその「非代替性」です。
わかりやすく言うと、ビットコインのような通常の仮想通貨は1ビットコインが他の1ビットコインと同じ価値を持つ「代替性」を持つのに対し、NFTは1つ1つが独自の価値を持つ「非代替性」を持つことを指します。

また、NFTは所有権の証明としても機能します。
NFTには所有者の情報が記録され、それがブロックチェーン上に永続的に保存されるため、偽造や複製を防ぐことができます。これまで、デジタルデータは容易に複製可能であるため、所有権の証明や価値の保持が難しかったですが、NFTにより、取引が可能になりました。

さらに、NFTは分割不可能なものとされています。
わかりやすく言うと、1つのNFTを複数の所有者が共有することはできず、売買も1つの単位で行う必要があることを意味します。この性質により、NFTは特定のデジタルアセットに対する所有権を一意に証明する道具として機能します。

NFTの用途

NFTの代表的な用途は、以下のとおりです。

  • デジタルアート
  • ミュージック
  • ゲームのアイテム

NFTは、デジタルアート・ミュージック・ゲームに登場する各種アイテムなどの所有権を証明するために利用されています。

これまで、コピーや改ざんが容易だったデジタルデータは、所有権の証明が困難でした。しかし、NFTを活用することで、これらの権利を明確にすることができるようになったのです。

暗号資産(仮想通貨)との違い

では、NFTと仮想通貨は何が違うのでしょうか。
NFTと暗号資産(仮想通貨)の違いは、トークンが代替性か代替性かどうかという点です。

暗号資産はFT(Fungible Token)の略で、日本語では「代替性トークン」と呼ばれます。
例えば「10万円分の資産価値を持ったデジタルデータ」として扱うことで、他の暗号資産や現金と交換できます。

暗号資産(仮想通貨)とNFTの違いをわかりやすく、以下の表にまとめてみました。

名称仮想通貨NFT
特徴代替性
トークン
非代替性
トークン
分割可能不可能
イーサリアムでの規格ERC20ERC721
展開通貨やポイントなどデジタルアート、ゲームアイテムなど

以上がNFTの基本的な性質です。
次の章では、なぜNFTが注目されているのかについて詳しく解説します。

なぜNFTは注目されるのか?

NFTをスマホで検索している人

ここでは、NFTが注目されている理由をわかりやすく解説します。

NFT(Non-Fungible Token)の注目度が高まっている理由は、そのユニークな特性と広範な活用可能性にあります。NFTはブロックチェーン技術を活用し、デジタルアセットに固有の価値を付与することで、それぞれのアセットを唯一無二のものとして証明します。これにより、デジタルアートや音楽、ゲームアイテムなど、従来は複製が容易で所有権が不明確だったデジタルコンテンツに対する所有権を保証することが可能となりました。また、NFTは所有者の変更履歴がブロックチェーン上に永続的に記録されるため、偽造や盗難の防止にも寄与します。

さらに注目される理由として、NFTが新たなビジネスモデルの創出を可能にしている点が挙げられます。例えば、デジタルアート作品をNFTとして販売することで、アーティストは作品の初回販売だけでなく、その後の転売からも利益を得ることができます。これは、従来のアート市場では難しかったことです。また、NFTはユーザーが自身のデジタルアセットを自由に売買できるマーケットプレイスの形成を促進し、新たな経済圏を生み出す潜在能力を秘めています。

しかし、NFTの普及はまだ始まったばかりであり、その活用が本格化するにはさまざまな課題が存在します。それらの課題と対策、そしてNFTの可能性については、次章で詳しく解説します。

魅力をわかりやすく紹介

NFT(非代替可能トークン)が近年注目されている理由は、その独特な性質と多様な可能性にあります。まず、NFTはブロックチェーン技術を用いてデジタルアセットの所有権を証明するため、その所有権は絶対的であり、偽造や複製も不可能です。これにより、デジタルコンテンツが持つ価値を確保し、その価値を取引可能なものにすることが可能になります。

また、NFTはあらゆるデジタルコンテンツをトークン化することが可能であるため、アート、音楽、ゲーム内アイテム、不動産など、広範な分野で利用されています。これにより、新たなビジネスモデルの創出や、コンテンツクリエーターにとっての収益源となる可能性を秘めています。

さらに、NFTは持ち主が変わるたびにオリジナルのクリエーターに利益が還元される仕組みを持っています。これは芸術家やクリエーターが作品を販売した後も、その作品の価値上昇に伴う利益を得ることができるという、画期的なメカニズムです。

これらの特性から、NFTはデジタルアセットの新たな可能性を切り開いており、その魅力とはまさにその革新性と多様性、そしてエンパワーメントにあると言えるでしょう。今後、NFTの活用範囲はさらに広がりを見せることでしょう。

投資取引の特徴と違い

近年、デジタルアートや音楽、ゲームのアイテムなどを一意に所有できる技術として、NFT(非代替性トークン)が大きな注目を集めています。しかし、その特性や取引の仕組みは一般的なデジタルデータとは大きく異なるため、理解には少々の努力が必要となります。本章では、その特性と取引の違いに焦点を当て、NFTの世界をより深く理解するための一助となる情報を提供します。

まず、NFTの最大の特徴は、「非代替性」です。これは、各NFTがユニークで、他のものと入れ替えることができないという特性を指します。例えば、ビットコインは代替可能なトークンで、全てのビットコインは等価です。しかしNFTは異なり、各トークンは一意の情報を持ち、他のトークンとは異なる価値を持つため、他のものと交換することはできません。これにより、デジタルアートや音楽などの一部に対する所有権がブロックチェーン上で証明できます。

次に、NFTの取引における特徴としては、「スマートコントラクト」が用いられることが挙げられます。これは、取引の条件をプログラム可能な形で記述し、自動的に実行させることが可能な契約の形態です。この特性により、売買の際の複雑な手続きを自動化し、信頼性を確保することができます。

また、NFTはデジタルアセットとして取引されるため、物理的な制約を受けずにグローバルに取引が可能であり、流動性が高いという特性も持ちます。これらの特性が組み合わさることで、NFTは独特な取引の仕組みを生み出しており、その可能性は無限大と言えるでしょう。

Twitter(ツイッター)を参考に紹介

TwitterでNFTに関する情報を上げている方を紹介します。

NFTを利用するデメリット

崩れかかったNFT

非代替性トークン(NFT)は、デジタルアートや音楽、ゲームアイテムなど、あらゆる種類のデジタル資産を所有、取引するための新たな方法として急速に注目を集めています。しかし、この新しい技術を利用するには、いくつかのデメリットも認識しておく必要があります。

まず一つ目のデメリットとして、NFTの価格設定が市場によって左右されるため、投資としてのリスクが高いという点です。NFTは買い手が価値を見いだす限り価値があるとされていますが、それは時と場合により大きく変動します。

また、NFTの取引には、高額なガス料(トランザクションコスト)が発生します。これは、ブロックチェーンネットワークを利用するための料金であり、取引の度に発生します。そのため、小規模な取引ではガス料が利益を食ってしまう可能性があります。

さらに、NFTはデジタル資産の所有権を保証するものですが、それが実際の著作権を保証するものではないという誤解があります。NFTを購入したからといって、その作品の著作権を持つわけではなく、それによる収益権を得るわけでもありません。この点は、NFTを利用する際に十分に理解しておく必要があります。

以上のようなデメリットがあるため、NFTを利用する際には十分な知識と注意が必要です。それぞれのデメリットを踏まえた上で、NFTの利用を検討することをおすすめします。

NFTの事例を紹介

タブレットから広がるNFTの世界

ここでは、NFTをさまざまな分野で活用している例をご紹介します。

【NFTデジタルアート】例:Zonbie Zoo Keeper

NFTアートの「Zonbie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」は、まさにデジタルアートの新たな可能性を切り開いた作品の一つで、その特異な世界観と卓越した技巧が注目を集めています。アーティストは、あえてゾンビという一見ネガティブなイメージを題材に選び、それを独特の視点で描き出すことで、観る者に深い思索を促す作品となっています。

Zonbie Zoo Keeperは、ブロックチェーン技術を用いてNFTとして発行され、所有権がデジタルに証明されています。つまり、この作品は物理的に持つことはできませんが、デジタル空間上でその存在と所有権が保証され、それが一部のコレクターや投資家から高い評価を受けています。

実際に、この「Zonbie Zoo Keeper」は、オークションに出品された際に、その価値を高く評価したコレクターによって、高値で落札されています。その価格は、従来のアート市場の価格を大きく上回るもので、NFTアートのポテンシャルを如実に示す事例となりました。

そして驚くべきことに、Zonbie Zoo Keeperは小学3年生の男の子が描いたドットアート(ピクセルアート)だということです。夏休みの自由研究として、当時ハマっていたマインクラフトというゲームからインスピレーションを得て、昆虫などの絵をピクセルアートで描いたことが始まりでした。

このように、NFTはデジタルアートに新たな価値を与え、アーティストにとっても新たな収入源を生み出す可能性を秘めています。また、観る者にも新たなアートの楽しみ方を提供し、アート市場そのものを拡大する働きを持っています。それがNFTの魅力であり、その一端を「Zonbie Zoo Keeper」は見事に表現しています。

公式:https://www.zombiezookeeper.com/

【NFTゲーム】例:CryptoSpells

近年、ブロックチェーン技術に対応したゲームやメタバースに注目が集まっており、CryptoSpells(クリプトスペルズ)もその一つです。

NFTの具体的な事例として、CryptoSpellsというNFTゲームをご紹介します。CryptoSpellsは、2018年にリリースされたデジタルカードゲームであり、プレイヤーは仮想通貨を賭けて対戦することができます。このゲームの最大の特徴は、勝利したプレイヤーがゲーム内のカードをNFTとして得ることができる点です。このカード自体がNFTとなり、それぞれ異なる価値を持つため、プレイヤー間での売買が可能となります。

また、CryptoSpellsでは、カードの所有権がブロックチェーン上に記録されるため、プレイヤーは自分が所有するカードの所有権を確認することができます。これにより、ゲーム内で得たカードの所有権が確実に保証されます。このように、ゲーム内のアイテムがNFTとなることで、リアルマネートレードが可能となり、ゲームをプレイすることで得られる利益が具体的な価値として現れます。

CryptoSpellsのようなNFTゲームは、ゲーム内のエコノミーを形成し、プレイヤーがゲームを通じて利益を得る新たな可能性を示しています。NFTの活用はこれからさらに広がりを見せ、新たなビジネスモデルや価値創造の機会を提供してくれるでしょう。

公式:https://cryptospells.jp/

【NFTトレカゲーム】例:NBA Top Shot

NFT(ノン・フング・トークン)の一つの事例として、特筆すべきものが「NBA Top Shot」です。これは、世界最高峰のバスケットボールリーグ「NBA」公認のデジタルトレーディングカードゲームで、プレーヤーのプレイシーンがデジタルカードとしてコレクションされます。一つ一つのカードには、ブロックチェーン技術を用いて所有権が証明され、その所有権がNFTとして取引されるという仕組みです。

「NBA Top Shot」の最大の特徴は、単なるデジタルカードではなく、NBAの歴史的な瞬間や、最新のハイライトシーンが「モーメント」としてカード化されている点です。そのため、プレーヤーのプレイシーンを所有する喜びと共に、その瞬間の価値も所有することができます。

また、「NBA Top Shot」は、NFTの新しい可能性を提示しています。従来のアートや音楽などのデジタルコンテンツにとどまらず、スポーツの世界でもNFTが活用されるようになってきており、その動向には注目が集まっています。

NFTの可能性はまだまだ未知数で、これからどのような形が主流になるかは定かではありません。しかし、「NBA Top Shot」が示しているように、NFTは私たちのライフスタイルを豊かにし、新たな価値観を提供する可能性を秘めています。

公式:https://nbatopshot.com

【NFTスポーツ】例:埼玉西武ライオンズ

西武ライオンズのNFTサービス【ライオンズコレクションは、2024年1月31日をもって終了となる発表がありました。

NFT(ノン・フング・トークン)の事例として、スポーツの世界から埼玉西武ライオンズの取り組みを紹介します。2021年にプロ野球球団で初となるオフィシャルNFTを発行した埼玉西武ライオンズ。彼らはNFTを活用し、選手の特別な瞬間や歴史的な出来事をデジタルトークンとして永遠に残す試みを始めました。NFTの特性を活かし、所有権の証としての役割だけでなく、ファンとチームとの新たなコミュニケーションツールとしても期待されています。

また、埼玉西武ライオンズのNFTは、球団の公式オンラインショップで販売され、世界中のファンが購入することが可能です。これにより、球団とファンとの距離を縮め、より深いエンゲージメントを生み出すことが期待されています。さらに、これらのNFTは限定的に発行されるため、所有すること自体がステータスになりうるとも言われています。

このようなNFTの取り組みは、スポーツの世界における新たなファンエンゲージメントの形として注目されています。従来の商品販売やチケット販売とは一線を画し、デジタル化が進む現代社会において新たな体験価値を提供する可能性を秘めています。

公式:https://lions.plmcollection.com/

NFTの始め方を紹介

NFTの始め方を問い合わせている人

NFTの取引は主に、NFT専用のマーケットプレイスで行います。

国内のNFTマーケットプレイスには、Coincheck NFT、Adam byGMO、LINE NFTなどがあり、海外では、OpenSea、Rarible、Blur、Nifty、Gatewayなどが有名です。

また、NFTを購入する際に使用する仮想通貨では、イーサ(ETH)、ポリゴン(MATIC)、アスターネットワーク(ASTR)、FINSCHIA(FNSA)などが使われています。

NFT作品、データの購入は以下の手順で行います。

購入方法

  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金
  4. 希望のNFTアートを購入

また、自身が保有しているNFTデータや自作のNFT作品を販売することもできます。

販売方法

  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金
  4. 出品するNFTアートの販売条件を入力
  5. 出品するNFTアートをマーケットプレイスにアップロード

NFTを利用した稼ぎ方

NFTで稼いでいる人

NFTを利用した稼ぎ方は、以下の5つです。

  1. NFTゲームをプレイする
  2. NFTを転売する
  3. NFTアートを販売する

手軽にはじめることができる順にご紹介していきます。

①NFTゲームをプレイする

近年、急速な広がりをみせているのが「ブロックチェーンゲーム」です。

ブロックチェーン技術が組み込まれており、ゲーム内のキャラやアイテムはNFT化されています。

②NFTを転売する

NFTを安く購入して高く売る「転売」でも利益をだすことができます。

NFTの転売では転売されるたびに、クリエイターにロイヤリティ(手数料収入)が入る仕組みになっています。

③NFTアートを販売する

NFTを自分で作って稼ぐ方法です。

デジタルデータであればNFT化することができるので、アートや写真、音楽など様々な作品を販売することができます。

話題のNFTとは何か?まとめ

NFTの基盤

今回は、NFTの魅力や仕組み、始め方からおすすめの取引所についても、わかりやすく解説してきました。

NFTは、アートやゲーム、スポーツといった多くの可能性を秘めたデジタル資産です。

気になる方は、どのような商品が出品されているのか、販売所を覗いてみてはいかがでしょうか。

Nowaku(ノワク)
監修者
某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用中。2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大し、現在は『Cyport|サイポート』の運営代表者としてWebメディア事業に携わっています。主な投資対象は、日本株、仮想通貨、海外ETF、FX。
NFTとは何か?仕組みや注目される理由、始め方を徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次