NFTアートの作り方・おすすめスマホアプリ5選|初心者向けに詳しく解説!

NFTアートの作り方・おすすめスマホアプリ5選|初心者向けに詳しく解説!

「NFTアートに興味はあるけど作り方がわからない…スマホアプリでできるのかな」こう考える人も多いのではないでしょうか。

本記事では、NFTアートの作り方・おすすめスマホアプリ5選について、初心者向けに詳しく解説していきます。

目次

NFTアートの概要と作り方の基礎知識

NFTアートとは、Non-Fungible Token(非代替トークン)を利用して作られたデジタルアートのことです。NFTアートはブロックチェーン技術を用いて不可逆的なトークン化が行われ、所有権や真正性が確立されます。これにより、デジタルアート作品が、物理的な絵画や彫刻のように、一種の資産として取引されるようになりました。

NFTアートの作成手順は、まずアート作品をデジタル化し、その後NFTトークンを発行するという流れです。

NFTアートを作れるスマホアプリ5選

スマホアプリを使ってNFTアートを作るメリットは、手軽さという点です。スマホアプリを利用すれば、専門的なソフトウェアやコンピュータの知識がなくても簡単にアート作品を作成することができます。

スクロールできます
ツール料金環境備考
Canva無料iOS
Android
PC
写真加工や動画編集ができるアプリ
無料版でも多くの機能を利用できる
有料版のPROはテンプレートが更に豊富
CLIP STUDIO
PAINT
無料iOS
Android
PC
本格的なイラストを描けるアプリ
初心者向けのサポートが充実している
スマホなら毎日1時間まで無料
8bit Painter無料iOS
Android
広告が少なく使いやすいアプリ
シンプルで操作性も良い
9種類のキャンパスサイズを選べる
Pixelable無料iOS日本人のYosuke Seki氏が開発したアプリ
色のレイヤー設定など利便性が高い
アニメーションGİFの作成ができる
ibis Paint X無料20種類漫画のイラストが得意なアプリ
Photoshopファイル(PSD)の読込可
有料版では広告を非表示にできる

アプリ①:Canva

Canva公式サイト
出展:Canva
公式サイトCanva公式サイト
ジャンル
利用料金無料
動作環境iOS
Android
PC
メリット写真加工や動画編集ができるアプリ
無料版でも多くの機能を利用できる
有料版のPROはテンプレートが更に豊富

Canvaは、その直感的なインターフェースと豊富なデザインツールが評価されているアート作成アプリの一つです。NFTアート作成者にとっては、プロフェッショナルなデザインスキルがなくても、誰でも簡単に美しいアートワークを作成することが可能なのが魅力です。Canvaでは、テンプレートを選んでカスタマイズするだけでなく、ゼロからオリジナルの作品を作ることも可能です。また、自分のスマートフォンに保存した画像や、Canvaのライブラリから選んだ画像を組み合わせて作品を作ることもできます。仕上げには、フォントや色、フィルターなどの編集ツールを使って、作品をさらに魅力的に仕上げることができます。さらに、Canvaは無料で利用できるだけでなく、有料版ではさらに多彩なデザイン機能や素材が利用可能になります。NFTアートの作成者は、このCanvaを活用することで独自のビジュアル表現を追求し、その作品をデジタルアートの世界で展開していくことができます。

アプリ②:CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT公式サイト
出展:CLIP STUDIO PAINT
公式サイトCLIP STUDIO PAINT公式サイト
ジャンルイラスト、マンガ、アニメーション、デザイン、アート
利用料金無料
動作環境iOS
Android
PC
メリット本格的なイラストを描けるアプリ
初心者向けのサポートが充実している
スマホなら毎日1時間まで無料

CLIP STUDIO PAINTは、デジタルイラストやコミックを作成するための強力なツールです。スマホアプリとしても利用可能で、手軽に高品質のNFTアートを作成することができます。このアプリは、その豊富な機能とユーザーフレンドリーなインターフェースにより、プロのアーティストから初心者まで幅広いユーザーに適しています。


CLIP STUDIO PAINTの最大の特徴は、その多機能性です。ペンツール、ブラシツール、色彩ツールなど、さまざまな描画ツールを駆使して、あなたのアートビジョンを具現化することが可能です。また、レイヤー機能を使って複雑なアートワークを組み立てることもできます。さらに、自動保存機能を備えているため、作業中のデータが失われる心配もありません。

このアプリはまた、高度な画像編集機能も提供しています。フィルターやエフェクトを適用してアートをより魅力的にしたり、トーン調整ツールで色彩を微調整したりすることができます。これらの機能を使うことで、あなたのNFTアートは一段と魅力的なものになるでしょう。

さらに、CLIP STUDIO PAINTは、ユーザーが自分の作品を簡単に共有できる機能も備えています。これにより、自分のNFTアートを広く公開し、より多くの人々に見てもらうことが可能となります。

CLIP STUDIO PAINTは、その高機能性と使いやすさから、NFTアートを作成するためのスマホアプリとして最適な選択肢の一つと言えます。

アプリ③:8bit Painter

8bit Painter公式サイト
出展:8bit Painter
公式サイト8bit Painter公式サイト
ジャンルピクセルアート
利用料金無料
動作環境iOS
Android
メリット広告が少なく使いやすいアプリ
シンプルで操作性も良い
9種類のキャンパスサイズを選べる

「8bit Painter」は、その名の通り、8ビットスタイルのドット絵を作成することができるスマホアプリです。このアプリは、独特のピクセルアートを手軽に楽しむことができ、その作成したドット絵はNFTアートとして販売することも可能です。

8bit Painterは、操作が簡単で直感的なため、初心者でもすぐにドット絵の制作を始めることができます。色を選択し、画面をタップするだけで、自分だけの8ビットスタイルのアートを作り上げることができます。また、作成したドット絵は保存やシェアが可能で、SNSでの投稿やメッセージでの送信など、さまざまな方法で他の人と共有することができます。

さらに、このアプリの最大の特徴は、制作したドット絵をNFTとしてマイントして販売できる点です。NFTはブロックチェーン技術を利用したデジタルアセットで、その所有権を証明することができます。8bit Painterで作成したドット絵をNFTとして売却することで、そのアート作品の価値を確立し、収益化することが可能となります。

8bit Painterは、アート作品の制作からNFTとしての販売までを一貫して行うことができるため、NFTアートの世界に興味がある人にとっては大変有用なツールと言えるでしょう。アート作品の制作に興味がある方はもちろん、新たなビジネスチャンスを探している方にも、是非試してみていただきたいアプリです。

アプリ④:Pixelable

Pixelable公式サイト
出展:Pixelable
公式サイトPixelable公式サイト
ジャンルピクセルアート
利用料金無料
動作環境iOS
メリット日本人のYosuke Seki氏が開発したアプリ
色のレイヤー設定など利便性が高い
アニメーションGİFの作成ができる

Pixelableは、NFTアートの制作を手軽に行えるスマホアプリの一つです。このアプリは、ユーザーが自由にアートをデザインし、その作品をNFTとして発行できる環境を提供しています。Pixelableは直感的な操作性と豊富なデザインツールを備えており、初心者から上級者まで、誰でも簡単にオリジナルのNFTアートを作ることができます。


Pixelableの最大の特徴は、その自由度の高さです。豊富な色彩や形状、テクスチャなどから選び、自分だけのアートワークを創造することができます。また、アニメーション機能も搭載されており、動きのあるNFTも可能です。さらに、作った作品は直接アプリ内でNFTとして発行でき、ブロックチェーン上にデジタルアセットとして登録することができます。

また、Pixelableはソーシャル機能も備えています。作成した作品をアプリ内で共有することができ、他のユーザーと交流を深めることができます。自分の作品に対するフィードバックを得ることで、制作のモチベーションを維持したり、技術を磨くことができます。

さらに、Pixelableは定期的なアップデートにより、新機能が追加され、ユーザー体験が向上しています。これにより、ユーザーは常に新鮮な環境でNFTアートの制作を楽しむことができます。

以上のように、PixelableはNFTアート制作における自由度、簡易性、そしてコミュニケーションの場として、ユーザーに高い価値を提供しています。

アプリ⑤:ibis Paint X

ibis Paint X公式サイト
出展:ibis Paint X
公式サイトibis Paint X公式サイト
ジャンルイラスト、マンガ、動画
利用料金無料
動作環境20種類
メリット漫画のイラストが得意なアプリ
Photoshopファイル(PSD)の読込可
有料版では広告を非表示にできる

は、その多機能性と直感的なインターフェースで知られています。このアプリは、プロのアーティストから初心者まで、さまざまな経験レベルのユーザーに適しています。アプリには、140以上のブラシ、各種フィルター、レイヤー、ブレンドモードなど、あらゆる作品を作成するための豊富なツールが備わっています。また、スムーズなズームや回転機能もあり、細部まで丁寧に描画することが可能です。

一方で、ibis Paint Xは、NFTアートを作成するための適切なプラットフォームでもあります。NFTアートは、一般的にデジタル作品であり、その中には2Dや3Dのイラスト、アニメーション、映像などが含まれます。ibis Paint Xでは、これらの種類のアートワークを自由自在に作成することができます。さらに、完成した作品はPNGやJPGといった形式でエクスポートできるため、そのままNFTとしてトークン化しやすいです。

また、ibis Paint Xは無料で利用することができますが、広告を削除したり、プレミアムブラシを使用したりするためには有料版を購入する必要があります。しかし、そのコストパフォーマンスは非常に高く、NFTアートを作成するための初期投資としては十分手頃なものと言えるでしょう。

このように、手軽さと高機能性を兼ね備えたibis Paint Xは、NFTアートの制作において強力なツールとなること間違いありません。次のステップとして、あなた自身のオリジナルNFTアートを作成してみてはいかがでしょうか。

イラストや写真を使ったNFTアートの作り方

NFT(非代替可能トークン)アートは、デジタルアーティストが自身の作品を一種のデジタル資産として販売する新たな手段として注目を浴びています。特に、イラストや写真など既存のビジュアルエレメントを利用したNFTアートは、その手軽さと多様性から多くのクリエイターによって作られています。この章では、そのようなイラストや写真を使ったNFTアートの作り方について詳しく解説します。まず、適切なイラストや写真を選び、それをデジタルアートとしての形に整えることから始めます。その後、作品をNFTとしてミント(生成)する手順、さらには作品の価格設定や販売方法についても触れていきます。また、著作権問題にも少しだけ触れ、自分自身のオリジナル作品を確実に保護するためのアドバイスも提供します。この情報を活用し、あなた自身のNFTアートの創造を始めてみてください。

写真を用いた作り方

非代替可能トークン(NFT)は、デジタルアートワークの所有権を証明するための一種のデジタル証明書となります。そのため、自身の撮影した写真をNFTアートとして販売することが可能です。写真からNFTアートを作成する方法は主に3つのステップに分けられます。まず、写真をデジタル形式で保存し、その後、適切なNFTマーケットプレイスを選び、最後に、そのプラットフォーム上でNFTを発行します。

まず、NFTアートに変換したい写真をデジタル化する必要があります。これは、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をそのまま使用するか、紙に印刷された写真をスキャナでデジタル化することで行えます。その際、高品質な画像ファイルを得るために、適切な解像度とファイル形式を選択することが重要です。

次に、NFTを発行するためのマーケットプレイスを選びます。これにはOpenSeaやRaribleなどのプラットフォームがあります。各プラットフォームは手数料、操作性、人気度などで異なる特性を持っているので、自分に合ったプラットフォームを選ぶことが大切です。

最後に、選んだプラットフォーム上でNFTを発行します。これには、通常、イーサリアムなどの暗号通貨が必要になります。このプロセスでは、作品のタイトル、説明、価格などを設定します。また、作品の著作権を保持するための情報も必要とされます。

以上が、写真からNFTアートを作成する基本的な手順となります。これらのステップを踏むことで、誰でも自分の写真をNFTアートとして世界に発表することが可能になります。

イラストを用いた作り方

イラストはその独特の表現力と自由度から、NFTアート作成の主要な手法の一つとして注目を集めています。イラストを使ったNFTアート作成は、伝統的なアートとデジタル技術が融合した新しい芸術形態をもたらしています。本章では、その基本的な流れと具体的な手順を詳しく解説します。まず、イラストをデジタルデータとして準備し、それをNFT化するためのツールやプラットフォームの選択について説明します。次に、NFT化したイラストアートの販売方法やプロモーションの戦略についても触れます。また、イラストの特性を最大限に活かすためのテクニックや、イラストを用いたNFTアート作成における注意点についても述べます。この章を通じて、あなた自身のイラストを用いてNFTアートを作成し、それを効果的に販売するための知識を深めることができます。

デジタルデータを用いた作り方

デジタルデータをNFT(Non-Fungible Token)アートに変換する方法を学んでみましょう。まず、あなたがNFTアート化したいデジタルデータが準備できていることを確認します。これは、デジタル画像、音楽、ビデオ、またはこれらの組み合わせ等、あらゆる種類のデジタルコンテンツである可能性があります。次に、NFTを作成・発行するためのプラットフォームを選択します。OpenSea、Rarible、Mintableなど様々なプラットフォームがあり、各々が一長一短があるため、自分のニーズに最も適したものを選びましょう。選択したプラットフォームによりますが、一般的には、プラットフォームにログインし、デジタルデータをアップロード、そのデータに関する詳細を記入し、作成ボタンをクリックするだけで、あなたのデジタルデータはNFTアートに変換されます。しかし、ほとんどのプラットフォームでは、このプロセスに手数料(ガス料)が発生するので注意が必要です。また、NFTの作成はブロックチェーン技術に基づいているため、完全に公開され、誰でも閲覧できるようになります。

AIを活用したNFTアートの作り方

AI(人工知能)とNFT(Non-Fungible Token)アートの組み合わせは、今後のデジタルアートの世界に大きな可能性を秘めています。AIを活用することで、これまでにない独自のアート作品を生み出すことが可能となります。また、NFTと組み合わせることで、その作品の所有権を確認し、取引を容易に行うことができます。NFTアートは、デジタルアートの所有権を証明するための技術であり、ブロックチェーンを活用しています。これにより、作品の複製や偽造を防ぎながら、アーティストが自身の作品をインターネット上で販売することが可能になります。AIとNFTの組み合わせは、アートの創作から販売までのプロセスを一新し、新たなビジネスモデルを生み出す可能性を秘めています。特に、AIが描くアート作品をNFTで販売することで、アーティストが新たな価値創造の道を開くことができます。また、AIとNFTアートの組み合わせは、伝統的なアート市場に新たな風を吹き込むかもしれません。今後、その可能性がどのように開花するのか、その動向に注目してみてください。

NFTアートの販売におすすめのプラットフォーム

NFTアートを創り上げた後の大きなステップは、それを適切なプラットフォームで販売することです。このセクションでは、NFTアートの販売に最適なプラットフォームについて詳しく解説します。市場には数多くのNFTマーケットプレイスが存在しますが、それぞれのプラットフォームには一長一短があります。一部のプラットフォームは、より多くのアーティストやコレクターが集まる大規模な場所である一方で、他の一部は特定のジャンルやスタイルに特化しています。

また、それぞれのプラットフォームは手数料や使用するブロックチェーン、アップロードの簡単さなど、さまざまな要素で異なるため、自分の作品と目標に最も適したプラットフォームを選ぶことが重要です。その中でも特に知名度が高く、アーティストからの信頼も厚いプラットフォームには、「Opensea」や「Rarible」、「Foundation」などがあります。これらのプラットフォームはユーザーフレンドリーで、NFTアートの出品から販売までのプロセスをスムーズに行うことができます。

販売する際の重要なポイント

NFTアートの販売においては、いくつかの重要なポイントを考慮することが求められます。まず、価格設定は非常に重要な要素です。あなたが作り上げたNFTアートの価値を適切に評価し、市場の動向を把握して価格を設定する必要があります。また、NFTアートを販売する際には、そのアートがどのようなストーリーや背景を持っているのかを購入者に伝えることも大切です。これによって、購入者に対する価値提案を強化し、アートへの深い理解と共感を促すことができます。

次に、適切なプラットフォームでの販売も重要です。NFTアートの市場は急速に成長しており、その環境は日々変化しています。それぞれのプラットフォームには独自の特性と規模のコミュニティがありますので、自分の作品に最適なプラットフォームを選ぶことが大切です。

さらに、販売戦略の策定も見逃せません。NFTアートはデジタル商品であり、そのマーケティングは一般的なアート作品とは異なる可能性があります。SNSを活用したプロモーションや、インフルエンサーとのコラボレーションなど、新しい形のプロモーション手法を取り入れることで、より多くの人々にアートを紹介することが可能となります。

最後に、NFTアートの権利や規約について理解しておくことも重要です。これにより、作品の著作権を保護し、将来的な問題を避けることができます。これらのポイントを十分に考慮すれば、NFTアートの販売に成功する可能性は大いに高まるでしょう。

OpenseaでのNFTアートの出品方法

Openseaとは何か、そしてどのようにしてNFTアートを出品するのか、このセクションではその詳細について解説します。まず初めに、Openseaは、あらゆる種類のNFTを取引できるマーケットプレイスの一つです。NFTとは非代替性トークンのことで、デジタルアセットの所有権を証明するためのブロックチェーン技術です。NFTアートは、このNFTを用いてアート作品をデジタル化し、その所有権を証明するものです。OpenseaでNFTアートを出品するには、まず自分のアカウントを作り、NFTアートをアップロードします。次に、作品の詳細を入力し、価格を設定します。これらの手順を踏むことで、自分のNFTアートを全世界に向けて販売することが可能になります。しかし、出品だけでなく購入者との交渉や作品の価格設定など、成功するためには知っておくべきポイントがあります。これから、それらの詳細な手順と注意点について、順を追って説明していきます。

Openseaでの出品の注意点

Openseaは、NFTアートを出品し、販売するための主要なプラットフォームの一つです。しかし、このプラットフォームでの出品には注意点がいくつかあります。まず、NFTの出品は一定のガス料(取引手数料)がかかるため、それを考慮した価格設定が必要です。また、作品の著作権についても十分に理解しておくことが重要です。無許可で他人の作品をNFT化することは法的な問題を引き起こす可能性があるためです。さらに、Opensea上での取引は全て公開され、誰でも閲覧可能です。そのため、プライバシーを保護したい場合には注意が必要です。以上のような点を踏まえたうえで、自身のNFTアートをOpenseaに出品することで、自分の作品を世界中に広め、新たなビジネスチャンスをつかむことが可能です。しかし、出品する前には、十分なリサーチと準備が必要であることを忘れてはなりません。

メタバースでの活用法と可能性

メタバースという仮想空間では、NFTアートが新たな美術館やギャラリーの形を生み出しています。このセクションでは、メタバースでどのようにNFTアートを活用できるのか、具体的な手法とその効果について解説します。まず、自身が作成したNFTアートを仮想空間に展示することで、全世界からのアクセスを可能にし、自分の作品を広く知られる機会を増やすことができます。また、NFTアートを通じて仮想空間内でのイベントやパーティーを開催することも可能です。これにより、新たなコミュニティ形成やファンとの交流の場を提供することもできます。さらに、NFTアートは仮想不動産の装飾としても利用でき、自分だけの仮想空間を個性的に演出することが可能です。これらの活用法を理解し、NFTアートがメタバース内でどのように機能するのかを把握することで、より深い理解と、新たな可能性を探索することができるでしょう。

NFTアートの作り方・おすすめスマホアプリ5選まとめ

NFTアート

NFTアートは今後さらなる発展が期待される分野です。興味のある方は、ぜひこの機会に挑戦してみてください!

ノワク
著者・監修者
2012年、30歳のときに某ネット証券にて株式投資を始めて以来、日本株を中心に資産を運用。
2020年からは仮想通貨にも投資対象を拡大。現在は、『Token Gummy』の運営代表者としてWebメディア事業に携わる。
主な投資対象:日本株、仮想通貨、海外ETF、FX
NFTアートの作り方・おすすめスマホアプリ5選|初心者向けに詳しく解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Follow Me!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次